「社会復帰」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年3月1日ワイズフィードバック数:0ライフスタイル

脳卒中経験者の生活調査

脳卒中経験者の生活調査2016年2月24日脳卒中経験者の退院後の悩み: “後遺症あり”の2人に1人が「リハビリする場所がない」「社会復帰願うもできない」実情浮き彫りに脳卒中の後遺症に特化した実費型リハビリ施設『脳梗塞リハビセンター』を運営する株式会社ワイズ(所在:東京都中央区、代表:早見泰弘)及びNPO法人脳梗塞リハビリ研究会(所在:東京都中央区、代表:上杉謙太郎)は、脳卒中経験者の退院後の生活実態を明らかにするため脳卒中経験者とその家族を対象に調査を実施しました。 調査背景脳卒中になり病院を退

2014年12月21日消防庁★フィードバック数:0社会/政治

年間のまとめです。

平成26年版 救急・救助の現況

平成 26 年 12 月 19 日消防庁平成 26 年版 救急・救助の現況消防庁では、全国の救急業務及び救助業務の実施状況等について、毎年調査を実施しております。今般、「平成 26 年版 救急・救助の現況」(救急蘇生統計を含む。)を取りまとめましたので、公表します。1 救急出動件数及び搬送人員ともに過去最多を更新平成 25 年中の救急自動車による救急出動件数は 590 万 9,367 件(対前年比 10 万 6,922 件増、1.8%増)、搬送人員は 534 万 117 人(対前年比 8 万 9

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ「再犯社会」が問う高齢社会像-「安全社会」から「安心社会」へ 社会研究部 主任研究員 土堤内 昭雄基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年3月末、旧ライブドアの元社長、“ホリ

2013年11月21日GEヘルスケア★★フィードバック数:0ライフスタイル

健康や介護についての調査です。

第26回 GE ヘルシーマジネーション・フォーラム 生活者調査

医療課題の解決に取り組むヘルスケアカンパニー、GEヘルスケア・ジャパン株式会社(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:川上潤)は、この度「第26回GEヘルシーマジネーション・フォーラム」を実施し、その一環として行った「生活者調査」の結果を発表しました。GEヘルシーマジネーション・フォーラムは、超高齢社会における医療課題について、様々なステークホルダーとともに考え、解決に向けて議論をすることを趣旨として開催するものです。「在宅医療・介護」を主テーマとした今回の生活者調査では、高齢者(60歳以

「再犯社会」が問う高齢社会像 -「安全社会」から「安心社会」へ

「再犯社会」が問う高齢社会像 -「安全社会」から「安心社会」へ | ニッセイ基礎研究所 「再犯社会」が問う高齢社会像 -「安全社会」から「安心社会」へ 社会研究部 主任研究員 土堤内 昭雄基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今年3月末、旧ライブドアの元社長、“ホリエモン”こと、堀江貴文さんが収監先の長野刑務所から仮釈放された。昨年、その獄中生活を描いた「刑務所なう

2012年12月3日消防庁フィードバック数:59社会/政治

平成24年版 救急・救助の現況

平成 24 年 11 月 30 日消防庁平成 24 年版 救急・救助の現況消防庁では、全国の救急業務及び救助業務の実施状況等について、例年調査を実施しております。今般、「平成 24 年版 救急・救助の現況」(救急蘇生統計を含む。)を取りまとめましたので、公表します。1 救急出動件数、搬送人員とも過去最多を記録平成 23 年中の救急自動車による救急出動件数は 570 万 7,655 件(対前年比 24 万 3,973 件増、4.5%増)、搬送人員は 518 万 2,729 人(対前年比 20 万

2011年12月19日消防庁フィードバック数:4社会/政治

平成23年版 救急・救助の現況

平成23年12月16日消防庁平成23年版 救急・救助の現況消防庁では、全国の救急業務及び救助業務の実施状況等について、例年調査を実施しております。今般、「平成23年版 救急・救助の現況」(救急蘇生統計を含む。)を取りまとめましたので、公表いたします。《資料》「平成23年版 救急・救助の現況」ポイント…別添のとおり※「平成23年版 救急・救助の現況(本文)」は消防庁ホームページ(http://www.fdma.go.jp/)に掲載しています。(連絡先)救急企画室救急連携係担当:長谷川専門官、伊藤係

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ