「積乱雲」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年6月9日ウェザーニューズフィードバック数:0社会/政治

2017年『台風傾向』

ニュース 2017年05月30日 今年の台風はどうなる?ウェザーニューズ、2017年『台風傾向』を発表【台風傾向2017】7~8月は沖縄方面へ、9~10月は関東に接近の恐れも~台風発生数は平年並の27個前後の予想、9月をピークに10月まで多い見通し~モバイル/インターネット >  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、2017年の『台風傾向』を発表しました。今シーズンは、太平洋高気圧の西への張り出しが例年に比べるとやや強まるため、台風が発生した場合、7~8月

2013年8月11日気象庁★フィードバック数:0ライフスタイル

豪雨の要因分析です。

平成25年7月28日の山口・島根の大雨発生要因について ~巨大な積乱雲と強い上昇気流~

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 平成25年7月28日の山口・島根の大雨発生要因について ~巨大な積乱雲と強い上昇気流~報道発表日概要平成25年7月28日に山口県と島根県で観測された大雨の発生要因について、観測データや客観解析データを用い、過去の豪雨事例との類似性も含めて調査しました。今回の事例では、下層に流れ込んだ大量の水蒸気に加えて、上空の寒気のために大気状態が極めて不安定になり、積乱雲中の上昇気流が強化され、大量の降水がもたらされました。特に山口県萩市須佐の大雨では、巨大な

2013年7月17日ウェザーニューズ★フィードバック数:4ライフスタイル

昨年比で3.5倍とのことです。

2013年の「ゲリラ雷雨傾向」

発行日 : 2013年7月17日 ウェザーニューズ 2013年の「ゲリラ雷雨傾向」発表“ゲリラ雷雨”発生回数、昨年比で全国平均3.5倍増の見込み~ 全国的に8月上旬~中旬に多発する傾向で、九州、四国、東北では昨年比で5倍増の予想も ~株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらす“ゲリラ雷雨”に対し、事前対策への意識を高め、被害軽減に繋げるため、7月~9月における“ゲリラ雷雨”の発生傾向を発表しました。突然の激しい雷雨をもたらす雨雲

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ