「稲作経営」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年4月1日JA共済総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因-アンケート調査による接近-

稲作農家の豊かさ観の過去・未来とその影響要因―アンケート調査による接近―山梨大学大学院 医学工学総合研究部 教授一般社団法人 JA共済総合研究所 客員研究員渡 辺 靖 仁アブストラクト本研究では、まず、JA共済総合研究所の行ったアンケート調査の個票を用いて、稲作農家の「過去と将来の豊かさ観」に影響を与える要素を計量的に分析した。これによって、①経営の持続可能性を担保する後継者の存在は、将来の豊かさを高めること、②大規模経営であっても自分の代で廃業を考える農家の場合、将来が豊かになるという皮肉な結

市場データです。

稲作経営体の農業機械需要の動向

〈レポート〉農漁協・森組稲作経営体の農業機械需要の動向主事研究員 長谷川晃生1  はじめに0.77台、トラクターは1.05台、コンバインは農業センサスによると、販売目的で水稲を0.61台となっている。これを作付面積規模別作付けた農業経営体(以下「稲作経営体」)数はにみると、いずれの農業機械の所有台数も規2005年の140.6万経営体から10年の116.9万経営模が大きいほど多い傾向にある。体へと5年間で16.9%減少している。その一3  集落営農による機械所有の状況方で、農業法人や集落営農を含め

「米の生産コスト4割削減」の可能性と問題点

「米の生産コスト4割削減」の可能性と問題点2013.10.7農林中金総合研究所特任研究員 行友 弥アベノミクス「3本目の矢」に位置付けられる「日本再興戦略」は、今後 10年間に「担い手のコメの生産コストを現状全国平均比4割削減」するとの目標を掲げた。米生産費は農地集積を進めれば3割程度の削減が可能なことは統計から推計できるが、それ以上の低コスト化は単純な規模拡大では難しく、分散錯圃の解消や農法・技術の抜本的革新が必要となる。また、4割削減が達成されても、それだけで日本の米が関税撤廃に耐えうる国際

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ