「研究部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年9月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

若者はホントにスマホ依存?テレビ好きは健在?多様化する情報行動

インサイトメモ #46 若者はホントにスマホ依存? テレビ好きは健在?多様化する情報行動 ◆若者たちがテレビやパソコンやスマホをどう使い分けているのか知りたい「今の若者がスマホで何をしているのかよく分からない」「若者はテレビを見ないでずっとゲームをやっているの?」最近、そんなことがよく騒がれて、ニュースに取り上げられたりしています。ソーシャルメディアや動画共有サービス、ソーシャルゲーム、キュレーションメディアなどの新しい情報サービスやコミュニケーションサービスが次々に登場している近年。同時

2015年9月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

若者たちはテレビ見ながらネットで何してる?

汐留メディアリサーチャー時評 #02 若者たちはテレビ見ながらネットで何してる? 電通総研メディアイノベーション研究部は、メディアや情報通信環境の変化、そしてオーディエンスの動向を探ることをミッションとするシンクタンクです。ウェブ電通報でもリサーチプロジェクトの知見をお伝えする「インサイトメモ」を連載していますが、この「汐留メディアリサーチャー時評」では、当部ならではのナレッジをベースに、現代のメディア環境に関するトレンドをピックアップし分析と考察を進めていきます。第2回は、若者たちはテレ

韓国の生保市場です。

韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方

韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方 | ニッセイ基礎研究所 韓国における生命保険市場の現状や今後のあり方 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国では少子・高齢化の急速な進展に伴い、社会保障に対する国の支出が継続的に増加している。そこで、社会的リスクに対する政府の公的制度と共に、自助努力としての民間保険の必要性に対する認

2015年5月14日電通フィードバック数:0モバイル

スマホユーザーのことを深く知るためのログ分析入門~なぜ年を重ねた女性ほどゲームアプリをよく利用しているのか~

インサイトメモ #44 スマホユーザーのことを深く知るためのログ分析(1)~なぜ年を重ねた女性ほどゲームアプリをよく利用しているのか~ ビデオリサーチによるACR/exの2015年1月調査データによれば、スマートフォンの個人所有率は既に67.5%に達している(12〜69歳、東京50キロ圏内)。いまやスマホは、多くの人々にとって欠かすことのできない情報ツールとなっており、それは機能的なベネフィットにとどまらず、「自分の分身」であるかのような情緒的な存在感を有するものであるだろう(コンシェル

21世紀わかやま Vol.79

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp 21世紀わかやま Vol.79目次インタビュー寄稿キリンビールマーケティング(株) 和歌山支社長 伊村 正明 研究成果報告前(一財)和歌山社会経済研究所 研究部長 畑山 善生 (一財)和歌山社会経済研究所 主任研究員 中平 匡俊 レポート&エッセイ前(一財)和歌山社会経済研究所 研究部長 ��田

2015年3月20日電通★フィードバック数:0マーケティング

電通総研のレポートです。

テレビ+インターネット~若者たちのメディア併用行動

加速する動画の「オムニ視聴」 #04 テレビ+インターネット ~若者たちのメディア併用行動 前回までは「動画視聴に関するWEB調査」と「通勤・通学時における動画視聴調査」の結果から、若年層の動画視聴状況について分析を行った。結果、全体的には自宅での動画視聴が主流だが、通勤・通学時に動画視聴機会拡大のポテンシャルがあることが判明した。 今回は、テレビのリアルタイム視聴やタイムシフト視聴という要素を追加しながら、テレビ視聴とインターネット利用の併存という別角度から若年層のメディア視聴行動の深掘

2015年3月8日電通フィードバック数:0マーケティング

動画視聴に変化をもたらしたインターネット環境

加速する動画の「オムニ視聴」 #01 動画視聴に変化をもたらしたインターネット環境 激動の時代を迎えている情報メディア産業。電通総研では、多様化する情報メディアに関して、産業と利用動向の今を追い、毎年1冊の白書にまとめ続けている。このほど22冊目となる最新版『情報メディア白書2015』がダイヤモンド社から刊行された。これを記念し、同書の巻頭特集「加速する『動画のオムニ視聴』」を当連載で紹介したい。通信の高速化と大容量化をベースにしたインターネット環境の進化やスマートフォンの普及によって広が

アセアン経済共同体(AEC)と保険市場の自由化について-15年末発足予定のAECの保険市場への影響と意義

アセアン経済共同体(AEC)と保険市場の自由化について-15年末発足予定のAECの保険市場への影響と意義 | ニッセイ基礎研究所 アセアン経済共同体(AEC)と保険市場の自由化について-15年末発足予定のAECの保険市場への影響と意義 保険研究部 兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia 平賀 富一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登

2015年2月18日日本不動産研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

中古市場についてのレポートです。

不動産流通市場の回顧と今後の展望

不動産流通市場の回顧と今後の展望住宅新報(2015年2月10日号)の不動産流通特集に、弊所研究部の曹研究員の記事が掲載されました。原稿を掲載いたしますので、ぜひご覧下さい。

顧客の苦情を生まないためには-「まあ満足」では不十分!苦情の削減には高い満足が重要

顧客の苦情を生まないためには-「まあ満足」では不十分!苦情の削減には高い満足が重要 | ニッセイ基礎研究所 顧客の苦情を生まないためには-「まあ満足」では不十分!苦情の削減には高い満足が重要 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 生命保険協会にて公開されている、平成26年度上半期の生保各社の苦情受付件数と個人保

ビジネス・レーバー・トレンド 2015年1月号

特集:正規雇用化への新たな動向毎月25日発行 A4変型判 56頁程度 1部 476円+税(送料別)刊行後、約1カ月後にPDFで全文を掲載いたします。PDFの閲覧について 目次佐藤 博樹 中央大学大学院戦略経営研究科教授――正規化の「第2ラウンド」の到来と課題――モロゾフ ルミネ 東京信用金庫 トヨタ労組 生協労連調査・解析部――JILPT 労働政策フォーラムin 大阪から調査・解析部トピックス調査・解析部国際研究部ドイツ・ガストアルバイターの歴史と現状フランス・従業員代表に企業売却計画の事前

2014年9月30日日本不動産研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

不動産流通市場の回顧と今後の展望

不動産流通市場の回顧と今後の展望 住宅新報(2014年9月23日号)の不動産流通特集「首都圏市場 消費増税の反動で減速も 底堅い基調変わらず」に、弊所研究部の曹専門役の記事が掲載されました。その原稿を掲載いたしますので、ご覧下さい。

少額短期保険の現状-制度創設から8年間の急成長と課題

少額短期保険の現状-制度創設から8年間の急成長と課題 | ニッセイ基礎研究所 少額短期保険の現状-制度創設から8年間の急成長と課題 保険研究部 上席研究員 小林 雅史基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 組合員など「特定の者」を保障する「共済」のうち、「根拠法のない共済」(無認可共済)の規模や形態が多様化する中、新たに「少額短期保険業者」に対する規制が2006年4月

21世紀わかやま Vol.77

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp 21世紀わかやま Vol.77目次インタビューアイエススプリンクラー(株)代表取締役 久保 政延 巻頭言寄稿JR西日本旅客鉄道(株)執行役員・ 鉄道本部施設部長(前和歌山支社長) 半田 真一 研究成果報告(一財)和歌山社会経済研究所 研究部長 藤本 幸久 (一財)和歌山社会経済研究所 主任研究員

国際比較と理由の分析です。

女性管理職比率が低い理由は?―女性がより活躍できる社会を期待する―

女性管理職比率が低い理由は?―女性がより活躍できる社会を期待する― | ニッセイ基礎研究所 女性管理職比率が低い理由は?―女性がより活躍できる社会を期待する― 生活研究部 准主任研究員 金 明中日本における女性管理職比率は11.1%(2012年)で、アメリカの43.1%(2011年)やフランスの39.4%(2011年)等他の先進国と比べるとかなり低い水準である。女性管理職比率が低い理由としては、(1)女性の活躍を支援するための政策や予算が十分ではないこと、(2)女性の経歴断絶やワーク・ライフ・

2014年7月1日NHKフィードバック数:0マーケティング

アーカイブ視聴が生み出す効果

アーカイブ番組を大学教育にいかす【第3回】 アーカイブ視聴が生み出す効果NHK放送文化研究所では、NHKアーカイブスに所蔵されている番組を大学教育に活用するため「番組eテキストシステム」という、対象を限定した番組のネット配信システムを開発している。本稿は、それを用いた大学での実験授業報告の3回目である。過去2回は、2012年度に早稲田大学で行った「沖縄現代史」に関する授業の概要と成果を報告したが、今回は、2013年度に法政大学で行った「水俣病事件の歴史」に関する授業について、第1部で,授業の構成

戦略的賃貸住宅誘導論-賃貸住宅が地域を変える

戦略的賃貸住宅誘導論-賃貸住宅が地域を変える | ニッセイ基礎研究所 戦略的賃貸住宅誘導論-賃貸住宅が地域を変える 社会研究部 准主任研究員 塩澤 誠一郎民間賃貸住宅を戦略的に誘導することで、地域の担い手を確保する方法論の提案を試みたのが本稿である。将来にわたり地域を持続させていくためには、そこに暮らす担い手が必要である。その担い手をどの様に確保していくか、人口減少社会を迎えた今日、どの地域にとっても避けることができない課題と言えよう。こうした観点から、地域を経営する自治体、地域を運営する住民

生命保険の契約についての調査です。

アフターフォローとしての確認活動は有益か-消費者側からみた契約後の確認活動の評価と効果

アフターフォローとしての確認活動は有益か-消費者側からみた契約後の確認活動の評価と効果 | ニッセイ基礎研究所 アフターフォローとしての確認活動は有益か-消費者側からみた契約後の確認活動の評価と効果 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 本稿では、アフターフォローとしての確認活動が実際にどのように行われており、

まちづくりレポート|モノづくりのまちのまちづくり-東大阪市住工共生のまちづくり条例

まちづくりレポート|モノづくりのまちのまちづくり-東大阪市住工共生のまちづくり条例 | ニッセイ基礎研究所 まちづくりレポート|モノづくりのまちのまちづくり-東大阪市住工共生のまちづくり条例 社会研究部 准主任研究員 塩澤 誠一郎モノづくりのまちとして有名な東大阪市は、2013年4月に、モノづくり企業の集積を維持しながら、良好な住環境の創出をめざして、「住工共生のまちづくり条例」を施行した。条例により、モノづくりを推進する地域における住宅建築に対し、一定のルールを定めるとともに、工場で働く人と

シニアの住まいについての調査です。

アクティニアが住まいに求めるもの~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~

アクティニアが住まいに求めるもの~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アクティニアが住まいに求めるもの~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~アクティニアが住まいに求めるもの~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~ 社会研究部 准主任研究員 塩澤 誠一郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読

年代に応じて異なる住み替え派アクティニアの住まいへの要求~アクティニアもリノベーションに着目か~

年代に応じて異なる住み替え派アクティニアの住まいへの要求~アクティニアもリノベーションに着目か~ | ニッセイ基礎研究所 年代に応じて異なる住み替え派アクティニアの住まいへの要求~アクティニアもリノベーションに着目か~ 社会研究部 准主任研究員 塩澤 誠一郎拙著「アクティニアが住まいに求めるもの」では、今後、アクティニアのライフスタイルにフィットしない戸建持ち家から、賃貸住宅に住みかえるアクティニアが増えると考え、将来住み替えを希望している「住み替え派」アクティニアが、賃貸住宅に求める傾向を分

2014年2月19日日本不動産研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

拡大する中古住宅市場 ~10年で1.5倍規模、今後も続伸へ~

拡大する中古住宅市場 ~10年で1.5倍規模、今後も続伸へ~住宅新報(2014年2月11日号)の不動産流通特集「可能性を秘めた中古市場」に、弊所研究部の曹専門役の記事が掲載されました。その原稿を掲載いたしますので、ご覧下さい。

医療保険について-発売後40年の歴史と現在の商品内容

医療保険について-発売後40年の歴史と現在の商品内容 | ニッセイ基礎研究所 医療保険について-発売後40年の歴史と現在の商品内容 保険研究部 上席研究員 小林 雅史1976年2月、アリコ・ジャパン(現メットライフ・アリコ)が日本初の医療保険(医療単品)を発売してから40年近く経過し、2012年の保有契約件数は約2779万件に達している。病気やケガで入院・手術をしたときに入院給付金や手術給付金が受け取れる医療保険(医療単品)の歴史と商品内容を紹介する。 保険研究部上席研究員 研究・専門

がん保険について - 発売後40年の歴史と現在の商品内容

がん保険について - 発売後40年の歴史と現在の商品内容 | ニッセイ基礎研究所 がん保険について - 発売後40年の歴史と現在の商品内容 保険研究部 上席研究員 小林 雅史基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アメリカンファミリー(アフラック)による日本初のがん保険発売(1974年11月)以来約40年が経過し、現在、生保会社43社中19社ががん保険を販売しており、

アベノミクスの設備投資促進策 - 国内投資底上げに向けた「異次元」の措置が必要

アベノミクスの設備投資促進策 - 国内投資底上げに向けた「異次元」の措置が必要 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスの設備投資促進策 - 国内投資底上げに向けた「異次元」の措置が必要 社会研究部 上席研究員 百嶋 徹1―はじめに2―設備投資促進策の必要性1│設備の老朽化が生産性の低下を招いている2│製造業の資金ポジションはそもそも余剰ではない3―設備投資促進策の分類と内容1│設備投資減税2│補助金制度4―設備投資促進策の効果比較5―政策的インプリケーション1│支援対象についての視点2│政策変数

2013年7月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

賃貸住宅の防災力を高めるために必要なこと

賃貸住宅の防災力を高めるために必要なこと | ニッセイ基礎研究所 賃貸住宅の防災力を高めるために必要なこと 社会研究部 准主任研究員 塩澤 誠一郎災害に対する備えに持ち家も賃貸も違いはない。建物そのものの安全性を高めること、被災後インフラ復旧まで生活できる最低限の物資を備えること、そして、いざというときに助け合う、共助の関係を日頃から築いておくことが基本となる。地域の安全性を高めて、防災力を強化しようとするならば、当然のことながら賃貸住宅も含めた災害対策が必要になる。賃貸住宅の防災力強化を促進

シニアの住まいについての調査です。

アクティニアが住まいに求めるもの ~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~

アクティニアが住まいに求めるもの ~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~ | ニッセイ基礎研究所 アクティニアが住まいに求めるもの ~首都圏112万のアクティニアに今後住み替えの可能性が~ 社会研究部 准主任研究員 塩澤 誠一郎1――はじめに2――アクティニアのボリューム3――アクティニアが求める住まい4――アクティニアが住まいに求めるもの5――おわりに拙著「持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態」では、持ち家や他のUR賃貸住宅からUR賃貸住宅に住み替えたアクティニ

シニアの住居選択やライフスタイルについての調査です。

持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態 ―アクティニアの住み替え誘導が、地域再生の担い手へと導く―

持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態 ―アクティニアの住み替え誘導が、地域再生の担い手へと導く― | ニッセイ基礎研究所 持ち家から賃貸に住み替えたアクティニア、その実態 ―アクティニアの住み替え誘導が、地域再生の担い手へと導く― 社会研究部 准主任研究員 塩澤 誠一郎1――はじめに2――アクティニアの住み替え実態3――アクティニアが関心を寄せる仕事以外の活動4――アクティニアのニーズに応じた住み替え誘導が、アクティニアを地域再生の担い手へと導く「元気で生活にある程度ゆとりがあり、

第14回出生動向基本調査

第14回出生動向基本調査結婚と出産に関する全国調査 独身者調査の結果概要 国立社会保障・人口問題研究所<第14回出生動向基本調査に関する資料>(項目名をクリックするとその項目の内容が表示されます)※PDF形式のファイルを見るためにはアクロバットリーダー(AcrobatReader)というソフト(無償配布)が必要です。 本報告(第14回出生動向基本調査)の内容に関するお問い合わせは下記まで国立社会保障・人口問題研究所担当:人口動向研究部電話 03-3595-2984※お問い合わせの際は「調査名

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ