「稼働率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年11月15日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

宿泊旅行統計調査(平成29年8月・第2次速報、9月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成29年8月・第2次速報、9月・第1次速報) 最終更新日:2017年10月31日宿泊旅行統計調査の平成29年8月の調査結果(第2次速報値)、平成29年9月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 平成29年8月の調査結果(第2次速報値)、平成29年9月の調査結果(第1次速報値) ◯平成29年8月の延べ宿泊者数(全体)は、5,472万人泊で、前年同月比-0.2%であった。また、平成29年9月の延べ宿泊者数(全体)は4,119万人泊で、前年同月比+0.7%であった。 ◯日本

2017年10月17日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成29年7月・第2次速報、8月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成29年7月・第2次速報、8月・第1次速報) 最終更新日:2017年9月29日宿泊旅行統計調査の平成29年7月の調査結果(第2次速報値)、平成29年8月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 平成29年7月の調査結果(第2次速報値)、平成29年8月の調査結果(第1次速報値) ◯平成29年7月の延べ宿泊者数(全体)は、4,485万人泊で、前年同月比+1.2%であった。また、平成29年8月の延べ宿泊者数(全体)は5,453万人泊で、前年同月比-0.6%であった。 ◯日本人

2017年9月20日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成29年6月・第2次速報、7月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成29年6月・第2次速報、7月・第1次速報) 最終更新日:2017年8月31日宿泊旅行統計調査の平成29年6月の調査結果(第2次速報値)、平成29年7月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 平成29年6月の調査結果(第2次速報値)、平成29年7月の調査結果(第1次速報値) ◯平成29年6月の延べ宿泊者数(全体)は、3,768万人泊で、前年同月比+2.1%であった。また、平成29年7月の延べ宿泊者数(全体)は4,558万人泊で、前年同月比+2.8%であった。 ◯日本人

2017年8月8日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成29年5月・第2次速報、6月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成29年5月・第2次速報、6月・第1次速報) 最終更新日:2017年7月31日宿泊旅行統計調査の平成29年5月の調査結果(第2次速報値)、平成29年6月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 平成29年5月の調査結果(第2次速報値)、平成29年6月の調査結果(第1次速報値) 〇平成29年5月の延べ宿泊者数(全体)は、4,236万人泊で、前年同月比+5.7%であった。また、平成29年6月の延べ宿泊者数(全体)は3,741万人泊で、前年同月比+1.4%であった。〇日本人延

2017年7月11日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成29年4月・第2次速報、5月第1次速報)及び(平成28年年間値(確定値))

宿泊旅行統計調査(平成29年4月・第2次速報、5月第1次速報)及び(平成28年年間値(確定値)) 最終更新日:2017年6月30日宿泊旅行統計調査の平成29年4月の調査結果(第2次速報値)、平成29年5月の調査結果(第1次速報値)及び平成28年年間値(確定値)を取りまとめました。 平成29年4月の調査結果(第2次速報値)、平成29年5月の調査結果(第1次速報値) 〇平成29年4月の延べ宿泊者数(全体)は、3,968万人泊で、前年同月比+3.5%であり、4月としては調査開始以来の最高値であった。ま

2017年4月13日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成29年1月・第2次速報、平成29年2月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成29年1月・第2次速報、平成29年2月・第1次速報) 最終更新日:2017年3月31日宿泊旅行統計調査の平成29年1月の調査結果(第2次速報値)、2月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成29年1月の延べ宿泊者数(全体)は、3,610万人泊で、前年同月比+0.8%となり、 1月としては平成19年の調査開始以来の最高値となった。また、平成29年2月の延べ宿泊者数(全体)は3,585万人泊で、前年同月比-2.6%であった。○日本人延べ宿泊者数は、1月は、前年同月

2017年3月9日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年12月第2次速報、平成29年1月第1次速報、平成28年・年間値(速報値))

宿泊旅行統計調査(平成28年12月第2次速報、平成29年1月第1次速報、平成28年・年間値(速報値)) 最終更新日:2017年3月3日宿泊旅行統計調査の平成28年12月の調査結果(第2次速報値)、平成29年1月の調査結果(第1次速報値)及び平成28年年間値(速報値)を取りまとめました。 平成28年12月の調査結果(第2次速報値)、平成29年1月の調査結果(第1次速報値) 〇平成28年12月の延べ宿泊者数(全体)は、3,935万人泊で、前年同月比-1.6%であった。また、平成29年1月の延べ宿泊

2017年2月12日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年11月・第2次速報、平成28年12月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年11月・第2次速報、平成28年12月・第1次速報) 最終更新日:2017年1月31日宿泊旅行統計調査の平成28年11月の調査結果(第2次速報値)、12月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成28年11月の延べ宿泊者数(全体)は、3,992万人泊で、前年同月比-3.8%であった。また、平成28年12月の延べ宿泊者数(全体)は4,098万人泊で、前年同月比+2.5%であった。○日本人延べ宿泊者数は、11月は、前年同月比-3.7%、12月は前年同月比+2.0

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年10月・第2次速報、平成28年11月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年10月・第2次速報、平成28年11月・第1次速報) 最終更新日:2016年12月27日宿泊旅行統計調査の平成28年10月の調査結果(第2次速報値)、11月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成28年10月の延べ宿泊者数(全体)は、4,324万人泊で、前年同月比-3.7%であった。また、平成28年11月の延べ宿泊者数(全体)は4,130万人泊で、前年同月比-0.5%であった。○日本人延べ宿泊者数は、10月は、前年同月比-3.9%、11月は前年同月比-0.

2017年1月8日Recreatorフィードバック数:0大型消費/投資

物件数は2倍に!東京の民泊市場の最新動向

2016.12.28物件数は2倍に!東京の民泊市場の最新動向を発表12月28日、民泊専門メディアのAirstairは、東京の民泊市場の最新動向「東京民泊マーケット市場レポート 2016」を発表した。2016年は民泊物件数が爆発的に増加し、稼働率は閑散期の1月に特に落ち込んだが、2月以降は巻き返し4月や7月には平均稼働率75%を超え供給量の増加にもかかわらず高い稼働率を出したことがメトロデータで明らかになった。東京の民泊物件数は、1年で2倍に2015年10月に5,942室であった民泊物件数は、20

2016年11月8日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年8月・第2次速報、平成28年9月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年8月・第2次速報、平成28年9月・第1次速報) 最終更新日:2016年10月31日宿泊旅行統計調査の平成28年8月の調査結果(第2次速報値)、9月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成28年8月の延べ宿泊者数(全体)は、5,513万人泊で、前年同月比-2.3%であった。また、平成28年9月の延べ宿泊者数(全体)は4,184万人泊で、前年同月比-5.0%であった。○日本人延べ宿泊者数は、平成28年8月は、前年同月比-2.1%、平成28年9月は前年同月比-

2016年10月17日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年7月・第2次速報、平成28年8月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年7月・第2次速報、平成28年8月・第1次速報) 最終更新日:2016年10月7日宿泊旅行統計調査の平成28年7月の調査結果(第2次速報値)、8月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成28年7月の延べ宿泊者数(全体)は、4,461万人泊、前年同月比-0.4%と微減であった。また、平成28年8月は5,587万人泊で、前年同月比-1.0%であった。○日本人延べ宿泊者数は、平成28年7月は、前年同月比-2.0%、8月は前年同月比-0.9%であった。○外国人延べ

2016年8月7日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年5月・第2次速報、平成28年6月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年5月・第2次速報、平成28年6月・第1次速報) 最終更新日:2016年7月29日宿泊旅行統計調査の平成28年5月の調査結果(第2次速報値)、6月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。○平成28年5月の延べ宿泊者数(全体)は、4,040万人泊(前年同月比-5.9%)であった。また、平成28年6月の延べ宿泊者数(全体)は3,771万人泊で、前年同月比+0.7%であった。○日本人延べ宿泊者数は、平成28年5月はGWの日並びの悪さや熊本地震の影響があったため、前年同月

2016年7月7日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年4月・第2次速報、平成28年5月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年4月・第2次速報、平成28年5月・第1次速報) 最終更新日:2016年6月30日宿泊旅行統計調査の平成28年4月の調査結果(第2次速報値)、5月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。○平成28年4月の延べ宿泊者数(全体)は、3,850万人泊(前年同月比+1.7%)と、4月としては平成19年の調査開始以来、最高となった。また、平成28年5月の延べ宿泊者数(全体)は4,052万人泊で、前年同月比-5.6%であった。○日本人延べ宿泊者数は、平成28年4月はGWの日並

2016年7月6日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成27年・年間値(確定値))

宿泊旅行統計調査(平成27年・年間値(確定値)) 最終更新日:2016年6月30日宿泊旅行統計調査の平成27年・年間値(確定値)を取りまとめました。○延べ宿泊者数(全体)は5億408万人泊(前年比+6.5%)と、平成19年の調査開始以来、最高となり、初めて5億人泊を超えた。○日本人延べ宿泊者数は4億3,846万人泊(前年比+2.3%)であった。前年は消費税増税等の影響により減少したが、平成27年はその反動増がみられたこと、円安等により海外旅行から国内旅行へのシフト傾向が続いていること、北陸新幹線

2016年5月11日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

宿泊旅行統計調査(平成28年2月・第2次速報、平成28年3月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年2月・第2次速報、平成28年3月・第1次速報) 最終更新日:2016年4月28日宿泊旅行統計調査の平成28年2月の調査結果(第2次速報値)、3月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成28年2月の延べ宿泊者数(全体)は、3,680万人泊(前年同月比+2.4%)と、2月としては平成19年の調査開始以来、最高となった。また、平成28年3月の延べ宿泊者数(全体)は4,229万人泊で、前年同月比-1.2%であった。○日本人延べ宿泊者数は、平成28年2月は暖冬によ

2016年3月2日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成27年12月第2次速報、平成28年1月第1次速報、平成27年・年間値(速報))

宿泊旅行統計調査(平成27年12月第2次速報、平成28年1月第1次速報、平成27年・年間値(速報)) 最終更新日:2016年2月29日宿泊旅行統計調査の平成27年12月の調査結果(第2次速報値)、平成28年1月の調査結果(第1次速報値)及び平成27年年間値(速報値)を取りまとめました。平成27年12月の調査結果(第2次速報値)、平成28年1月の調査結果(第1次速報値) ○平成27年12月の延べ宿泊者数(全体)は、3,983万人泊(前年同月比+4.7%)と、12月としては平成19年の調査開始以来、

2016年2月3日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成27年11月・第2次速報、平成27年12月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成27年11月・第2次速報、平成27年12月・第1次速報) 最終更新日:2016年1月29日宿泊旅行統計調査の平成27年11月の調査結果(第2次速報値)、12月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成27年11月の延べ宿泊者数(全体)は、4,148万人泊(前年同月比+2.0%)と、11月としては平成19年の調査開始以来、最高となった。また、平成27年12月の延べ宿泊者数(全体)は4,162万人泊で、前年同月比+9.4%と大きな伸びを示した。○日本人延べ宿泊者数は

2015年8月3日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成27年5月・第2次速報、平成27年6月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成27年5月・第2次速報、平成27年6月・第1次速報) 最終更新日:2015年7月31日宿泊旅行統計調査の平成27年5月の調査結果(第2次速報値)、6月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ◇平成27年5月(第2次速報)○平成27年5月の延べ宿泊者数は、4,341万人泊で、前年同月比+8.8%であった。 ○うち外国人延べ宿泊者数は567万人泊で、前年同月比+53.0% であった。また、延べ宿泊者全体に占める外国人宿泊者の割合は13.1%であった。 ○国籍(出身地)別

2015年6月30日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成27年1-3月及び4月・第2次速報、平成27年5月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成27年1-3月及び4月・第2次速報、平成27年5月・第1次速報) 最終更新日:2015年6月30日宿泊旅行統計調査の平成27年第1四半期及び4月の調査結果(第2次速報値)、5月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。◇平成27年1-3月(第2次速報)○平成27年1-3月の延べ宿泊者数は、1億1,406万人泊で、前年同期比+6.5%であった。○うち外国人延べ宿泊者数は1,372万人泊で、前年同期比+49.4%であった。また、延べ宿泊者全体に占める外国人宿泊者の割合は12

「50.5%」日本の2015年4月末のNISA口座の稼働率(主要証券会社10社)

「50.5%」日本の2015年4月末のNISA口座の稼働率(主要証券会社10社)

国内エンジニア在籍数・稼働率(2015年5月)

新着情報テクノプロ・ホールディングスに関する新着情報です。 新着情報国内エンジニア在籍数・稼働率を更新しました(2015年5月)2015.06.11国内事業会社のエンジニア在籍数および稼働率の数値を更新いたしました。過去の数値からの推移については下記の「関連リンク」からご覧いただけます。■国内エンジニアの在籍数・稼働率(2015年5月末時点・国内事業会社のみ)関連リンク

2015年6月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し(2015年6月改訂)

【PRESS RELEASE】2015・2016年度経済見通し(2015年6月改訂)2015年6月8日株式会社富士通総研 2015・2016年度経済見通し(2015年6月改訂)当社は、2015年1~3月期のGDP統計(2次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。今後の日本経済は、実質賃金上昇とマインドの改善により個人消費が回復し、国内生産への回帰による稼働率の向上に伴い、能力増強を伴う設備投資も次第に活発化し、世界経済の回復を背景とした輸出の増加と合わせて、引き続き緩やかな拡大を続けていく

2015年6月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年4月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年7月分】 (平成29年9月14日発表) 製造工業稼働率指数は、100.1で前月比-1.8%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.3で前月比0.1%の上昇であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は変わらず、在庫、在庫率は上方修正であった。生産能力・稼働率指数(概要冊子) 生産能力・稼働率指数

2015年5月29日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成27年1-3月及び4月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成27年1-3月及び4月・第1次速報) 最終更新日:2015年5月29日宿泊旅行統計調査の平成27年第1四半期及び4月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。◇平成27年1-3月(第1次速報)○平成27年1-3月の延べ宿泊者数は、約1億1,109万人泊で、前年同期比+4.2%であった。○うち外国人は約1,276万人泊で、前年同期比+38.8%であった。また、延べ宿泊者全体に占める外国人宿泊者の割合は11.5%であった。○国籍(出身地)別で外国人延べ宿泊者数の伸び率をみる

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造工業生産能力・稼働率指数 (平成27年3月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年9月速報】 (平成29年10月31日発表) 生産は持ち直しの動き今月は、生産、出荷は低下、在庫は横ばい、在庫率は上昇であった。製造工業生産予測調査によると、10月は上昇、11月は低下を予測している。総じてみれば、生産は持ち直しの動きがみられる。 最新の指数の解説平成29年9月の鉱工業生産は前月比マイナス1.1%低下、ただ、低下幅は限定的で、7-9月期は6期連続の前期

国内エンジニア在籍数・稼働率(2015年4月)

新着情報テクノプロ・ホールディングスに関する新着情報です。 新着情報国内エンジニア在籍数・稼働率を更新しました(2015年4月)2015.05.13国内事業会社のエンジニア在籍数および稼働率の数値を更新いたしました。過去の数値からの推移については下記の「関連リンク」からご覧いただけます。■国内エンジニアの在籍数・稼働率(2015年4月末時点・国内事業会社のみ)関連リンク

2015年5月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年3月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年8月分】 (平成29年10月16日発表) 製造工業稼働率指数は、103.4で前月比3.3%の上昇であった。製造工業生産能力指数は、94.3で前月比0.0%の横ばいであった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産は下方修正、出荷は変わらず、在庫、在庫率は上方修正であった。生産の下方修正は、コーヒー・茶系飲料、プラ

2015年4月29日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

クラウド・コンピューティングに関する調査

2015年4月28日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、クラウド・コンピューティングに関する調査結果を発表2015年、日本のクラウド・コンピューティングの採用率は16%に上昇クラウドIaaSの稼働率について、40%以上が「99.999%」でなくてもよいと回答『ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2015』(5月26〜28日 虎ノ門ヒルズ) において、アナリストが知見を提供ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は

国内エンジニアの在籍数・稼働率(2015年3月末時点・国内事業会社のみ)

新着情報テクノプロ・ホールディングスに関する新着情報です。 新着情報国内エンジニア在籍数・稼働率を更新しました(2015年3月)2015.04.13国内事業会社のエンジニア在籍数および稼働率の数値を更新いたしました。過去の数値からの推移については下記の「関連リンク」からご覧いただけます。■国内エンジニアの在籍数・稼働率(2015年3月末時点・国内事業会社のみ)関連リンク

2015年4月9日経済産業研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

住宅市場についてのレポートです。

住宅市場と住宅投資の動向

住宅市場と住宅投資の動向概要本稿では、2000年代に入り住宅投資が減少トレンドを示している原因について分析した。住宅投資の構成は、既存住宅の更新分と住宅数の純増分とに分解でき、さらに住宅数の純増は世帯数の増加と住宅の稼働率の変化に分解できる。住宅・土地統計調査を用いることで、これら住宅投資の構成3要素がすべて、1990年代末以降に住宅投資を低下させる方向に変化したことを示した。住宅の更新投資は非木造住宅・集合住宅のシェアが増加したことにより減少し、世帯数の伸びは核家族化・未婚化が止まりつつあるこ

2015年3月31日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成27年2月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年6月分】 (平成29年8月15日発表) 製造工業稼働率指数は、101.9で前月比2.1%の上昇であった。製造工業生産能力指数は、94.2で前月比0.1%の上昇であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷、在庫、在庫率は上方修正であった。生産の上方修正は、航空機用発動部品、コーヒー・茶系飲料等による。生

2015年3月28日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

宿泊旅行統計調査(平成26年10月~12月・平成26年・年間値(速報))

宿泊旅行統計調査(平成26年10月~12月・平成26年・年間値(速報))~平成26年10月~12月の延べ宿泊者数は約1億1,972万人泊で前年同期比+2.0%~ 最終更新日:2015年3月26日宿泊旅行統計調査の平成26年第4四半期の調査結果(暫定値)及び平成26年年間値(速報値)を取りまとめました。 平成26年10月~12月(速報)○平成26年10月~12月の延べ宿泊者数は約1億1,972 万人泊で、前年同期比+2.0%であった。外国人延べ宿泊者数の伸びが日本人延べ宿泊者数の減少をカバーして前

国内エンジニア在籍数・稼働率

新着情報テクノプロ・ホールディングスに関する新着情報です。 新着情報国内エンジニア在籍数・稼働率を更新しました(2015年2月)2015.03.17国内事業会社のエンジニア在籍数および稼働率の数値を更新いたしました。過去の数値からの推移については下記の「関連リンク」からご覧いただけます。■国内エンジニアの在籍数・稼働率(2015年2月末時点・国内事業会社のみ)関連リンク

2015年2月18日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成26年12月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年7月分】 (平成29年9月14日発表) 製造工業稼働率指数は、100.1で前月比-1.8%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.3で前月比0.1%の上昇であった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は変わらず、在庫、在庫率は上方修正であった。生産能力・稼働率指数(概要冊子) 生産能力・稼働率指数

2015年1月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数確報 (平成26年11月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年9月分】 (平成29年11月15日発表) 製造工業稼働率指数は、101.8で前月比-1.5%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.3で前月比0.0%の横ばいであった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は変わらずであった。生産の上方修正は、コーヒー・茶系飲料等による。生産

2014年12月21日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査 平成26年7-9月期(速報値)

宿泊旅行統計調査 平成26年7-9月期(速報値)を公表します 最終更新日:2014年12月19日宿泊旅行統計調査(平成26年7月~9月・速報) ~延べ宿泊者数は約1億3,555万人泊で、前年同期比-0.3% ~○当期の延べ宿泊者数は約1億3,555万人泊で、前年同期比-0.3%であった。○その内、外国人延べ宿泊者数は約1,154万人泊で、前年同期比+25.7%と、平成25年第2四半期より7期連続で25%超の伸び率であった。また、延べ宿泊者数全体に占める外国人宿泊者数の割合は8.5%であり、第3四

2014年12月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 終わっていない、小休止しているだけ(日米株高・ドル高)

Global Market Outlook終わっていない、小休止しているだけ(日米株高・ドル高)2014年12月16日(火)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値16774.9917,180.849,334.016,182.724,005.38117.78 円1.2442

2014年12月1日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報 (平成26年10月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年9月分】 (平成29年11月15日発表) 製造工業稼働率指数は、101.8で前月比-1.5%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.3で前月比0.0%の横ばいであった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は変わらずであった。生産の上方修正は、コーヒー・茶系飲料等による。生産

東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第3四半期

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)立地改善やオフィス床拡張ニーズの増加を反映し、テナントからの移転の問い合わせ数は前期から増加しましたが、

2014年9月25日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査 平成26年4-6月期(暫定値)

宿泊旅行統計調査 平成26年4-6月期(暫定値)を公表します 最終更新日:2014年9月24日宿泊旅行統計調査(平成26年4月~6月・暫定値)~延べ宿泊者数は約1億1,039万人泊で、前年同期比+1.8% ~○当期の延べ宿泊者数は約1億1,039万人泊で、前年同期比+1.8%であった。○その内、外国人延べ宿泊者数は約1,171万人泊で、前年同期比+32.1%と、平成25年第3四半期より連続で30%超の伸び率であった。また、延べ宿泊者数全体に占める外国人宿泊者数の割合は10.6%と、2期連続で最高

ちば経済トレンド「LCCの拡大や東南アジア諸国へのビザ取得要件の緩和による外国人旅客の増加を背景に、県内ホテルでは高い稼働率が続く。」

ちば経済トレンド「LCCの拡大や東南アジア諸国へのビザ取得要件の緩和による外国人旅客の増加を背景に、県内ホテルでは高い稼働率が続く。」

30周年の東京ディズニーリゾートは、13年度に過去最高だった前年を更に1割以上も上回る3,129万人を集客。ベイエリアの多くのホテルでは、同リゾート客の宿泊で稼働率は大きく上昇

30周年の東京ディズニーリゾートは、13年度に過去最高だった前年を更に1割以上も上回る3,129万人を集客。ベイエリアの多くのホテルでは、同リゾート客の宿泊で稼働率は大きく上昇

2012年6月14日経済産業省フィードバック数:93製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産・出荷・在庫指数速報(4月分)

結果が更新されない場合は押してください。鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 結果の概要【平成29年9月分】 (平成29年11月15日発表) 製造工業稼働率指数は、101.8で前月比-1.5%の低下であった。製造工業生産能力指数は、94.3で前月比0.0%の横ばいであった。 製造工業生産能力・稼働率指数、平成22年(2010年)=100 確報と速報を比べると、生産、出荷は上方修正、在庫、在庫率は変わらずであった。生産の上方修正は、コーヒー・茶系飲料等による。生産

2011年8月11日経済産業省フィードバック数:59製造業/エレクトロニクス

鉱工業指数(鉱工業生産・出荷・在庫指数、稼働率・生産能力指数、製造工業生産予測指数)

鉱工業指数(生産・出荷・在庫、生産能力・稼働率、生産予測指数) 鉱工業製品を生産する国内の事業所における生産、出荷、在庫に係る諸活動、製造工業の設備の稼働状況、各種設備の生産能力の動向を捉え、また、生産の先行き2か月の計画を把握することで、日本の生産活動をいち早く把握します。 経済産業省 大臣官房 調査統計グループ 経済解析室電話:03-3501-1511(代表)(内線2853)、03-3501-1644(直通)FAX:03-3501-7775E-MAIL:qqcebc@meti.go.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ