調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 石炭火力発電

「石炭火力発電」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その2)

環境と経済を両立させた持続可能な社会のあり方を考える2030年度電源構成のなかの再生可能エネルギー(再エネ)比率の意味を考える(その2)当面、石炭火力を利用すれば、再エネ電力の利用は不要である印刷用ページ電源構成のなかの再エネ比率が、故意に原発電力比率と結びつけられている?  4月28日(2015年)に発表された経産省の2030年度の電源構成案を3.11の事故の起こる前(2010年度)の電源構成の値と対比して表2-1に示した。ただし、ここに示した2010年度の値は、朝日新聞(2015/4/29)

2015年4月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本経済エネルギー政策が経済に及ぼす影響 ~LNGジャパンプレミアム解消と石炭火力代替でGDP3兆以上押し上げ

(業務用参考資料)Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:エネルギー政策が経済に及ぼす影響発表日:2015年4月2日(木)~LNGジャパンプレミアム解消と石炭火力代替でGDP3兆以上押し上げ~第一生命経済研究所経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 東日本大震災による原発事故前は3兆円台だったLNG(液化天然ガス)輸入額が、2013年以降は約7兆円を超えている。LNGの輸入価格が北米での天然ガス価格の5倍以上に急騰していることから、LNG

2014年6月18日JETROフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

【中国】大気汚染対策は奏功するか

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【中国】大気汚染対策

2014年6月10日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度電力系統関連設備形成等調査(海外発電技術等調査)

経済産業省資源エネルギー庁 御中平成25年度電力系統関連設備形成等調査(海外発電技術等調査)報告書2014 年 3 月環境・エネルギー研究本部<目次>1. 目的と実施内容 .................................................................................................................. 12. 近年の世界における火力発電プラントの運用・建設動向調査 .................

2013年8月23日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート2013.8.22

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 排出量取引マーケットレポート2013.8.22世界銀行グループが石炭火力発電の支援停止を発表 ◆マーケットサマリー(2013/7/19~2013/8/21)EUA価格は€ 4台前半の横ばい、出来高も低調な展開が続く◆関連トピック■世界銀行グループが石炭火力発電の支援停止を発表世界銀行グループは、発展途上国などに対する新規の石炭火力発電の支援を停止すると発表した。6月に同様の方針を最初に示した米国政府と

2013年4月15日内閣府★フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

日本の貿易収支とそこに大きな影響を持つ化石燃料についてのデータです。

鉱物性燃料の輸入動向

今週の指標 No.1065 鉱物性燃料の輸入動向 ポイント2013年4月15日日本の貿易収支は、2011年4月に赤字へ転換し、2011年10月以降はほぼ横ばいで推移したものの、2012年後半以降は赤字幅が増加傾向にある(図1)。この間の輸出入金額の推移を見ると、(1)東日本大震災以降は輸出金額が減少する一方で輸入金額が増加し、(2)2011年10月以降は輸出金額が伸び悩む中で輸入金額が高止まりし、(3)足下では輸出金額以上に輸入金額が増加している。品目別輸入金額の推移を見ると、震災以降は他の品目

2013年2月13日大和総研フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

石炭火力発電の予見性が低下

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 東日本大震災以降、安全の追求を最優先に置いた電力の安定供給体制の構築が進められている。太陽光発電等の再生可能エネルギーは安全で環境適合性は高いが、供給が不安定で現時点ではコストが高い。そのため、当面は、安定供給と経済効率性を兼ね備えた火力発電に依存せざるを得ない状況にある。現在、電気事業者が頭を悩ませているのは、火力発電の電源構成の内訳である。ベース電源だった原子力発電の代替には石炭火力が適しており、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ