「穀物生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月5日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

2014/15年度の小麦、大麦はすべての州で減産(豪州)

豪州農業資源経済科学局(ABARES)は12月2日、2014/15年度(7月〜翌6月)の冬作物および夏作物の生産見通しを発表した。このうち、冬作物である小麦と大麦はすべての州で減産し、小麦生産量は2322万2000トン(前年度比14.0%減)、大麦生産量は744万5000トン(同22.0%減)と見込まれている(図1、図2)。穀物生産地帯の大半で、冬から春先にかけての降雨が平年を下回ったことが要因となり、特に南オーストラリア(SA)州やビクトリア(VIC)州では深刻な降雨不足となった。ただし、前年

2013年11月7日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

2013/14年度、第1回主要穀物の生産状況等調査結果を公表(ブラジル)

ブラジル食糧供給公社(CONAB)は10月9日、2013/14年度(10月〜翌年9月)の第1回主要穀物の生産状況等調査の結果を公表した。当該調査の目的は、大豆、トウモロコシ(第1期作)等春植え作物の作付面積を測定するとともに、秋植えの冬期作物(カラス麦、ライ麦、大麦、小麦)の生産見通しを予測することにある。ブラジル国内の主要生産地において、9月16日から20日の間に実施された。同調査結果によると、2013/14年度の主要穀物の作付面積は、5418万ヘクタール〜5518万ヘクタールの範囲(前年度比

2013年4月14日JETRO★フィードバック数:2ライフスタイル海外

バイオ燃料についてのレポートです。

2012年度米国食糧及びバイオ燃料生産の現状と課題(2013年3月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 2012年度米国食

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ