「社会問題」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年3月15日博報堂フィードバック数:0社会/政治

2017年 生活者の社会意識調査

NEWS博報堂研究開発局、 「2017年度生活者の社会意識調査」を実施 2017年03月10日・約8割の生活者が社会問題に「関心がある」と回答。割合は年々低下傾向 ・関心が高いのは「年金制度・老後の生活」「高齢介護・医療体制」「インターネット犯罪」など ・生活者の4割程度が「社会・環境に配慮している商品」を購入 博報堂研究開発局では生活者に関する様々な調査・研究を実施しておりますが、その一環として、生活者の社会意識や社会行動などについて研究分析するため、2010年より「社会意識・行動に関する調査

2016年6月24日カゴメフィードバック数:0ライフスタイル

小学生のお通じに関する調査

企業情報トップ ニュースリリース 2016年社会問題化する子どもの便秘実態を把握するため、小学生1,718名を対象にアンケート「小学生のお通じに関する調査」毎日お通じがある子どもは約6割に留まることが明らかに! カゴメ株式会社からのニュースリリースです。 掲載された情報は発表当時のものです。価格などは変更される場合があります。社会問題化する子どもの便秘実態を把握するため、小学生1,718名を対象にアンケート 「小学生のお通じに関する調査」 毎日お通じがある子どもは約6割に留まることが明らかに!

理科、科学についての調査です。

高校生の科学等に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較-

高校生の科学等に関する意識調査報告書-日本・米国・中国・韓国の比較-1 調査の目的2 調査内容3 調査方法等4 調査対象者の基本属性1 自然や科学への興味や関心2 自然や科学に関する学習3 自然や科学で心に残った出来事4 科学や社会問題への関心5 科学や技術に対する評価6 体験的学習と科学や社会問題への関心との関係1 観察や実験に関する意識2 理科の自由研究3 理科に関する意識4 希望する理科の授業国立青少年教育振興機構 青少年教育研究センター長 明石 要一資料 Copyright (C

社会問題についての意識調査です。

日本社会が取り組むべき問題 オムニバス調査2012にみる首都圏生活者の社会問題意識

オムニバス調査21分析レポート◯(公財)吉田秀雄記念事業財団では広告・広報・メディアを中心とするマーケティングおよびコミュニケーションの研究に資するためオムニバス調査を毎年実施しています。本レポートではオムニバス調査の内容を理解していただくとともに、調査結果データを研究者の方々が自由に使い、幅広く研究に活用していただくために、分析事例をシリーズで紹介しています。今回は日本社会が取り組むべき問題についての分析です。日本社会が取り組むべき問題オムニバス調査2012にみる首都圏生活者の社会問題意識−−

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ