「移動平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年報

2016年報倒産件数は8164件、7年連続の前年比減少負債総額は1兆9916億8300万円、2年ぶりの前年比減少 主要ポイント■倒産件数は8164件(前年8517件、前年比4.1%減)と、7年連続で前年を下回り、2000年(6734件)に次ぐ低水準となった。四半期ベースでみると、第3四半期は2018件(前年同期1999件)と微増したものの、それ以外の四半期では前年同期を下回った■負債総額は1兆9916億8300万円と、前年を1.0%下回り、2年ぶりの前年比減少となった■件数、負債総額ともに200

2015年4月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度中小水力開発促進指導事業基礎調査(発電水力調査(流量資料整備に関する調査))

平成 26 年度中小水力開発促進指導事業基礎調査(発電水力調査(流量資料整備に関する調査))報告書平成 27 年 2 月一般財団法人 新エネルギー財団(経済産業省 資源エネルギー庁 委託調査)目第1章調査概要次························································ 1-11.1調査目的························································· 1-11.2調査内容··········

2015年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

実質個人消費は2月に失速(15年2月個人消費・所得) ~1-3月期の実質個人消費は前期比年率+1.9%に減速する見込み

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 実質個人消費実質個人消費は個人消費は2月に失速(2月に失速(15年2月個人消費・所得)月個人消費・所得)発表日:201発表日:2015:2015年4月1日(水)~1-3月期の実質個人消費は前期比年率+11-3月期の実質個人消費は前期比年率+1.9%に減速す減速する見込み~見込み~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001個人所得支出統計(PERSONAL INCOME AND OUTLAY

2014年11月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(11月8日〆週)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報November 13, 2014【米国経済指標】失業保険申請件数(11 月 8 日〆週):前週比+1.2 万件の 29 万件、失業保険受給者数(11月 1 日〆週)同+3.6 万人の 239.2 万人11 月 8 日〆週の新規失業保険申請件数は前週新規失業保険申請件数の推移新規失業保険申請件数(左目盛) (千人)

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本の企業の稼ぐ力

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.51日本の企業の稼ぐ力佐久間 啓専務取締役経済調査部長日本の稼ぐ力を取戻すことが成長戦略の鍵とな資料1.売上高利益率(%)ると言われている。日本の企業は 80 年代後半の5.0「ザ・バブル」とその崩壊、その後の労働力人口4.5の減少、金融危機、デフレという内なる敵に悩ま4.0される一方、外ではグローバル化の波にさらされ3.5るという厳しい環境の中を生き抜いてきた。そう3.0した日本の企業活動を時系列で把握するには財務2.5省の

【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か

【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か | ニッセイ基礎研究所 【6月米耐久財受注】資本財(≒設備投資)に暗雲か 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 結果の概要:耐久財受注は反転、資本財(設備投資)には懸念も7月25日、米国商務省が6月の製造業の耐久財出荷・在庫・受注統計を公表した 。注目度の高い耐久財受注額は前月比+0.7%となり、前

2014年7月2日アイティメディアフィードバック数:0ライフスタイル

年末年始、どんなアイスが売れた? 膨大なデータから見えてきたこと

仕事をしたら“レシート”が集まった: アイスクリームは多くの人に親しまれているが、どの商品が売れているのだろうか。業界が発表している売れ筋ランキングを紹介しても、あまり面白くないので、今回はレシートのデータを分析して、どんな人たちが買っているのか、どこで買っているのか、いつごろ買っているのか――この3つの切り口で分析してもらった。 ん? どうやって? と思われるかもしれないが、「ReceReco(レシレコ)」というアプリをご存じだろうか。これは、スマートフォンのカメラでレシートを「パシャッ」と撮

Weekly金融市場 2014年4月25日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 25 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫日銀「展望レポート」発表:16 年度の成長率・物価見通しを公表、追加緩和は温存か30 日に日銀金融政策決定会合が開催され、展望レポートが公表される。今回の展望レポートから 16年度の景気・物価見通しが加わることとなる中、一部報道では物価見通しが 15 年度同様に 2%程度とすると報じられている。黒田日銀総裁は 4 月 8 日に需給ギャップの解消が進み、完全雇用に

Weekly金融市場 2014年4月18日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2014 年 4 月 18 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫消費税増税後の物価動向が明らかに7∼8 日に開催された日銀金融政策決定会合後の記者会見で、黒田総裁はほぼ想定通りの物価で推移しているとし、現時点で追加緩和の必要性を否定した。同時に、日銀独自で物価動向をモニタリングしていることも表明し、4 月分から日銀金融経済月報や展望レポートの発表に合わせて消費税増税の影響を除いたベースの数値を公表する予定であり、物価に対する

2014年1月24日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(1月18日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(1月11日〆週)、中古住宅販売(12月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報January 23, 2014【米国経済指標】失業保険申請件数(1 月 18 日〆週):前週比+0.1 万件の 32.6 万件、失業保険受給者数(1 月 11 日〆週)同+3.4 万人の 305.6 万人1 月 18 日〆週の新規失業保険申請件数は前週比+0.1 万件の 32.6 万件と、2 週連続の減少から小幅

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~来月には7%の閾値到達の可能性~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2014年1月23日(木)~来月には7%の閾値到達の可能性~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 22日に発表された9-11月平均の失業率(労働力調査)は7.1%と、8-10月平均の7.4%から一段と低下、金融緩和継続の閾値である7.0%に接近した。振れの大きい月次計数は、8月:8.0%→9月:7.1%→10月:7.0%→11月:7.4%。3ヶ月移動平均値を引き上げていた8月値から除

2014年1月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候等で大幅に下振れたが一時的な動き(13年12月雇用統計) ~雇用市場は緩やかなペースで改善持続~

U.S.Indicators & Markets米国 悪天候等悪天候等で大幅に大幅に下振れた下振れたが一時的な一時的な動き(13年13年12月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2014:2014年1月10日(10日(金日(金)~雇用市場は緩やかなペースで改善持続雇用市場は緩やかなペースで改善持続~持続~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(The Employment Situation)失業率 非農業部門雇用者数製造

2013年12月19日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~緩和終了までのカウントダウン~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2013年12月18日(水)~緩和終了までのカウントダウン~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 英国の労働力調査基準の失業率(3ヶ月移動平均、BOEのフォワード・ガイダンスの閾値)は、810月平均で7.4%と7-9月平均から0.2%ポイント低下した(左図)。振れの大きい月次計数は8月に8.0%に上振れした後、9月は7.1%に急低下(単月では2009年2月以来の低水準)、10月はさら

Weekly金融市場 2013年11月22日号

http://www.nochuri.co.jp農林中金総合研究所2013 年 11 月 22 日号調査第二部多田 忠義≪来週のポイント≫展望レポート取りまとめ時の日銀金融政策決定会合議事要旨が公表される26 日に日銀金融政策決定会合議事要旨(10/31 分)が発表される。来週は特に材料視されるイベントが予定されない中、21 日の記者会見で黒田日銀総裁は「上下双方向のリスク要因を引き続き点検し必要な調整を行っていく方針に変わりはない」と必要があれば追加緩和をする可能性に言及したこともあり、議事要

2013年10月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 政府機関の一部閉鎖前から雇用の拡大ペースは鈍化(13年9月雇用統計) ~QE3の減額開始が遅れるとの見方から、株高、金利低下、ドル安が進展~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 政府機関の政府機関の一部閉鎖前一部閉鎖前か閉鎖前から雇用の雇用の拡大ペースは拡大ペースは鈍化(鈍化(13年13年9月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2013:2013年10月10月22日(22日(火日(火)~QE3の減額開始減額開始が開始が遅れるとの見方か見方から、株高、株高、金利低下、金利低下、ドル安がドル安が進展~進展~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(

総合チャート集(株価・為替・商品・金利・REIT等)

2017年5月29日発行総合チャート集(株価・為替・商品・金利・REIT等)目次■株価指数の推移 ■為替レート(対円)の推移米ドル、カナダ・ドル ユーロ、英ポンド シンガポール・ドル、インドネシア・ルピア オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル ブラジル・レアル、メキシコ・ペソ トルコ・リラ、南アフリカ・ランド2~3 ページ4 5 6 7 8 9 ページ ページ ページ ページ ページ ページ■商品市況、その他の推移原油(WTI)先物、NY金先物 S&P MLP指数、S&P BDC指数10

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~来月発表分は低下トレンドが小休止~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2013年10月17日(木)~来月発表分は低下トレンドが小休止~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 英国の労働力調査基準の失業率(3ヶ月移動平均、BOEのフォワード・ガイダンスの閾値)は、6-8月に7.7%と5-7月から横ばい(左図)。振れの大きい月次計数は6月:7.4%→7月:7.7%→8月:8.0%と上昇し、これは低下トレンドを辿る失業給付基準の失業率の動きと食い違っている。9

2013年9月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~利上げの足音~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2013年9月11日(水)~利上げの足音~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ BOEがフォワード・ガイダンスの閾値に設定した労働力調査基準の英国の失業率は、5~7月平均で7.7%と4~6月平均の7.8%から低下した(左図)。同統計は月毎の振れが大きく、BOEは3ヶ月移動平均値が7%を下回るまでは利上げや量的緩和の縮小を行わない方針だ。月次計数は6月に大きく低下(8.0%→7.4%)

2013年9月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用の増加基調鈍化等によりQE3減額は先送りへ(13年8月雇用統計) ~失業率は表面的な改善~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 雇用の雇用の増加基調増加基調鈍化基調鈍化等鈍化等によりQE3減額は減額は先送り先送りへ(13年13年8月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2013:2013年9月6日(金)~失業率は表面的な改善失業率は表面的な改善~表面的な改善~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(The Employment Situation)失業率 非農業部門雇用者数製造業 建設業 サービ

2013年8月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用の回復ペースは予想を下振れ(13年7月雇用統計) ~失業率は職探しを諦めた人やパート労働者の増加により低下~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 雇用の雇用の回復ペース回復ペースはペースは予想を予想を下振れ下振れ(13年13年7月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2013:2013年8月2日(金)~失業率は失業率は職探し職探しを諦めた人やパート労働ート労働者労働者の増加に増加により低下~低下~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(The Employment Situation)失業率 非農業部門雇用者数製

2013年7月26日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(7月20日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(7月13日〆週)、耐久財受注(6月)

Economic ResearchBTMU FOCUS USA DiaryUra Satoko 浦 賢子sura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報July 25, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(7 月 20 日〆週):前週比+0.7 万件の 34.3 万件、失業保険受給者数(7 月 13 日〆週)同▲11.9 万人の 299.7 万人7 月 20 日〆週の新規失業保険申請件数は前新規失業保険申請件数の推移週比+0.7 万件の 34.3 万件と、事

2013年7月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(7月13日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(7月6日〆週)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報July 18, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(7 月 13 日〆週):前週比▲2.4 万件の 33.4 万件、失業保険受給者数(7 月 6 日〆週)同+9.1 万人の 311.4 万人7 月 13 日〆週の新規失業保険申請件数は前週比▲2.4 万件の 33.4 万件と、事前の市場予新規失業保険申請件数

2013年6月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

機械受注統計調査(2013年4月) ~基調は上向き始めた可能性~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2013年4月)発表日 2013年6月12日(水)~基調は上向き始めた可能性~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525民需代理店製造業船舶・電力除く前期比121-3月1.54-6月▲ 2.67-9月▲ 1.310-12月▲ 0.8131-3月▲ 0.04-6月(見)(▲ 1.5)121月1.72月4.03月▲ 3.04月2.65月▲ 7.16月1.47月1.78

2013年5月31日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

商業販売統計(2013年4月) ~天候不順が下押しも、自動車販売増加を支えに底堅く推移~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:商業販売統計(2013年4月)発表日:2013年5月29日(水)~天候不順が下押しも、自動車販売増加を支えに底堅く推移~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526商業販売額前年比卸売業前期比20121月▲ 2.1▲2月▲ 0.13月3.2▲4月1.8▲5月2.76月▲ 2.6▲7月▲ 3.1▲8月▲ 2.79月▲ 3.6▲10月▲ 1.611月▲ 0.9▲12月▲ 1.7▲2013

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ