調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 研究部主任研究員

「研究部主任研究員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ニッセイ基礎研究所のレポートです。

医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか?

医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか? | ニッセイ基礎研究所 医療・介護の現状と今後の展開(後編)-民間の医療保険へはどのような影響があるのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也前稿では、医療・介護を取り巻く環境の変化について紹介した。少子高齢化等や、それに伴う世帯の変化は、医療・介護の両方の面に、大きな影響を及ぼしており、医療・介護サービスを受ける側にも、提供する側にも、大きな変化を迫っていることを述べた。本稿では

ニッセイ基礎研究所のレポートです。

医療・介護の現状と今後の展開(前編)-医療・介護を取り巻く社会環境はどのように変化しているか?

医療・介護の現状と今後の展開(前編)-医療・介護を取り巻く社会環境はどのように変化しているか? | ニッセイ基礎研究所 医療・介護の現状と今後の展開(前編)-医療・介護を取り巻く社会環境はどのように変化しているか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也医療や介護は、自分や家族にとって身近なものである。しかし、新聞や雑誌等で取り上げられる医療・介護問題は、聞きなれない用語が並び、細部の制度見直しの話や、兆円、億円単位で語られる財政の話など、複雑で難しいと感じられるもの

年金改革についてのレポートです。

2015年公的年金改革の展望

2015年公的年金改革の展望 | ニッセイ基礎研究所 2015年公的年金改革の展望 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫昨年6月に発表された財政見通しを受けて、現在、次期公的年金改革に向けた議論が社会保障審議会の年金部会で進められている。本稿では、昨年11月に合意された改革の基本方針やこれまでの議論を踏まえ、改革の具体的な内容を展望した。世間ではシルバー・デモクラシーを懸念する声も聞かれるが、今回の基本方針を見ると、今後の改革の柱として将来世代の年金給付の十分性が強

2015年1月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

どうしたら投資教育が進むのか?

どうしたら投資教育が進むのか? | ニッセイ基礎研究所 どうしたら投資教育が進むのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 確定拠出年金制度では、加入者が自己責任で資産運用を行うこととされており、投資教育が欠かせない。しかし、日本では、その取り組みは道半ばである。その背景には、投資についての欧米との社

統計分析です。

老後への備えができないのはなぜか?

老後への備えができないのはなぜか? | ニッセイ基礎研究所 老後への備えができないのはなぜか? 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀30~50歳代の会社員(厚生年金加入者)を対象に、老後の準備ができない要因について、独自のアンケート調査の結果を利用して検証した。老後の準備ができないことを示す変数としては、毎月の支出額のうちの「貯蓄額」を利用した。毎月の貯蓄額がゼロの者を準備ができない「準備なし」群、貯蓄額が少しでもある者を準備ができている「準備あり」群とし、両者で老

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善

アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスと年金財政の関係-就労拡大で国民年金財政が改善 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2014年6月に発表された公的年金の財政検証では、アベノミクスの奏効を仮定するか否かで結果が分かれた。アベノミクスが奏効し

高齢期の社会参加支援策に関する一考察~次代の高齢者50-60代の社会参加ニーズ調査より

高齢期の社会参加支援策に関する一考察~次代の高齢者50-60代の社会参加ニーズ調査より | ニッセイ基礎研究所 高齢期の社会参加支援策に関する一考察~次代の高齢者50-60代の社会参加ニーズ調査より 生活研究部 主任研究員 前田 展弘年齢に関わらず社会に参加し活躍し続けられる社会を実現していくことは、極めて重要な社会的課題であり、時代の要請と言えることである。次代の高齢者である50-60代(5000名)を対象にWEBアンケート調査を実施したところ、高齢期における地域活動への参加意欲は低調である

2013年度生保決算の概要

2013年度生保決算の概要 | ニッセイ基礎研究所 2013年度生保決算の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩生命保険会社43社の2014年3月期の決算が5月末に出揃った。資産運用環境が前年度に引き続き株高・円安という良好なものだったことで、収益性、健全性の面では好調なものとなった。特に大手中堅生保の逆ざやは全体としては解消している。販売業績面では、新契約高が貯蓄性商品の減少により、対前年度▲6.4%減少となり、保有契約高も▲1.4%減少した。基礎利益は8.7

欧米生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤー -州別に生保会社数と保険監督局の陣容を見ると-

欧米生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤー -州別に生保会社数と保険監督局の陣容を見ると- | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤー -州別に生保会社数と保険監督局の陣容を見ると- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司 【要旨】米国生保事業者数の減少傾向は2012年も継続し、年末事業者数は868となった。州別に見ると、テキサス、ニューヨーク、イリノイのように、わが国を超える数の生保会社が本社を構える州から、自州内に本社を構える生保会社が1つもない州まで、

2014年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み

2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み | ニッセイ基礎研究所 2014年度の年金額は実質1.0%の削減。15年度は1.7%削減の見込み 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫去る1月31日に2014年度に向けた年金の改定率が発表された。名目額では0.7%の減額だが、実質的には1.0%の削減となっている。15年度は消費税率引上げの影響に特例水準の解消とマクロ経済スライドの開始が加わり、名目では0.3%の増額だが、実質的には1.7%の削

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

公的年金は水のようなもの

公的年金は水のようなもの | ニッセイ基礎研究所 公的年金は水のようなもの 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 公的年金の特徴の一つは、死亡するまで年金が受け取れる「終身年金」であることです。もし、自分だけで老後のお金を貯めているとすれば、予想以上に長生きした場合にお金を使い果たしてしまうかもしれませ

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加

女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加 | ニッセイ基礎研究所 女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年、成長戦略で「女性の活躍」が掲げられてから、各所で女性の

公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識

公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識 | ニッセイ基礎研究所 公的年金財政の仕組みと注目点-今年公表予定の「財政検証結果」を読み解くための基礎知識 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫今年は、5年に1度の「公的年金財政検証」の年にあたります。本稿では、財政検証結果の公表に先駆けて、公的年金財政の仕組みを概説します。また、前回の財政検証時に公表されたプレスリリース資料を見ながら、財政検証結果のどこに注目すべきかを確認しま

年金改革ウォッチ:2013年11月 ~ ポイント解説:国民年金保険料の徴収強化

年金改革ウォッチ:2013年11月 ~ ポイント解説:国民年金保険料の徴収強化 | ニッセイ基礎研究所 年金改革ウォッチ:2013年11月 ~ ポイント解説:国民年金保険料の徴収強化 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 中嶋 邦夫基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1 ―― 先月までの動き社会保障改革国民会議の報告書を受けて、社会保障審議会年金部

高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて

高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて高齢者雇用政策の展望 ~ 生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて 生活研究部 主任研究員 前田 展弘私たち一人ひとりが、“いつまで働くか”、“高齢期にどのように活躍し続けるか(活躍し続けられるか)”というテーマは、個人の人生設計において大きな問題であると同時に、社会にとってもこれからの

アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は?

アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクス消費の概況~二人以上勤労者世帯の収入や消費支出の状況は? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子1――アベノミクスで活性化する消費市場2――勤労者世帯の収入の状況1│勤労者世帯全体の状況~定期収入はやや減少の一方、臨時収入・賞与の増加で収入全体はやや増加2│年代別にみた状況~30歳未満と40歳代で増加、30歳代や50~60歳代は大きな変化なし3――勤労者世帯の消費支出の状況1│勤労者世帯全体の

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

どのような公的年金改革であれば受け入れられるのか?

どのような公的年金改革であれば受け入れられるのか? | ニッセイ基礎研究所 どのような公的年金改革であれば受け入れられるのか? 金融研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 北村 智紀公的年金の財政状態を見れば、近い将来、大きな公的年金改革が必要であることが予測できる。そこで、厚生年金の加入者と受給者を対象に、どのような年金改革であれば受け入れることができるかについて研究を行った。その概略を紹介したい。 金融研究部主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 研究・専門分野

決算のまとめです。

2012年度生保決算の概要

2012年度生保決算の概要 | ニッセイ基礎研究所 2012年度生保決算の概要 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 安井 義浩生命保険会社43社の2013年3月期の決算が5月末に出揃った。今回の決算はアベノミクス効果による株高・円安に支えられ、収益性、健全性の両面で好調なものとなった。新契約高は対前年度8.7%増加した。逆ざやも縮小し、基礎利益は5.3%の増加となった。株式、外国証券など有価証券の含み益が増加したことなどからソルベンシー・マージン比率も各社上昇している。ただし

「育休3年」の是非を問う前に?

「育休3年」の是非を問う前に? | ニッセイ基礎研究所 「育休3年」の是非を問う前に? 生活研究部 主任研究員 久我 尚子5月に成長戦略の第一弾として女性の活躍が位置づけられた。現在、女性の活躍を推進するためのいくつかの施策について議論が進められている。その中でも特に「育児休業期間の3年への延長」については注目度が高い印象がある。これまでの様々な報道を眺めると、本当に女性の活躍を支援する施策になっているのかという疑念の声が多いようだ。「変化の激しい現代社会では3年もブランクがあっては復帰が難し

米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢いをつなげるか-

米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢いをつなげるか- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢いをつなげるか-米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢

高齢者の雇用についてのレポートです。

高齢者雇用政策の展望 ~生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて

高齢者雇用政策の展望 ~生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて | ニッセイ基礎研究所 高齢者雇用政策の展望 ~生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて 生活研究部 主任研究員 前田 展弘1――はじめに ~超高齢未来の姿を決定づける「高齢者の就労と活躍」2――これまでの高齢者雇用政策の流れ3――高齢者雇用の現状と課題4――解決に向けた論点~生涯現役社会/エイジフリー社会に向かって5――さいごに私たち一人ひとりが、“いつまで働くか”、“高齢期にどのように活躍し続けるか(活躍し続けられる

2013年2月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

高齢者雇用政策の展望~生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて

高齢者雇用政策の展望~生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて | ニッセイ基礎研究所 高齢者雇用政策の展望~生涯現役社会/エイジフリー社会の実現に向けて 生活研究部 主任研究員 前田 展弘1――はじめに ~超高齢未来の姿を決定づける「高齢者の就労と活躍」2――これまでの高齢者雇用政策の流れ3――高齢者雇用の現状と課題4――解決に向けた論点~生涯現役社会/エイジフリー社会に向かって5――さいごに超高齢化が進む日本にとって、高齢者がいつまで活躍し続けられるかは、日本の未来の姿を決定する大きな

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ