調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 社会インフラ

「社会インフラ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年8月24日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

社会インフラ向けIT市場に関する調査結果 2015

2015年08月24日 社会インフラ向けIT市場に関する調査結果 2015 ~インフラ老朽化や要員不足等により、インフラモニタリング業務へのIT導入の期待が高まる~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の社会インフラ向けIT市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年1月~7月2.調査対象:官公庁(国土交通省、経済産業省、総務省等)、公的機関(産業技術総合研究所、土木研究所、国土技術総合研究所、各種業界団体)、IT 事業者/SIer(システムインテグレーター)、通信事業者、建設事

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(社会インフラのスマート化に関する水道事業におけるIT活用ならびに他インフラとの連関による事業可能性の調査研究)調査報告書

平成26年度我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(社会インフラのスマート化に関する水道事業におけるIT活用ならびに他インフラとの連関による事業可能性の調査研究)調査報告書

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

新下水道ビジョンとスマートな水循環

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国土交通省は、下水道に関わる新たな長期ビジョンや10年程度の中期的な施策を盛り込んだ「新下水道ビジョン」を策定した。下水道に関するビジョンとしては、これまでにも「下水道ビジョン2100」(平成17年)や「下水道中期ビジョン」(平成19年)が策定されているが、今回の新下水道ビジョンは、インフラの老朽化や財政・人材の制約、気候変動の影響や大規模災害発生リスクの増大など、社会経済情勢や地球環境の変化などを踏

2014年7月7日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第4回

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) 水素社会の兆し ◆水素エネルギーの利用に関する取組みは継続して進められてきており、国による主要な事業費用の合計は2003~2013年度で3,000億円以上に及ぶ。水素の需要・供給それぞれの技術にある程度の目途が立ち、水素社会の実現に向けて動き出そうとしている。◆電気自動車は、車両購入に対する国の助成や、充電インフラ整備に対する官民それぞれの補助によって市場環境が整い

2014年6月18日特許庁フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

特許出願技術動向調査等報告 社会インフラメンテナンス技術

平成25年度特許出願技術動向調査報告書(概要)社会インフラメンテナンス技術平成26年2月特許庁問い合わせ先特許庁総務部企画調査課 技術動向班電話:03-3581-1101(内線2155)巻頭言座長 藤野 陽三我が国のインフラは、1960 年代からはじまる高度成長期に集中的に整備され、その総額は約800兆円に達している。高度成長期から半世紀を迎えようとしている現在、道路、橋梁、建築物等の多くのインフラが高齢化し、早急な維持管理、補修、更新が求められている。そのような中、2012年12月に起こった笹

2012年9月28日IPA★フィードバック数:4企業情報システム

社会インフラとしてのネット/クラウドについてのレポートです。

クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果

クラウドの浸透実態と緊急時対応における課題に関する調査結果について更新日 2012年10月9日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター  IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は、日本においてクラウドコンピューティング(*1)(以下「クラウド」)が各方面で広く使われるようになりつつある現状を踏まえ、社会インフラとして平時の生活や経済活動を支えている点や、緊急時の情報インフラとしての機能を期待できることに対応して、クラウドが停止したときの影響の評価や、クラウドの機能を緊急時や災害

社会インフラにおける停止許容時間についての調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ