「社会参加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年1月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成29年度県政世論調査

ここから本文です。平成29年度県政世論調査の結果がまとまりました この調査は、県民の皆さんの県政に対するご要望やご意見、生活に関する意識を伺い、県政に反映するために行っているものです。今年度は「生活全体の満足度」や「県政への要望」などの定期調査に加え、「シニアの社会参加」や「性的少数者(LGBT)」についての課題調査を行いました。県広聴広報課(電話:048-830-2850 ファックス:048-822-9284)調査方法【調査期間】7月7日から31日【調査対象】無作為に抽出した県内在住の満18歳

2017年4月9日東京都フィードバック数:0社会/政治

社会参加に関する障害者等の意識調査

ここから本文です。「社会参加に関する障害者等の意識調査」の結果東京都では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として障害者の一層の社会参加の促進を図るため、スポーツ大会や文化事業等に関する障害者等の意識を把握し、施策の充実の検討に資することを目的として、「社会参加に関する障害者等の意識調査」を実施しました。主な調査結果について、報告書としてまとめましたので、お知らせします。(※報告書概要版は別紙(PDF:1,872KB))1 調査結果の主なポイント1) スポーツや文化、芸術活動

2015年4月24日第一生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

専業主婦対象の調査です。

女性の活躍推進の多様なあり方 ~首都圏・近畿圏在住の子どものいる専業主婦1,000 名に聞いた『女性の就労・社会参加に関するアンケート調査』より

女性の活躍推進の多様なあり方 ~首都圏・近畿圏在住の子どものいる専業主婦1,000 名に聞いた『女性の就労・社会参加に関するアンケート調査』より

2015年2月20日奈良県★フィードバック数:0キャリアとスキル

奈良県の調査です。

女性の社会参加に関する意識調査

グローバルメニュートップページ奈良県の紹介くらし・環境教育・人権・交流保健・医療・福祉しごと・産業県政情報県の組織

2015年1月12日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

首都圏・近畿圏在住の子どものいる専業主婦1,000名に聞いた『女性の就労・社会参加に関するアンケート調査』

首都圏・近畿圏在住の子どものいる専業主婦1,000名に聞いた『女性の就労・社会参加に関するアンケート調査』

2014年6月15日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

老後の備えについての調査です。

平成25年度 高齢期に向けた「備え」に関する意識調査結果(概要版)

平成25年度 高齢期に向けた「備え」に関する意識調査結果(概要版)1 調査の目的平均寿命が延びて人生が長期化した現在、将来を見据えて、健康や能力開発、社会参加、資産等について「人生90年時代」への備えが必要となっている。しかしながら、様々な制度等は「人生65年時代」を前提として設計されていることから、高齢期に向けた準備が不足していると考えられる。本調査研究では、今後高齢期を迎える世代の「高齢期への備え」に関する意識と現状について把握、分析するとともに、備えの阻害となる要因等について分析し、「人

2014年6月15日内閣府★★★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

平成26年版高齢社会白書

平成26年版高齢社会白書(全体版)(PDF形式)平成25年度 高齢化の状況及び高齢社会対策の実施状況(1)今後半世紀で世界の高齢化は急速に進展(2)我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えている第2節 高齢者の姿と取り巻く環境の現状と動向(1)高齢者のいる世帯は全体の4割、そのうち「単独」・「夫婦のみ」世帯が過半数(4)女性の有配偶率は5割弱だが上昇傾向(1)暮らし向きに心配ないと感じる高齢者は約7割(2)高齢者世帯は、世帯人員一人当たりの年間所得が全世帯平均と大きな差はなく、約7

2014年4月15日東京大学★フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者の社会活動についての調査です。

高齢者の社会参加の実態とニーズを踏まえた社会参加促進策の開発と社会参加効果の実証に関する調査研究

高齢社会共創センター創設記念 シンポジウム「長寿社会を共創する」リポート<高齢社会共創センター創設記念 シンポジウム「長寿社会を共創する」リポート> 2017年11月16日(木)、東京大学伊藤国際学術研究センター・伊藤謝恩ホールで、高齢社会総合研究機構+高齢社会共創センター主催のシンポジウム […]経済学部・岩本康志教授、第60回日経・経済図書文化賞受賞!GLAFSのプログラム担当教員でもある経済学部の岩本康志教授が近著『健康政策の経済分析: レセプトデータによる評価と提言』(共著)で第60回日

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(社会参加型のニューグリーンプロダクト創出に向けた調査事業)報告書

平成23年度地球温暖化問題等対策調査(社会参加型のニューグリーンプロダクト創出に向けた調査事業)報告書

2013年6月26日内閣府★フィードバック数:118社会/政治

今年も発表されました。

障害者白書(平成25年版)

障害者白書障害者白書とは障害者白書は、障害者基本法(昭和45年法律第84号)第13条に基づき、平成6年から政府が毎年国会に提出する「障害者のために講じた施策の概況に関する報告書」です。 白書の構成平成30年版障害者白書第1章 障害者施策の総合的かつ計画的な推進-新たな障害者基本計画(第4次)の策定-第2章 障害のある人に対する理解を深めるための基盤づくり第3章 社会参加へ向けた自立の基盤づくり第4章 日々の暮らしの基盤づくり第5章 住みよい環境の基盤づくり第6章 国際的な取組入手方法全国の政府刊

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ