調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 社会経済研究所

「社会経済研究所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月4日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国際比較です。

電気料金の国際比較-2014年までのアップデート-

電気料金の国際比較-2014年までのアップデート-要約 本資料は、電力中央研究所報告 Y11013 「電気料金の国際比較と変動要因の解明 −主要国の電気料金を巡る事情を踏まえて−」 の料金の国際比較部分のデータを2014年までアップデートするとともに、料金水準に影響を与える要因である各国の電源構成や、電気料金の構成比(欧州のみ)など、基礎的な情報について追加したものである。また、電気事業のシステム改革に続いて、ガス事業についても自由化が進展すると見込まれており、わが国においても「総合エネルギー企

21世紀わかやま Vol.79

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp 21世紀わかやま Vol.79目次インタビュー寄稿キリンビールマーケティング(株) 和歌山支社長 伊村 正明 研究成果報告前(一財)和歌山社会経済研究所 研究部長 畑山 善生 (一財)和歌山社会経済研究所 主任研究員 中平 匡俊 レポート&エッセイ前(一財)和歌山社会経済研究所 研究部長 ��田

2015年4月24日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コストの分析です。

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価要約 2015年4月現在、総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 長期エネルギー需給見通し小委員会でエネルギーミックスが検討されており、CO2を排出しない再生可能エネルギー発電(再エネ発電)と原子力発電の比率が論点の一つになっている。本報告では、再エネ発電と原子力発電の比率を変化させ、2030年の発電費用への影響を評価する。評価には、太陽光発電等の大量導入時のLFC(負荷周波数調整)確保や火力電源・蓄電の運転モードを考慮して、全国大で2030年

和歌山県でのBCPについてのまとまった調査です。

県内事業者のBCP取組みの実態

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp 県内事業者のBCP取組みの実態 研究部長大門 忠志はじめに「BCP」という言葉は、かなり以前から取りざたされている。上場企業においては、人も資金もある中、ある程度の対策はすすんでいるものの、中小企業の事業者においては、聞いたことはあるが実際それがどのようなもので、何をするのかを知っている人は少ないの

2014年11月23日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

省エネの見通しです。

業務・家庭部門の省エネの見通しについて-2030年までの将来展望のためのシナリオ分析-

業務・家庭部門の省エネの見通しについて −2030年までの将来展望のためのシナリオ分析−要約 2014年4月に新しいエネルギー基本計画が閣議決定されたものの、将来のエネルギー需給の定量的な姿については、未だ示されていない。当所では、震災直後に、2030年までの産業構造・エネルギー需給展望を開始した(浜潟他(2013))。しかし多くの不確定要素がある中での展望であったために、様々な検討課題が残った。中でも、震災直後の節電の定着への関心の高まりに見られるように、省エネの将来見通しには大きな不確実性が

2014年10月16日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電力需要についてのレポートです。

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察

産業用・業務用電力需要の動向把握 「都道府県別エネルギー消費統計」を用いた予備的考察 要約 従来使用されてきた「電気事業便覧(電力統計情報)」のデータでは,2000年の電力自由化以降,契約電力が一定規模以上の需要家の電力需要が「特定規模需要」として一括計上されており,それゆえ,産業部門と業務部門の電力需要を分割し,経済分析を行うことが困難となってきた。そこで,本稿では近年新たに整備された「都道府県別エネルギー消費統計」のデータを10地域別に集計し,産業部門と業務部門における電力需要の経済分析を行

21世紀わかやま Vol.77

和歌山社会経済研究所〒640-8033和歌山市本町2丁目1番地フォルテワジマ6階TEL : 073-432-1444FAX : 073-424-5350E-mail : info@wsk.or.jp 21世紀わかやま Vol.77目次インタビューアイエススプリンクラー(株)代表取締役 久保 政延 巻頭言寄稿JR西日本旅客鉄道(株)執行役員・ 鉄道本部施設部長(前和歌山支社長) 半田 真一 研究成果報告(一財)和歌山社会経済研究所 研究部長 藤本 幸久 (一財)和歌山社会経済研究所 主任研究員

2014年5月13日電力中央研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電気料金の国際比較です。

電気料金の国際比較‐2013年までのアップデート‐

電気料金の国際比較‐2013年までのアップデート‐要約 本資料は、電力中央研究所報告 Y11013 「電気料金の国際比較と変動要因の解明 −主要国の電気料金を巡る事情を踏まえて−」 の料金の国際比較部分のデータを2013年までアップデートするとともに、近年のわが国の電気料金動向に関連する基礎データをまとめたものである。 また、国際比較のアップデートに関する参考資料として、換算方法を変更した場合や、物価を考慮した場合など、複数のケースについて示し、それらが国際比較にどのような影響を与えるかについて

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ