調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 社会課題解決

「社会課題解決」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月22日富士通フィードバック数:0企業情報システム

グローバル市場開拓におけるインクルーシブビジネスの活用 ―ICT企業のインクルーシブビジネスモデルの構築―

グローバル市場開拓におけるインクルーシブビジネスの活用 ―ICT企業のインクルーシブビジネスモデルの構築―要旨年収3,000ドル未満の低所得者(BOP)層は世界全体で45億人を超え、5兆ドル規模の購買力は新興・途上国市場の消費支出総額の52%を占める。新たな市場開拓のために、BOP層を、購買対象とするだけでなく、包括的にバリューチェーンに取り込みながら継続的な利益を目指すインクルーシブビジネスの構築が注目されている。その際に不可欠な社会課題解決の視点は、既存市場では得られない革新的なビジネスモデ

休眠預金活用に関するレポート

【プレスリリース】 休眠預金活用に関するレポートのお知らせどう活かす?休眠預金~“民による社会課題の解決”を支える仕組みをつくるために~ 2014年10月09日三菱UFJフィナンシャル・グループの総合シンクタンクである三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(本社:東京都港区 社長:藤井 秀延)は、休眠預金活用に関する調査研究レポートを発表いたします。休眠預金は、毎年銀行等金融機関において年間約850億円程度発生し、預金者への払戻し分350億円を除く500億円が文字通り”眠って”いると推計さ

情報通信白書の読み解きです。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(前編)--世界で戦うには何が必要か

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(前編)--世界で戦うには何が必要か 田島逸郎 2014年10月03日 07時00分印刷 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版が刊行された。今年も総務省による調査から各委員会、有識者の見解などを通して、日本や世界の情報通信技術(ICT)の最近のトピックや政府の情報通信政策について広くまとめている本白書は、一読に値するだろう。 今年の特集では

2014年8月17日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度新成長産業創出促進事業(社会課題解決型ビジネス活性化事業)

平成22年度新成長産業創出促進事業(社会課題解決型ビジネス活性化事業)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ