「研究院」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年5月10日GfKフィードバック数:0社会/政治

今の生活を楽しむか、将来の資産作りを優先するか GfKのグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要がありますGfK出席中关村在线技术论坛,论述如何持续创新推动行业发展 1月20日由中关村在线举办的“科技无疆”ZOL技术论坛暨年度科技产品颁奖盛典在北京召开。论坛邀请到微软亚洲研究院副院长张益肇博士等百位行业专家共同探讨行业趋势,以权威视角探寻智能、后PC、移动三大生态圈的市场驱动力。 张益肇博士致辞:人工智能时代三种属性微软认为人工智能时代有人工智能、聚合智能、自适应智能和隐形智能这几个属性。

韓国労働研究院(KLI)が2015年の雇用展望を公表

韓国労働研究院(KLI)が2014年10月末までの統計を基にとりまとめた、2015年の雇用展望の概要を紹介する。2014年の労働市場についてKLIによる2014年の労働市場の評価は次のとおりである。2014年1月から10月までの間の就業者の増加数は、前年同期比で554,000人であった。年齢別の内訳では、10代(15~19歳)では24,000人の増加、20代では59,000人の増加、30代では19,000人の減少、40代では45,000人の増加、50代では246,000人の増加、60歳以上で19

韓国 2014年上半期の労働市場の概要

2014年上半期(1月~6月)の労働市場について、韓国労働研究院(KLI)が各種統計データを基にレポートを公表した。以下にその概要をとりまとめる。上半期の労働市場の概観と特徴2014年上半期の就業者数は、前年同期との対比で59万7000人増加し(2013年1月~6月の就業者数は2475万5000人、2014年1月~6月のそれは2535万2000人)、世界金融危機以降、最も大幅に増加した。景気低迷期にあった2013年上半期の就業者は、前年同期比で29万人の増加にとどまった(図表)が、下半期以降は、

依然大きい「期間制」と「正規」の賃金格差-韓国労働研究院が発表

依然大きい「期間制」と「正規」の賃金格差 韓国労働研究院は2月5日、「期間制労働と正規労働の賃金格差の推移」と題する調査結果を発表した。それによると、雇用契約期間に定めのある期間制労働者の2012年の平均賃金(月額)は、正規労働者の62.8%の水準だった。時間制労働者と派遣などの非典型労働者を加えた非正規労働者全体では56.6%の水準にとどまる。なお、2012年8月時点の非正規労働者数は591万1000人で、全雇用労働者数1773万4000人の33.3%を占めている。「期間制」の賃金水準は「正規

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ