調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 研究開発投資

「研究開発投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年8月4日アクセンチュアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

Machine dreams: Making the Most of the Connected Industrial Workforce

Skip to main content Skip to Footer2016年7月26日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――世界の製造事業者の多くはAI関連技術への投資を強化する意向を持ちつつも、デジタル技術を最大活用していく準備が整っていないことが判明自動車メーカーと産業機器メーカーの「コネクテッド・インダストリアル・ワークフォース」への研究開発費は、今後5年間で最大2,200億ユーロに 【ドイツ・ハノーファー発】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、自動車メーカ

2015年6月17日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発税額控除は研究開発投資を促進するか?―資本コストと内部資金を通じた効果の検証―

研究開発税額控除は研究開発投資を促進するか?―資本コストと内部資金を通じた効果の検証― 細野 薫(ファカルティフェロー)布袋 正樹(関西国際大学)宮川 大介(一橋大学)概要研究開発税額控除制度の利用は2つのチャネルを通じて研究開発投資を促進する。具体的には、現在における研究開発税額控除の利用は、資本コストの低下を通じて研究開発投資を促進する一方で、過去における研究開発税額控除の利用は、内部資金の増加による資金制約の緩和を通じて研究開発投資を促進する。本研究では、こうした「2つチャネル」という観点

規制が企業の研究開発活動に与える影響

「規制が企業の研究開発活動に与える影響」[DISCUSSION PAPER No.122]の公表について当研究所では、「民間企業の研究活動に関する調査」の個票データとJIPデータベースによる規制指標を用いて、日本の製造業を対象に、規制が企業の研究開発活動に与える影響を分析しました。その結果、規制緩和は、製造業全体に対しては研究開発投資を抑制させつつ、社外支出の割合を増やす傾向が確認されました。詳細については、以下のリンクより御覧ください。

2014年5月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度産業技術調査事業 「我が国企業におけるイノベーションに向けた研究開発投資の効果に関する調査」 報告書・概要資料

平成25年度産業技術調査事業 「我が国企業におけるイノベーションに向けた研究開発投資の効果に関する調査」 報告書・概要資料

2014年5月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度産業技術調査事業(研究開発税制の利用状況及び経済波及効果に関する調査)報告書

経済産業省委託調査平成 25 年度産業技術調査事業(研究開発税制の利用状況及び経済波及効果に関する調査)<報告書>平成26年2月iii目 次第1章 研究開発税制の利用実態等に関するアンケート調査結果 .....11. 実施概要 ........................................................................................................................................

2013年7月28日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度産業技術調査(研究開発税制の利用状況及び経済波及効果に関する調査)<報告書>

経済産業省委託調査平成 24 年度産業技術調査事業(研究開発税制の利用 状況及び経済波及効果に関する調査)<報告書>平成25年2月はじめに本調査研究は、平成 24 年度に三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社が経済産 業省の委託調査として実施したものであり、研究開発税制の利用状況及び経済波及効果に 関する分析を目的としている。 研究開発税制は、我が国の研究開発投資総額の約 7 割を占める民間企業の研究開発投資 を維持・拡大することにより、イノベーションの加速を通じた我が国の成長力・国際

研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定についての海外動向に関する調査

トップ » 調査研究成果公表 » 「研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定についての海外動向に関する調査」[調査資料-219]の結果公表について 「研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定についての海外動向に関する調査」[調査資料-219]の結果公表について科学技術政策研究所では、文部科学省の科学技術イノベーション政策における「政策のための科学」推進事業の一環として、研究開発投資の経済的・社会的波及効果の測定手法についての海外動向に関する調査を行っています。近年、欧米諸国では国や地域の競争

2009年2月23日NTTレゾナント★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の研究開発の動向に関する調査結果です。

「金融危機下の研究開発の方向性」に関するアンケート調査

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ 6割が研究開発投資の凍結・見直しを実施。研究開発機能の売却に関心高まる 報道発表資料 平成21年2月18日gooリサーチ結果 (No.177)「金融危機下の研究開発の方向性」に関するアンケート調査結果~6割が研究開発投資の凍結・見直しを実施。研究開発機能の売却に関心高まる。来期以降は「一部削減を進め、優先順位を明確にした投資」を重視~ 国内最大級のインターネットアンケート・サービス「gooリサーチ」(*1)を共同で

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ