「社会制度」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月21日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

白書です。

平成27年版男女共同参画白書

男女共同参画白書 平成27年版 I 平成26年度男女共同参画社会の形成の状況 (コラム) II 男女共同参画社会の形成の促進に関する施策 第1部 平成26年度に講じた男女共同参画社会の形成の促進に関する施策 第1章 男女共同参画社会に向けた施策の総合的な推進第2章 政策・方針決定過程への女性の参画の拡大第3章 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し,意識の改革第4章 男性,子供にとっての男女共同参画第5章 雇用等の分野における男女の均等な機会と待遇の確保第6章 男女の仕事と生活の

2014年6月17日内閣府★フィードバック数:0キャリアとスキル

白書です。

男女共同参画白書 平成26年版

男女共同参画白書 平成26年版 1 平成25年度男女共同参画社会の形成の状況 (コラム) 2 男女共同参画社会の形成の促進に関する施策 第1部 平成25年度に講じた男女共同参画社会の形成の促進に関する施策 第1章 男女共同参画社会に向けた施策の総合的な推進第2章 政策・方針決定過程への女性の参画の拡大第3章 男女共同参画の視点に立った社会制度・慣行の見直し,意識の改革第4章 男性,子どもにとっての男女共同参画第5章 雇用等の分野における男女の均等な機会と待遇の確保第6章 男女の仕事と生活の

2013年11月27日東京ガスフィードバック数:0ライフスタイル要登録

男性の育児・家事の意識と実態~育児現役世代と育児卒業世代の比較~

レポート詳細男性の育児・家事の意識と実態~育児現役世代と育児卒業世代の比較~中学・高校家庭科の男女必修や男女雇用機会均等法の改正など、男女平等に関する教育・社会制度は変化を遂げているが、家庭における役割分担の意識や実態は変わったのだろうか。本レポートでは、育児現役世代の20~40代男性を中心に、育児卒業世代の50~60代との比較を踏まえながら、育児および家事の役割分担に関する実態と意識について明らかにした。 ■育児・家事に関する意識は、育児現役世代男性の方が高く、育児に関しては妻の認識も一致し

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

アクセストップ10

ランキングINDEXへ
  1. ライフスタイル
    社員食堂に関する調査
  2. ★ ライフスタイル
    ビジネスパーソンのランチと社員食堂に関する調査
  3. ★ 大型消費/投資
    バレンタイン予測 2018
  4. ★ 企業情報システム
    700社以上の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」結果 中堅企業の8割が働き方改革に着手、一方で3割がセキュリティ事故の被害経験ありで対策が急務
  5. ★★ マーケティング
    サイバーエージェント、インフィード広告市場調査を実施
  6. ★★ 企業情報システム
    企業の2018年ITの最重点投資分野は「クラウドサービス」「人工知能(AI)」、「IoT/M2Mソリューション」への投資が拡大 「人工知能(AI)」への事業活用に5割の企業が関心 過半数の企業が活用意向を示す~「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2018」より~
  7. ★ ライフスタイル
    社員食堂が1位!平均418円のエンジニア・ランチ事情
  8. ライフスタイル
    イマドキ女性の節約意識に関する調査2018
  9. 社会/政治
    イマドキ高校生、親世代より「忙しい」…理由にギャップ
  10. ★★ マーケティング
    マーケティング・販促・広報の仕事をしている735名に対して、2018年予算を増やしたい「Web広告」の調査を実施。
 

お知らせ