「立地戦略」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

圏央道の開通がもたらす沿線経済圏の成立と立地環境の変化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 圏央道の開通がもたらす沿線経済圏の成立と立地環境の変化 2015年3月31日コンサルティング・ソリューション第一部 アソシエイト 花本 昭平◆2015年3月29日に圏央道の久喜白岡JCT〜境古河IC間が開通。今後3環状9放射ネットワークの完成を前に首都圏の都市構造の変化が見込まれ、とくに圏央道の沿線で工業団地や商業施設の立地が活発化している。

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0ビジネス

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン -

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン - が完成しました。2014-05-28 本研究は、国際産業立地といった地理的・空間的な側面から、日本企業のアジア進出や国際分業進展について検討することで、アジア地域の発展と並立しうる日本企業の真のグローバル化の道を探ることを目的としています。繊維・アパレル、電機、自動車、外食など産業別の分析に、中国、タイ、ベトナム、インドネシアなど市場(地域)の視点を絡め、企業の実践的な海外展開戦略立案に資する研究を行いたいと考えております。

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

中国における日系企業の立地戦略の変化と影響要因

2014年3月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本企業のアジア進出 ―国際産業立地論から考える―

日本企業のアジア進出 ―国際産業立地論から考える―2014-02-24 関連論文日系企業アジア地域のサプライチェーンのあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywordsアジア立地戦略、海外展開、産業比較リサーチリーダー 主席研究員 鈴木洋太郎 大阪市立大学教授 研究目的 産業別の分析に地域の視点を絡め、企業の実践的な海外展開戦略立案に資する研究を行う。日本企業のアジア立地戦略とアジア地域におけるサプライチェーンに関する論点やフレームワークを整理

物流施設の立地をテーマとした企業アンケートです。

物流施設の立地戦略に関するアンケート

「物流施設の立地戦略に関するアンケート」調査結果 三井住友トラスト基礎研究所では、業種別の立地戦略に関する方向性を把握すべく、荷主企業を対象に「物流施設の立地戦略に関するアンケート」を実施いたしました。1.調査内容 現在、多くの荷主企業が物流を重要な経営課題のひとつに位置づけており、物流拠点をどこに配置するかは、流通経路の最適化を目指すロジスティクス戦略の根幹であると考えられます。また、物流施設の立地戦略の検討には、物流システムの高度化、効率化に対する内外からの要請や、環境規制など多様な要因を考

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ