調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 研究部研究員

「研究部研究員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

世界景気インデックス「4月 世界景気は『雨』で足踏み - 欧州改善も米国はもたつく」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は1.8ポイント改善――ほぼ世界全域で回復茂木洋之・日本経済研究センター研究本部国際アジア研究部研究員兼予測分析部研究員1月の世界景気インデックスは前月比1.8ポイント高い▲2.7だった。天気は雨のままだった。ほぼ世界全域で回復、特に日米欧の先進国とロシア・ブラジルの資源国の回復が目立った。輸入や生産が伸びた地域が多く、

世界景気インデックス「3月 世界は11カ月連続で『雨』 ― 中国と東アジア諸国が冴えず」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は1.8ポイント改善――ほぼ世界全域で回復茂木洋之・日本経済研究センター研究本部国際アジア研究部研究員兼予測分析部研究員1月の世界景気インデックスは前月比1.8ポイント高い▲2.7だった。天気は雨のままだった。ほぼ世界全域で回復、特に日米欧の先進国とロシア・ブラジルの資源国の回復が目立った。輸入や生産が伸びた地域が多く、

世界景気インデックス「2月 世界は10カ月連続で『雨』 ― 欧州は11年3月以来の『薄日』へ」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は1.8ポイント改善――ほぼ世界全域で回復茂木洋之・日本経済研究センター研究本部国際アジア研究部研究員兼予測分析部研究員1月の世界景気インデックスは前月比1.8ポイント高い▲2.7だった。天気は雨のままだった。ほぼ世界全域で回復、特に日米欧の先進国とロシア・ブラジルの資源国の回復が目立った。輸入や生産が伸びた地域が多く、

従業員の健康保持・増進に向けた企業の取組み~保険者種別に着目して(2014年度下期 ニッセイ景況アンケートより)

従業員の健康保持・増進に向けた企業の取組み~保険者種別に着目して(2014年度下期 ニッセイ景況アンケートより) | ニッセイ基礎研究所 従業員の健康保持・増進に向けた企業の取組み~保険者種別に着目して(2014年度下期 ニッセイ景況アンケートより) 保険研究部 研究員 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本生命保険(相)とニッセイ・リース(株)は、取

老後の準備です。

介護経験の有無別にみた自分の介護のための準備状況

介護経験の有無別にみた自分の介護のための準備状況 | ニッセイ基礎研究所 介護経験の有無別にみた自分の介護のための準備状況 保険研究部 研究員 村松 容子高齢期において、「自分自身の介護」は不安事項の1つだ。生命保険文化センターの「平成25年度生活保障に関する調査」によると、自分の介護に対する不安を持つ人の割合はおよそ9割1となっている。しかし、ニッセイ基礎研究所が50~69歳の人を対象に実施した高齢期をテーマとするアンケート調査2において、老後の生活設計を行う上で考慮に入れたことを尋ねた結果

ビジネス・レーバー・トレンド 2015年2月号

特集:若者の採用・活用・定着毎月25日発行 A4変型判 56頁程度 1部 476円+税(送料別)刊行後、約1カ月後にPDFで全文を掲載いたします。PDFの閲覧について 目次末廣 啓子 宇都宮大学キャリア教育・就職支援センター教授――地域での就労機会の拡大に向けて――本社一括でない大卒新人採用の実態調査から調査・解析部北海道:人材不足状況と人材誘致策の現状北海道二十一世紀総合研究所 高橋 功 調査研究部取締役主席研究員中国:地元企業が求める人材づくり――産学官連携による次世代自動車技術の習得に

厚労省調査の分析です。

脳血管疾患発症者の医療機関受診状況の変化~公的統計による時系列分析

脳血管疾患発症者の医療機関受診状況の変化~公的統計による時系列分析 | ニッセイ基礎研究所 脳血管疾患発症者の医療機関受診状況の変化~公的統計による時系列分析 保険研究部 研究員 村松 容子脳血管疾患は、生活習慣をきっかけとして発症する生活習慣病の1つであり、中高年以降で発症することが多い。死亡することもあるほか、死亡するほど悪い状態でなかったとしても、入院による治療が長期にわたることや後遺症が残ることもあるため恐れられている。日本では、長期にわたって死因の第1位だったことから古くから対策が行

世界景気インデックス「7月 世界は3カ月連続で『雨』 ― 米欧足踏み、ロシアは『嵐』へ」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は1.8ポイント改善――ほぼ世界全域で回復茂木洋之・日本経済研究センター研究本部国際アジア研究部研究員兼予測分析部研究員1月の世界景気インデックスは前月比1.8ポイント高い▲2.7だった。天気は雨のままだった。ほぼ世界全域で回復、特に日米欧の先進国とロシア・ブラジルの資源国の回復が目立った。輸入や生産が伸びた地域が多く、

2014年9月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ライフスタイル

健康診断で知りたい情報~健康診断結果とレセプトデータの受診歴による分析より

健康診断で知りたい情報~健康診断結果とレセプトデータの受診歴による分析より | ニッセイ基礎研究所 健康診断で知りたい情報~健康診断結果とレセプトデータの受診歴による分析より 保険研究部 研究員 村松 容子この春、健康診断の「基準範囲」が話題になった。「基準範囲」とは、健康な人の検査数値の範囲のことだが、この話題をうけて「病気の診断基準が変わるのではないか」、「現在受けている治療は過剰ではないか」といった誤解が一部で生じた。このような誤解が生じた要因の1つに、健康診断における「基準範囲」の意味

世界景気インデックス「5月 NIEs・中国が悪化、アジアは09年7月以来の『嵐』へ」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は1.8ポイント改善――ほぼ世界全域で回復茂木洋之・日本経済研究センター研究本部国際アジア研究部研究員兼予測分析部研究員1月の世界景気インデックスは前月比1.8ポイント高い▲2.7だった。天気は雨のままだった。ほぼ世界全域で回復、特に日米欧の先進国とロシア・ブラジルの資源国の回復が目立った。輸入や生産が伸びた地域が多く、

2014年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0ライフスタイル

骨折が先か、骨粗鬆症が先か

骨折が先か、骨粗鬆症が先か | ニッセイ基礎研究所 骨折が先か、骨粗鬆症が先か 保険研究部 研究員 村松 容子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 骨折は要介護状態になる要因の1つである。中でも要介護状態になることが多いとされる大腿部の骨折の多くが骨粗鬆症に起因すると考えられている。早期に治療を開始することによって骨折や腰痛といった傷病をある程度防ぐことができるため

世界景気インデックス「10月 世界は6ヵ月連続の『雨』 ― 欧州は2年ぶりに『嵐』止む」

世界景気インデックス「世界景気インデックス」を開発し2008年7月から公表を始めました。海外景気の動きが一目でわかる指標です。毎月15日頃、本ホームページで公表します。1月 世界は1.8ポイント改善――ほぼ世界全域で回復茂木洋之・日本経済研究センター研究本部国際アジア研究部研究員兼予測分析部研究員1月の世界景気インデックスは前月比1.8ポイント高い▲2.7だった。天気は雨のままだった。ほぼ世界全域で回復、特に日米欧の先進国とロシア・ブラジルの資源国の回復が目立った。輸入や生産が伸びた地域が多く、

年齢別・医療費水準別にみた3年間の医療費の変動-レセプトデータを使った医療費推移の分析

年齢別・医療費水準別にみた3年間の医療費の変動-レセプトデータを使った医療費推移の分析 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 年齢別・医療費水準別にみた3年間の医療費の変動-レセプトデータを使った医療費推移の分析年齢別・医療費水準別にみた3年間の医療費の変動-レセプトデータを使った医療費推移の分析 保険研究部 研究員 村松 容子厚生労働省が発表している「年齢階級別一人当たり医療費」によれば、医療費は乳幼児期を除いて年齢とともに増加する。しかし、この統計は年齢階層別にみ

日本労働研究雑誌 9月号

提言渡辺 秀樹(慶應義塾大学文学部・大学院社会学研究科教授)解題編集委員会論文斎藤 修(一橋大学名誉教授)岩澤 美帆(国立社会保障・人口問題研究所人口動向研究部第1室長)鎌田 健司(国立社会保障・人口問題研究所人口構造研究部研究員)三好 向洋(愛知学院大学経済学部講師)田中 佑子(諏訪東京理科大学前教授)笠木 映里(九州大学法学部准教授)紹介鈴木 晶子(一般社団法人インクルージョンネットよこはま理事)二神 能基(NPO法人ニュースタート事務局理事)論文(投稿)小林 徹(慶應義塾大学大学院商学研究

データによる分析です。

BMIと“ロコモ”~体格別にみた高齢期における疾病リスク

BMIと“ロコモ”~体格別にみた高齢期における疾病リスク | ニッセイ基礎研究所 BMIと“ロコモ”~体格別にみた高齢期における疾病リスク 保険研究部 研究員 村松 容子最近、“ロコモ”という言葉をテレビや雑誌、インターネット等で頻繁に見かけるようになった。“ロコモ”とは、ロコモティブシンドロームの略で、「移動能力の低下をきたして、要介護になっていたり、要介護になる危険の高い状態」をいう。主に加齢によって、骨や関節等の運動機能不全が原因となっているため、症状が現れはじめるのは50歳を過ぎた頃か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ