「研修機構」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

企業における転勤の実態に関するヒアリング調査

企業における転勤の実態に関するヒアリング調査 概要 研究の目的企業における労働者の転勤については、企業独自の経営判断に基づき行われるものであるが、就職後、複数回の転勤が行われることにより、結婚・妊娠・出産・子育てといった、将来のライフプランの設計に困難をきたし継続就業の妨げになる、あるいは家族形成を阻害するとの指摘がある。現在、政府は、まち・ひと・しごと創成会議を中心に、少子化対策をはじめとする人口減少対策を検討しており、その中で、転勤については一つのテーマとしてあがっていることから、企業の

「人材(人手)不足の現状等に関する調査」(企業調査)結果及び「働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果

「人材(人手)不足の現状等に関する調査」(企業調査)結果及び「働き方のあり方等に関する調査」(労働者調査)結果 概要研究の目的景気の緩やかな回復基調を背景に、人材(人手)不足が顕在化している。その実態を把握し、効果的な対策を探るとともに、人口減少下における経済の持続的な成長に向けた労働力確保のあり方等を展望するため、企業とそこで働く労働者を対象にアンケート調査を実施した。 研究の方法企業及び労働者(正社員)に対するアンケート調査※※30人以上規模の企業1.2万社(産業・規模別に層化無作為抽出

雇用促進税制に関するアンケート調査

概要研究の目的雇用促進税制は、平成23年度(2011年度)から3年間の時限措置として創設され、平成26年度(2014年度)から2年間、実施が延長された。同税制が適用された企業の特徴などについて分析し、労働市場にどの程度の効果があったのかを明らかにする。 研究の方法アンケート調査を実施した。アンケート調査の方法は、郵送による調査票の配布・回収。雇用促進税制の適用を受けるために、2013年4月~10月に雇用促進計画をハローワークに提出し、受け付けられた企業のなかから厚生労働省が抽出した企業8,20

60代の雇用・生活調査

概要研究の目的日本が人口減少社会に突入し、労働力人口も減少していくことが見込まれる中、高年齢者の活用に注目が集まっている。本調査では、60代の高年齢者を対象に雇用・生活の全般を質問し、今後の高年齢者雇用のヒントを得ようとするものである。 研究の方法60-69歳の5,000人を調査(住民基本台帳から層化二段階抽出) 主な事実発見 60代の不就業者のうち26.0%が就業を希望しており、特に、60代前半層の男性の不就業者のうち42.9%が就業を希望している(図表1)。将来の労働力人口の確保が求められ

早わかり グラフでみる長期労働統計

 人口、雇用、失業、賃金などに関する長期統計を集め、グラフにしました。第二次世界大戦が終わった20世紀半ば以降の推移がわかるようにしました。統計表もご覧になれます。今後、種類を増やして行きます。 注 資料出所、時系列上の連続性に関する注意事項等は、統計表にあります。図では最小限の記述にとどめてあります。 経済全般Ⅰ 人口Ⅱ 労働力、就業、雇用(産業別)(年齢階級別)(正規、非正規)(労働移動)(世帯)(勤続年数)(職業紹介)(就職)(障害者雇用)Ⅲ 失業Ⅳ 賃金Ⅴ 労働時間Ⅵ 物価、家計Ⅶ 労

入職経路についての分析レポートです。

入職経路の変化と民営職業紹介業に関する調査

入職経路の変化と民営職業紹介業に関する調査 概要 研究の目的本書では、入職経路のうち、民営職業紹介が増加してきた要因を明らかにするため、求人サイドの要因、求職者サイドの要因、マッチング関連の要因に分けて検討した。研究の方法公表統計の観察、先行研究の展望、民営職業紹介業のコンサルタントへのインタビュー調査 主な事実発見『雇用動向調査』によると、民営職業紹介を経由した入職者は、入職者全体の中では、人数、比率ともわずかであるが、人数、比率ともに増加傾向で推移している。先行研究では、民営職業紹介業を含

仕事と介護の両立についての調査です。

労働政策研究報告書 No.170 仕事と介護の両立

概要研究の目的介護離職をはじめとする仕事と介護の両立困難の実態と両立支援の課題を明らかにするため、介護期の働き方や両立支援制度の利用状況、離転職の経験、要介護者の状態や家族との介護分担、介護サービスの利用状況、介護者の健康状態等を調査する。 研究の方法アンケート調査。調査の概要は以下のとおり。調査対象同居および別居の家族・親族を介護している20~59歳の男女2,000名主な調査項目介護開始時と介護状況(要介護者の状態、本人の介護役割、介護負担等)介護開始時の就業状況(労働時間、異動、離転職、両

ビジネス・レーバー・トレンド2015年6月号

特集:2015年春季労使交渉の動向 毎月25日発行 A4変型判 56頁程度 1部 476円+税(送料別)刊行後、約1カ月後にPDFで全文を掲載いたします。PDFの閲覧について 目次小林良暢 グローバル産業雇用総合研究所 所長調査・解析部調査・解析部長 荻野 登ビジネス・レーバー・モニター産別・単組調査調査・解析部資料スペシャルトピック調査・解析部トピックス調査・解析部国際研究部イギリス・増加する外国人労働者の流入状況アメリカ・ファイト・フォー・フィフティーン運動が過去最大規模で展開フランス・

人材派遣会社におけるキャリア管理に関する調査(派遣元調査)

人材派遣会社におけるキャリア管理に関する調査(派遣元調査) 概要研究の目的と方法派遣労働でキャリアは形成できるのか。その実態を探るべく、JILPTでは、派遣労働者のキャリア形成や働き方に注目し、派遣元、派遣先、派遣労働者の三者に向けて調査を行った。三者に対し同時に調査することで、キャリア形成の行われ方、働き方の状況を多面的にとらえ、派遣労働におけるキャリア形成の現状と問題点を明らかにしている。本研究は、その一環として派遣元に対してアンケート調査を行った。対象は、全国の労働者派遣事業の登録事業所

働くことと学ぶことについての調査

概要「働くことと学びについての調査」は、プロジェクト研究・サブテーマ「非正規労働者の態様に応じた能力開発施策に関する調査研究」の一環として、日本人就業者の働き方と能力開発の取り組みの実態を把握し、能力開発を十分に行える社会環境の在り方について検討資料とするために実施されました。本調査シリーズは、この調査の留置調査票の結果を2009年度以降に行う予定の分析に先駆けてとりまとめたものです。2009年度に行う分析では、面接調査票の結果とあわせて分析し、当機構から労働政策研究報告書として刊行される予定

非正規労働者の組織化の胎動と展開―産業別組合を中心に―

概要本研究は、パートタイマーを中心とする非正規労働者の組織化がいつ頃から取り組まれ、どのように展開され、現在に至っているのかを明らかにすることを目的とする。本研究では、産業別組合の資料、関連する文献・資料、当事者へのインタビュー調査等を用いて、歴史分析を行っている。主な事実発見は、2つある。1つめは、産業別組合(以下、産別)の迅速な対応とその後の苦悩である。いずれの産別も、パートタイマーが1960年代に登場すると、1970年前後には、パートタイマーの組織化を検討し始め、その方針を策定する等、パ

職業相談の研修研究と実践―認知的タスク分析の手法を取り入れたグループワークの開発―

職業相談の研修研究と実践 ―認知的タスク分析の手法を取り入れたグループワークの開発― 概要研究の目的本研究の目的は、アクション・リサーチ(action research;Lewin,K.,1948)の考え方に倣い、研究→訓練→実践のサイクルを回していくことにより、職業相談の担当者(以下「職員」という。)を対象とした効果的な研修プログラムを研究開発し、実践を通して、ハローワーク等の職業相談の更なる改善を進めていくことにある。 研究の方法本研究では、まず、職業相談の研修プログラムへの認知的タスク分

第12回北東アジア労働フォーラム報告書 最近の賃金動向と最低賃金制度

概要労働政策研究・研修機構(JILPT)は2014年9月26日、中国労働保障科学研究院(CALSS)・韓国労働研究院(KLI)との共催による第12回北東アジア労働フォーラム(日中韓ワークショップ)を東京で開催しました。日本では、2014年の民間企業の春季賃金交渉において、政府の働きかけのもと、大企業を中心に正社員の基本給を底上げするベースアップが実施され、賃上げ率は2.19%と13年ぶりの高水準を記録しました。長期に渡るデフレから脱却し、経済を持続的な成長に導くためには、継続的な賃金上昇ととも

早わかり グラフでみる長期労働統計

 人口、雇用、失業、賃金などに関する長期統計を集め、グラフにしました。第二次世界大戦が終わった20世紀半ば以降の推移がわかるようにしました。統計表もご覧になれます。注 資料出所、時系列上の連続性に関する注意事項等は、統計表にあります。図では最小限の記述にとどめてあります。 経済全般Ⅰ 人口Ⅱ 労働力、就業、雇用(産業別)(年齢階級別)(正規、非正規)(労働移動)(世帯)(勤続年数)(職業紹介)(就職)(障害者雇用)Ⅲ 失業Ⅳ 賃金Ⅴ 労働時間Ⅵ 物価、家計Ⅶ 労使関係、コーポレートガバナンスⅧ

2014年10月22日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

企業が求める人材

日本を取り巻く雇用環境や日本の課題を、データとともにお伝えする。今回のテーマは日本の「企業が求める人材」。知識社会化する中、専門性を踏まえ自律的に課題を設定・解決できる人材の価値が高まっている。では、そういった人材へのニーズは実際にはどの程度増えているのだろうか。また、日本は各国と比較してどういった状況にあるのだろうか。統計データから実態を探った。自律性・創造性のある人材へのニーズが増加日本企業は今どういった人材を必要としているのだろうか。独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)は、育

早わかり グラフでみる長期労働統計

 人口、雇用、失業、賃金などに関する長期統計を集め、グラフにしました。第二次世界大戦が終わった20世紀半ば以降の推移がわかるようにしました。統計表もご覧になれます。今後、種類を増やして行きます。 注 資料出所、時系列上の連続性に関する注意事項等は、統計表にあります。図では最小限の記述にとどめてあります。 経済全般Ⅰ 人口Ⅱ 労働力、就業、雇用(産業別)(年齢階級別)(正規、非正規)(労働移動)(世帯)(勤続年数)(職業紹介)(就職)(障害者雇用)Ⅲ 失業Ⅳ 賃金Ⅴ 労働時間Ⅵ 物価、家計Ⅶ 労

労働関連データの国際比較です。

データブック国際労働比較2014

『データブック国際労働比較』は、労働に関する各種統計指標及び統計数値を理解する上で参考となる制度を、国際比較が可能な資料集として編集・作成したものです。冊子(各年/A5判)のご購入については、刊行物のご注文方法をお読みください。関連情報お問合せ先ご購入について研究調整部 成果普及課 E-mail:book[at]jil.go.jp(※[at]を@にご修正ください)内容について調査部 海外情報担当※内容を著作物に引用(転載)する場合は,必ず出典の明記をお願いします。例) 出典:労働政策研究・研修

マレーシアの労働政策― 中長期経済政策と労働市場の実態 ―

概要研究の目的本書は、マレーシアの労働政策の最近の状況をまとめたものである。マレーシアでは、外交と安全衛生を除く多くの政策は、長期経済政策の枠組の中で立案される。現在実施中の長期経済政策は、2010年に策定された「新経済モデル」(2011年~2020年)で、「先進国=高所得国」実現を目標としている。長期経済政策のもうひとつの重要な柱は、プミプトラ(マレー人)、中国人、インド人の人種間の所得格差是正である。したがって、現在の経済政策は、先進国=高所得国の実現と格差是正の二面性を帯びた政策である。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ