調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 社会保障改革

「社会保障改革」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

骨太方針:成長重視の功罪と当面の財政政策への示唆 ~「成長重視」であればこそ、社会保障改革の早期実施が必要だ~

骨太方針:成長重視の功罪と当面の財政政策への示唆 ~「成長重視」であればこそ、社会保障改革の早期実施が必要だ~

2015年2月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

四半世紀振りの環境整う日本経済 ~原油安ボーナス期に鍵を握る成長戦略・社会保障改革への踏み込み~

四半世紀振りの環境整う日本経済 ~原油安ボーナス期に鍵を握る成長戦略・社会保障改革への踏み込み~

2014年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

解散総選挙と消費税先送りリスク ~万一のときの影響を考える~

Economic Trends経済関連レポート解散総選挙と消費税先送りリスク発表日:2014年11月12日(水)~万一のときの影響を考える~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)現時点では、観測の段階であるが、衆議院が解散されて、そこでは消費税の予定を見直す可能性が語られている。万一、消費税再増税のスケジュールが見直されたときには、様々な影響が予想される。消費税増税を先送りしたとき、景気対策を打たなくて済むようになり、自然増収が債務返済に充てられれば財政再建

デフレ脱却後の財政健全化に向けた課題

2014年09月24日○日本の国と地方の基礎的財政収支は、1990年代前半以降、赤字が続いており、2009年度以降は、赤字幅は大きく拡大した。それに伴い、国と地方の長期債務残高は急速に増加している。社会保障基金を含めた一般政府ベースの債務残高のGDP比は、先進国の中で最も高い水準にある。○厳しい財政状況の下、財政の持続可能性を確保するとともに、社会保障の安定財源を確保するため、社会保障と税の一体改革が実施された。消費税率が5%から10%に引き上げられると、消費税収は14.1兆円増加すると見込まれ

2014年4月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【税・社会保障改革シリーズ No.16】子ども・子育て支援新制度の課題

【税・社会保障改革シリーズ No.16】子ども・子育て支援新制度の課題

2013年10月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【税・社会保障改革シリーズ No.15】租税特別措置の実態と分析-租特による減収額は国・地方で最大1.2兆円

【税・社会保障改革シリーズ No.15】租税特別措置の実態と分析-租特による減収額は国・地方で最大1.2兆円

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ