「石油市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

市場分析です。

原油市場:下落後回復する原油価格

原油市場:下落後回復する原油価格2015年5月21日調査部野神 隆之1原油価格の推移(2003~15年)2原油価格の推移(2014~15年)3石油市場のこれまでの経緯(1)1. 2014年12月~2015年1月(OPEC総会後):s原油価格は下落、WTIで1バレル当たり40ドル台前半に。①石油需要減速感(中、欧)②堅調な米国原油生産(シェールオイル)③OPEC産油国減産拒否(OPEC総会後)④米ドル上昇(米国金利引き上げ観測←好調な米国経済)4石油市場のこれまでの経緯(2)2. 2015年1月~

市場分析です。

石油市場に関する考察(中間報告)

石油市場に関する考察(中間報告)

原油市場他:OPEC総会での原油生産上限引き下げ見送り後、石油需給緩和感増大で急落する原油価格

更新日:2014/12/15調査部:野神 隆之原油市場他:OPEC 総会での原油生産上限引き下げ見送り後、石油需給緩和感増大で急落する原油価格(IEA、OPEC、米国 DOE/EIA 他)① 米国では、製油所の稼働上昇とともに石油製品の生産が旺盛となったことから、ガソリン在庫は増加傾向となり、平年幅の上限付近に位置する量となっている。ただ、留出油については、生産は増加したものの、11 月中旬以降米国北東部での気温低下で暖房用需要が発生したと見られる他、ベネズエラでの製油所の操業停止で国外からの石

石油市場についてのレポートです。

最近の石油市場の状況と今後の展望に関する一考察

最近の石油市場の状況と今後の展望に関する一考察

2014年8月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度石油産業体制等調査研究(我が国の石油市場及び緊急時供給体制のあり方に関する調査)

平成25年度石油産業体制等調査研究(我が国の石油市場及び緊急時供給体制のあり方に関する調査)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ