「研究開発」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月30日ネスレ日本フィードバック数:0社会/政治

ミドルエイジ以降の世代の意識調査

企業情報企業情報ごあいさつ諸原則グローバル企業ネスレグローバルプレゼンス基本戦略ネスレ日本 会社概要ネスレの歩み品質と安全性よくある質問Investorsニュースニュースフィードピックアップニュースプレスリリース画像報道関係者様お問い合わせ研究開発研究開発ネスレのビジョンネスレのグローバルネットワークネスレ リサーチ東京環境サステナビリティ品質と安全性共通価値の創造共通価値の創造共通価値の創造とは?個人と家族のためコミュニティのため地球のため日本での取り組み報告書

2017年4月15日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

研究開発費の大きい「トップ300社」

研究開発費の大きい「トップ300社」はこれだ1位トヨタは「ケタ違い」の1兆円超! 東洋経済オンライン編集部ベテランから若手まで個性的な部員が揃う編集部。編集作業が中心だが、もちろん取材もこなします(画像はイメージです)。現在のスタッフはこちらを御覧ください。 トヨタ自動車が3月16日に発表し、販売を始めたレクサスブランドの超高級クーペ「LC500」。炭素繊維強化プラスチックなど高性能素材を採用、安全性も継続的に引き上げている(撮影:尾形文繁) 自動運転に人工知能、難病の特効薬、高性能な新素

2017年4月6日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コミュニケーションロボット市場に関する調査を実施(2017年)

2017年03月28日 コミュニケーションロボット市場に関する調査を実施(2017年) ~会話・動作複合型の新製品が相次ぎ投入され、市場を牽引~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のコミュニケーションロボット市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年1月~3月2.調査対象:コミュニケーションロボットメーカーやその研究開発に取り組む企業、関連団体、関係省庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<コミュニケーション

2016年10月10日楽々きれっとフィードバック数:0社会/政治

介護における排泄についてのアンケート

〈プレスリリース〉介護における排泄についてのアンケート結果を公表!本日、プレスリリースされた内容です。‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥介護を受けている方の3割以上は自分でお尻が拭けない‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥介護における排泄についてのアンケート結果を公表!最新型お尻拭き取りロボットを国際福祉機器展2016に出展!(株)岡田製作所は、2016年10月12日~14日に東京ビッグ

2015年6月30日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度発電用原子炉等利用環境調査(革新的原子炉の研究開発動向等に関する調査)報告書

平成26年度発電用原子炉等利用環境調査(革新的原子炉の研究開発動向等に関する調査)報告書

2015年6月25日経済産業省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発についてのレポートです。

我が国の産業技術に関する研究開発活動の動向 -主要指標と調査データ-(第15版)

我が国の産業技術に関する研究開発活動の動向-主要指標と調査データ-第15版平成27年6月経 済 産 業 省産業技術環境局技術政策企画室日本の産業技術を取りまく現状(目次)第1章 日本と海外主要国の研究開発活動1.1 研究開発活動概観1.1.1 研究費総額1.1.1.1 日本の研究開発費総額・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・51.1.1.2 主要国の研究開発費総額・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・61.1.1.3 主要国の研究開発費総額対GDP比・・・・・・・・・・

企業のR&Dについての調査です。

民間企業の研究活動に関する調査報告2014

「民間企業の研究活動に関する調査報告2014」[NISTEP REPORT No.163]の公表について当研究所では、「民間企業の研究活動に関する調査報告2014」を取りまとめました。1968年度より本調査を実施しており、2014年度調査は、研究開発を行っている資本金1億円以上の民間企業を対象に2014年11月から2015年2月にかけて実施しました。集計された民間企業は1,675社(回収率48.4%)でした。結果として、昨年度に比べて主要業種の社内研究開発費に増加傾向があること等が分かりました。

2015年6月7日日本政策投資銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍についてのレポートです。

研究開発分野における女性活用 ~イノベーション力向上と女性消費対応~

研究開発分野における女性活用 ~イノベーション力向上と女性消費対応~

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 システム科学分野

研究開発の俯瞰報告書2015年 システム科学分野

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 環境・エネルギー分野

研究開発の俯瞰報告書2015年 環境・エネルギー分野

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 情報科学技術分野

研究開発の俯瞰報告書2015年 情報科学技術分野

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 本編 概要版

研究開発の俯瞰報告書2015年 本編 概要版

2015年4月21日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況

総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況 報道資料特定電子メール等による電子メールの送受信上の支障の防止に資する技術の研究開発及び電子メールに係る役務を提供する電気通信事業者によるその導入の状況 総務省は、特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(平成14年法律第26号)第13条の規定に基づき「特定電子メール等による電子メールの送受信上の支

2015年4月7日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際比較です。

主要国における次世代製造技術の研究開発に係る政策動向

主要国における次世代製造技術の研究開発に係る政策動向

2015年3月31日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際比較です。

研究開発の俯瞰報告書(2013年)等に基づく科学技術力の国際比較 各国の科学技術力についてのマクロ的な考察

研究開発の俯瞰報告書(2013年)等に基づく科学技術力の国際比較 各国の科学技術力についてのマクロ的な考察

2015年3月31日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発型ベンチャーへの投資判断に関する調査研究

研究開発型ベンチャーへの投資判断に関する調査研究

2015年3月19日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

総務省の発表です。

不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況

報道資料不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況1 趣旨 不正アクセス行為の禁止等に関する法律(平成11年法律第128号。以下「不正アクセス禁止法」という。)第10条第1項の規定に基づき、国家公安委員会、総務大臣及び経済産業大臣は、不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況を公表する。 第10条 国家公安委員会、総務大臣及び経済産業大臣は、アクセス制御機能を有する特定電子計算機の不正アクセス行為からの防御に資するため、毎年少なくと

2014年12月29日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

中小企業を活用したイノベーション・システムの改革

新春特別コラム:2015年の日本経済を読む 中小企業を活用したイノベーション・システムの改革1. イノベーションのための中小企業への期待の高まり近年、海外で、中小企業など小さな組織が重要との研究が増えている。Langloisは、19世紀の終わりから大企業が成長し、規模の経済や範囲の経済で大きな組織が競争力を持つ時代が長く続いたが、これは20世紀の終わりに終焉し、むしろ専門特化してネットワークで外部と連携する規模の小さな企業が競争力を持つ時代になってきたと主張している(注1)。また、イノベーション

2014年10月5日文部科学省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

気候変動についてのレポートです。

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)第1作業部会(WG1)報告書(自然科学的根拠)

現在位置トップ > 科学技術・学術 > 分野別の研究開発 > 環境エネルギー分野における研究開発 > 計画・方針・報告書(環境エネルギー分野における研究開発) > 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)第1作業部会(WG1)報告書(自然科学的根拠)の和訳 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次評価報告書(AR5)第1作業部会(WG1)報告書(自然科学的根拠)の和訳IPCC第5次評価報告書第1作業部会報告書(自然科学的根拠)(平成25年9月27日公表)のうち、

企業のR&Dについての調査です。

民間企業の研究活動に関する調査報告2013

「民間企業の研究活動に関する調査報告2013」[NISTEP REPORT No.160]の結果公表について当研究所では、「民間企業の研究活動に関する調査報告2013」を取りまとめました。1968年度より本調査を実施しており、2013年度調査は、研究開発を行っている資本金1億円以上の企業を対象に2013年11月に実施しました。集計された企業は1,628社(回収率47.5%)でした。2013年度調査では、民間企業の研究開発の実施から収益獲得までの一連の動向を把握することを目的として、各企業の201

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年度設備投資計画調査の概要

2014年度設備投資計画調査の概要村上 敬亮 (経済産業省経済産業政策局調査課長) 日本政策投資銀行は、例年「設備投資計画調査」を取りまとめ発表しています。この調査は、わが国産業の設備投資の基本的動向を把握することを目的として、国内単体及び国内外連結の設備投資を調査・分析するもので、1956年より60年近くに亘り継続しています。また調査対象企業及び回答企業の数は、同種の調査としてはわが国最大規模です。今回のBBLセミナーでは、2014年8月発表予定の設備投資計画調査集計結果をもとに、企業の設備投

2014年8月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度グリーン自動車技術調査研究事業(自動車及び自動車関連技術に係る国内外の研究開発動向調査)調査報告書

平成25年度グリーン自動車技術調査研究事業(自動車及び自動車関連技術に係る国内外の研究開発動向調査)調査報告書

2014年8月12日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

企業調査です。

平成25年経済産業省企業活動基本調査確報

経済産業省企業活動基本調査平成25年企業活動基本調査確報-平成24年度実績-概況 のダウンロード企業の分布状況保有事業所の状況売上高の状況雇用の状況企業の設立、組織再編行為の状況 売上高と利益の状況売上高と費用の状況資産と利益の状況生産性の状況 売上高からみる本業比率の状況製造企業の展開状況卸売企業の展開状況小売企業の展開状況 子会社・関連会社の保有状況国内・海外子会社子会社の増加、減少海外子会社の地域別保有状況国内・海外子会社の分野別展開状況関係会社への投融資の状況売上高、モノの輸出額、仕入高

2014年8月3日経済産業研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

発明についての調査です。

発明の科学的源泉-発明者サーベイからの知見-

発明の科学的源泉-発明者サーベイからの知見-概要本研究では、日本の発明者を対象に、その発明の科学的な源泉についてアンケート調査を行った。調査結果によれば、約4分の1の発明において、過去15年程度の間に新たに利用可能となった科学技術文献や研究機器・試料が無ければ、研究開発自体の着想がなかったか、あっても実施が非常に困難であった。また、約3%の発明では大学や国公立研究機関との直接的な連携が、研究開発の実施に必須の役割を果たしていた。全体では約3分の2の発明において、科学的な成果が、発明の着想あるいは

2014年7月15日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

R&Dについてのレポートです。

研究開発の俯瞰報告書 本編 概要版(2013年)第2版

研究開発の俯瞰報告書 本編 概要版(2013年)第2版

2014年6月5日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

IT業界の突出人材を生むメカニズム

はじめにスマートフォン、SNS、クラウド、ビッグデータなどの登場が物語るように、ITは効率化やコスト削減の位置づけから、ビジネスに新しい価値を生み出すインフラへと変貌している。多くの企業でITを支えるエンジニアが重宝され、優秀なITエンジニアが世界中で活躍している。また、企業も優秀なエンジニアを獲得しようと世界中で人材獲得競争が激化している。ITエンジニアに対する人材ニーズは高く、優秀なエンジニアの人材確保を狙いとして格別の待遇を用意する企業も見られる。そういった状況のなか、一人前のITエンジニ

2014年6月3日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

論文発表動向です。

研究開発の俯瞰報告書(2013年)論文の動向から見る俯瞰対象分野

研究開発の俯瞰報告書(2013年)論文の動向から見る俯瞰対象分野

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度産業技術調査事業(多変量解析等を用いた研究開発動向分析及び海外における産業技術政策調査)

平成25年度産業技術調査事業(多変量解析等を用いた研究開発動向分析及び海外における産業技術政策調査)

2014年4月16日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発の俯瞰報告書 システム科学技術分野(2013年)第2版

研究開発の俯瞰報告書 システム科学技術分野(2013年)第2版

2014年4月16日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発の俯瞰報告書 ナノテクノロジー・材料分野(2013年)第2版

研究開発の俯瞰報告書 ナノテクノロジー・材料分野(2013年)第2版

2014年3月28日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

不正アクセスの発生状況です。

不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況

報道資料不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況1 趣旨不正アクセス行為の禁止等に関する法律(平成11年法律第128号。以下「不正アクセス禁止法」という。)第10条第1項の規定に基づき、国家公安委員会、総務大臣及び経済産業大臣は、不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況を公表する。 [参考]不正アクセス禁止法(抜粋)第10条 国家公安委員会、総務大臣及び経済産業大臣は、アクセス制御機能を有する特定電子計算機の不正アクセス行為か

2014年3月20日日本建設業連合会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度建設業における研究開発に関するアンケート調査結果報告書

刊行物詳細平成25年度建設業における研究開発に関するアンケート調査結果報告書※公開当初に乱丁がありました。お詫び申し上げます。 〒104-0032 東京都中央区八丁堀2丁目5番1号 東京建設会館8階

2014年3月14日日本銀行フィードバック数:0ビジネス

(論文)経営管理とR&D活動

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 経営管理とR&D活動—日韓インタビュー調査を元にした実証分析—2014年3月13日宮川努*1枝村一磨*2Kim YoungGak*3Jung Hosung*4要旨本稿は、2008年、2011−12年に日韓両国で実施された経営管理に関するインタビュー調査をもとに、両国の組織管理、人的資源管理などを比較するとともに、こうした経営管理が、研究開発行動にどのような関係にあるのかを考察した。インタビュー調査の結果から得られた経営

2013年9月19日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネルギー技術開発と企業価値

ノンテクニカルサマリー 省エネルギー技術開発と企業価値 枝村 一磨 (科学技術政策研究所) 岡田 羊祐 (一橋大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 新しい産業政策プログラム (第三期:2011~2

企業のR&Dについての調査です。

民間企業の研究活動に関する調査報告2012

「民間企業の研究活動に関する調査報告2012」[NISTEP REPORT No.155]の結果公表について当研究所では、「民間企業の研究活動に関する調査報告2012」を取りまとめました。1968年度より本調査を実施しており、2012年度調査は、研究開発を行っている資本金1億円以上の企業を対象に2012年11月~12月に実施しました。集計された企業は1,434社(回収率44.3%)でした。2012年度調査では、民間企業の研究開発の実施から収益獲得までの一連の動向を把握することを目的として、各企業

2013年8月1日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)わが国対内直接投資の現状と課題

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 わが国対内直接投資の現状と課題2013年7月31日日本銀行調査統計局本田大和※1尾島麻由実※2鈴木信一※3岩崎雄斗※4要旨対内直接投資は、有形・無形の経営資源の流入を通じ、投資受入国の生産性にプラスの効果をもたらしうる。国際資本移動の活発化を反映し、世界全体の直接投資残高が大きく増加するなかで、わが国の対内直接投資残高も、2000年頃から、明確に増加してきた。しかし、近年では、こうした傾向に一服感がみられている。また、

競争優位を確保し 第五位の工作機械生産国へ

2011年、台湾国内の工作機械総生産額は1642億台湾ドルで、平均年間成長率は約24.58%であった。2010年には景気が好転し始め、工作機械の需要は伸びたが、2011年下半期はユーロ危機の影響を受けて、ヨーロッパ市場は再び金融危機に陥る可能性がある。アメリカ市場は経済刺激策と債務上限方案の可決により、製造業で新たな改革の兆しが見え始めているものの、アメリカ市場の需要は2011年下半期以来、明確な成長の様相を呈していない。従って、ヨーロッパやアメリカが景気回復へ向かうのはアジア各国よりも遅れるも

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)における事業化成功事例集

本資料では、これまでに戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)を活用し、その研究開発の成果が事業化された一例をご紹介します。戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)における事業化成功事例集関東経済産業局−− 製造産業課 −−戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)における事業化成功事例集目 次1. 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の概要1-1 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)のスキーム41-2 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の事業化成功率51-3

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度戦略的技術開発(小型化等による先進的宇宙システムの研究開発)(繰越事業)

平成22年度戦略的技術開発(小型化等による先進的宇宙システムの研究開発)(繰越事業)

自治体対象の調査です。

教育振興基本計画・プランについてのアンケート調査

2013/05/23【本調査について】政策研究事業本部(名古屋) 研究開発部 主任研究員 岩室秀典【関連業務について】政策研究事業本部(東京) 経済・社会政策部 副主任研究員 高路地修平政策研究事業本部(名古屋) 研究開発部 主任研究員 岩室秀典政策研究事業本部(大阪) 研究開発第1部 主任研究員 善積康子 各自治体の教育振興の取組の指針となる「教育振興基本計画・プラン」について、現状と課題について研究するため、策定主体である自治体の教育委員会等にアンケート調査を実施し、その結果をとりまとめまし

2013年4月3日産業能率大学★★フィードバック数:6製造業/エレクトロニクス

製造業管理職の意識調査です。

日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査

日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査 学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、従業員数1000人以上の企業に勤める研究開発、製造、生産技術など技術系部門の管理職(課長および部長)に対して、課題認識を尋ねる調査を実施しました。調査は2012年12月19日から25日まで、インターネット調査会社を通じてインターネットリサーチで実施しました。 結果概要市場競争の激しさ 認識強く市場環境の認識について、「市場競争の激しさ」「顧客ニーズの変化」「業界でみた新製品・サービスの変革度(10年前との

2013年3月30日総務省★フィードバック数:14セキュリティ/ネットワーク

発生、検挙の状況です。

不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況

報道資料不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況1 趣旨不正アクセス行為の禁止等に関する法律(平成11年法律第128号。以下「不正アクセス禁止法」という。)第10条第1項の規定に基づき、国家公安委員会、総務大臣及び経済産業大臣は、不正アクセス行為の発生状況及びアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況を公表する。[参考]不正アクセス禁止法(抜粋) 第10条 国家公安委員会、総務大臣及び経済産業大臣は、アクセス制御機能を有する特定電子計算機の不正アクセス行為から

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ