「社員旅行」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年6月29日産業能率大学フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度新入社員の会社生活調査

学校法人産業能率大学は、新入社員の働く意欲や新社会人としての意識、将来の目標などに関するアンケートを実施し「2017年度新入社員の会社生活調査」としてまとめました。調査は3月28日から4月12日まで、本学の産能マネジメントスクールが開催する「新入社員セミナー」に参加した131社523人の新入社員を対象に実施し、519人(男性356人・女性163人)から有効回答を得ました。本調査は1990年度から「新入社員の会社生活調査」として継続して実施しています。 結果概要月の残業「30時間以上は許容できな

2014年11月19日産労総合研究所★フィードバック数:0ビジネス

産労総合研究所の調査です。

2014年 社内イベント・社員旅行等に関する調査

人事・賃金・労務管理・人材開発に関する調査・研究・出版2014年 社内イベント・社員旅行等に関する調査update:2014.11.18実施目的は、コミュニケーションの促進など 社員旅行は今後も実施が約8割 人事労務分野の情報機関である産労総合研究所(代表・平盛之)は、このたび「2014年 社内イベント・社員旅行等に関する調査」を実施しました。本調査は2009年以来5年ぶりの実施となります。 調査の結果、入社式や仕事納めなどの何らかの業務関連行事を実施している企業の割合は96.7%、社内運動会

2014年1月30日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

女性の職場環境調査「福利厚生について」

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン なくてもいい福利厚生の第1位は「社員旅行」。お仕事さがしで福利厚生を重視する方は83%。ー 女性の職場環境調査「福利厚生について」を発表 ー人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する、正社員で働くことを希望する女性向け求人情報サイト「[en]ウィメンズワーク」()上で、サイト利用者女性819名を対象に「福利厚生」についてアンケートを行いました。以下、概要をご報告

2013年給与動向 第5回 日系企業の福利厚生事情

台湾では従業員50人以上を常時雇用する企業に、福利厚生委員会の設置が義務付けられている。規模が50人以上の日系企業の設置率は68%と低くないが、法律順守の面においてはまだ改善する余地があるようだ。 図1は、在台日系企業の福利厚生の実施状況を表したものである。▽忘年会▽生活関連補助(団体保険の加入、健康診断の実施等)▽社員旅行──の実施率は高いが、レクリエーション(運動会、クラブ活動など)の実施はまだ少ない。 忘年会と社員旅行は台湾企業でもよく実施されており、日台の差異はあまりない。しかし、健康診

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ