「睡眠薬」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

ビックデータ解析により、知られざる睡眠薬の処方実態が明らかに~うつ病・更年期障害との関係は?~

ビックデータ解析により、知られざる睡眠薬の処方実態が明らかに~うつ病・更年期障害との関係は?~ビックデータ解析により、知られざる睡眠薬の処方実態が明らかに~うつ病・更年期障害との関係は?~– 健康保険組合加入者を対象にメンタル関連疾患と睡眠薬の実態を調査 –株式会社インテージテクノスフィア(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:須川 壮己)は、2015年12月1日の労働安全衛生法改正による「ストレスチェック制度」の開始を受け、健康保険組合の加入者を対象とした働き盛り世代のメンタル関連疾患と睡眠薬

2014年11月13日医療経済研究機構フィードバック数:0ライフスタイル

生活保護受給者に対する抗不安・睡眠薬処方の地域差に関する研究について

プレスリリース「生活保護受給者に対する抗不安・睡眠薬処方の地域差に関する研究について」掲載日:2014/11/12〜多剤処方割合の地域格差、最大 11 倍〜医療経済研究機構(東京都港区、所長:西村周三)は、研究員の奥村泰之らが行った、生活保護を受けている外来患者のレセプト情報 2,285,106 件の分析より、抗不安・睡眠薬等の多剤処方割合が最も高い西宮市 (4.4%) と最も低い富山県 (0.2%) において 11 倍の地域格差が認められることなどを示した研究成果を「臨床精神薬理(10 月 2

2012年6月6日QLifeフィードバック数:1ライフスタイル

【12年5月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【12年5月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2012年6月06日 [水] 最も検索されたお薬は「ロキソニン」。以下、「ムコダイン」「ムコスタ」「カロナール」5月に入り、抗不安薬・睡眠薬の検索数が増加

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ