「石油製品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国15年1月、東京都区部15年2月) ~マイナス転化が濃厚~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:消費者物価(全国15年1月、東京都区部15年2月)~マイナス転化が濃厚~発表日:2015年2月27日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)全国東京都区部食料(酒類除総合生鮮除く総合 く)及びエネル石油製品ギー除く総合1314151月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月前年比▲▲▲▲▲0.30.7

2014年11月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年9月、東京都区部14年10月) ~CPIコアの+1%割れは長期化の公算大~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:消費者物価(全国14年9月、東京都区部14年10月)~CPIコアの+1%割れは長期化の公算大~発表日:2014年10月31日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)全国東京都区部食料(酒類除総合生鮮除く総合 く)及びエネル石油製品ギー除く総合13141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月前年比▲▲▲▲

インターネット空間におけるブランド力ランキング(電力・ガス・石油製品)

ネット視聴率ランキング第67回:インターネット空間におけるブランド力ランキング(電力・ガス・石油製品)の対象企業のうち「電力・ガス・石油製品」の企業について企業名をキーワードにして検索されたページの視聴率を調べました。調査期間:2014年7月8日~2014年7月22日ネット視聴率測定システム「Reach Next」の詳細はこちら*順位は接触者数順、接触者数が同数の場合はPV順となっている*注:Reach Nextは任意のキーワードによる検索結果、任意に設定したURLの視聴率を調べるシステムのため

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年1月、東京都区部14年2月) ~当面、1%台前半での推移に~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:消費者物価(全国14年1月、東京都区部14年2月)~当面、1%台前半での推移に~発表日:2014年2月28日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)全国東京都区部食料(酒類除総合生鮮除く総合 く)及びエネル石油製品ギー除く総合前年比1213141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月

2013年10月29日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費者物価指数における耐久消費財価格の動向

今週の指標 No.1081 消費者物価指数における耐久消費財価格の動向 ポイント2013年10月28日消費者物価の基調を「生鮮食品、石油製品及びその他特殊要因を除く総合」(いわゆる「コアコア」)で見ると、このところ食料品などの押し上げ寄与に加えて、耐久消費財価格が下げ止まっていることにより、底堅さが見られる(図1)。耐久消費財価格が物価下落に大きく寄与してきたが、その寄与の過半を占めるテレビおよびパソコンについて見てみよう。テレビの価格指数の推移を見ると、2012年まで急速に下落していたが(20

2013年6月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

石油統計速報(平成24年3月~平成25年2月分)

1.原 油 輸 入 明 細 (その1) 地域・国名 原 油 名 合        計 中 東 計 イラン イラニアン・ライト イラニアン・ヘビー フォローザン・ブレンド カンガン・コンデンセート サウス・パース・コンデンセート ソルーシュ イラク バスラ・ライト サウジアラビア アラビアン・ライト アラビアン・ヘビー アラビアン・ミディアム アラビアン・エキストラ・ライト アラビアン・スーパー・ライト カフ・コンデンセート クウェート クウェート 中立地帯 ワフラ カフジ カタール カタール カ

2012年10月23日内閣府フィードバック数:4社会/政治

最近の消費者物価の動向

今週の指標 No.1046 最近の消費者物価の動向ポイント2012年10月22日消費者物価指数(以下、CPI)の緩やかな下落傾向が続くなど、日本経済は緩やかなデフレ状況にある。CPIの基調を見るには、生鮮食品などの短期変動や、診療代などの制度要因を除いた指標を参照することが有用である。そこで、「生鮮食品、石油製品及びその他特殊要因を除く総合」(いわゆるコアコア)(備考1)を見ると、2010年以降は、前年比の下落幅は縮小傾向で推移してきたが、ここ数カ月については、概ね横ばいとなっている(図1(1)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ