「端末市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年7月4日ICT総研フィードバック数:0デジタル家電

2016年度 タブレット端末に関する市場動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2016年度 タブレット端末に関する市場動向調査2016年度 タブレット端末に関する市場動向調査 ■ 2015年度のタブレット端末市場は895万台、2016年度は951万台へ。■ 2015年度のAndroidタブレットは393万台でシェア43.9%、iPadを上回る。■ 個人ユーザーの所有率トップはiPadで15.1%。Androidタブレットは13.4%で次点。■ 顧客満足度1位はマイク

2016年3月9日MM総研フィードバック数:0デジタル家電

2015年国内タブレット端末出荷概況

2016年03月07日■ 2015年1-12月期のタブレット端末出荷台数は前年比8.4%増の943万台 ■ Appleが378万台(シェア40.1%)で6年連続1位を維持するも台数・シェア減少 ■ OS別シェアはAndroid 435万台(46.2%)が2年連続1位。Windowsシェアは拡大傾向 ■ 今後の法人市場はWindowsタブレットおよびB2B2Cモデルの拡大が期待される  MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は3月7日、2015年暦年(2015年1月~2015年12月)の国内タ

Apple Watch発売後のウェアラブル端末購入動向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングスマートフォン/タブレットユーザー1,000名にApple Watch発売後のウェアラブル端末購入動向を調査 • Apple Watch発売を知っているのは87%、購入は2.1%• 30%がApple Watch発売をきっかけに、ウェアラブル端末に関心を持つように• Apple Watchの2大用途は「時計がわり」、「スマホのサブ機器として使用(メール確認、ハンズフリー通話)」• デザインは高評価、課題は「バッテリーの持ち時間」、「単独機能の不足」

2015年5月25日ICT総研★フィードバック数:0ビジネス

市場データです。

2015年度 タブレット端末に関する市場動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2015年度 タブレット端末に関する市場動向調査2015年度 タブレット端末に関する市場動向調査 □ 2014年度のタブレット端末市場は916万台、2015年度は1,054万台へ□ 2014年度のAndroidタブレットは405万台でシェア44%、iPadを僅差で上回る□ 世界のタブレット端末市場は2014年に2億2,611万台、成長率は鈍化傾向□ 顧客満足度1位はiPad miniで81

2014年5月28日ICT総研★フィードバック数:0デジタル家電

市場データです。

2014年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2014年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査2014年度 タブレット端末市場に関する需要動向調査 ■ 2013年度の国内タブレット端末市場は前年度比46%増の713万台■ 2013年度のiPad出荷台数は320万台でシェア45%、Androidを僅差で上回る■ 2014年度の国内需要は890万台、2015年度に1,000万台を超える市場へ■ 世界タブレット端末市場は2013年に2億

教育ICTの2020年までの市場予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング教育ICTの2020年までの市場予測 ◆ 教育用ICT機器(教育用電子黒板、教育用タブレット端末)の国内市場は、2020年には、2013年(見込)の15.5倍、1,160億円になると見込まれる。タブレット端末が市場を牽引する。◆ デジタル教科書は「一人一台のタブレット端末」の進行に合わせて拡大し、2020年には、現在の紙の教科書とほぼ同等の400億円の市場規模になると見込まれる。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東

2013年8月6日ICT総研★フィードバック数:0ビジネス

市場データです。

2013年度 法人向けタブレット端末の市場予測

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2013年度 法人向けタブレット端末の市場予測■ 2012年度の法人向けタブレット端末出荷は79万台。2015年度には2.2倍に。■ 大企業向けが4割を占めるが、今後は中小企業向けが法人市場の伸びを牽引。■ 法人向けの伸びが、2013年度以降のタブレット端末市場全体の拡大の原動力に。■ 法人の所有台数ベースのOS構成比は、iOSのシェアが69%と高い。  株式会社 ICT総研 (東京都千代

2013年6月11日ICT総研★フィードバック数:20モバイル

市場データです。

2013年度 スマートデバイス需要動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2013年度 スマートデバイス需要動向調査■ スマートデバイスの出荷台数は2012年度3,448万台。2016年度には1.3倍に。■ 2016年度にタブレット端末とノートPCの出荷台数が逆転する見通し。■ ノートPCからの置き換えも進み、法人比率は6.7%から2016年度 12.9%へ。■ ドコモ版iPhoneがもし発売された場合の購入検討者は、27%から24%に減少。  株式会社 ICT

通信モジュール端末の2020年の展望

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング通信モジュール端末の2020年の展望 ◆ 2020 年度の国内携帯電話モジュール端末市場は、✓ 契約数で、2010 年度比9.8倍の4,652万契約が見込まれる。✓ 金額ベース(端末と通信サービス料金)で、2010年度比4.7倍の2,773億円と予測。◆ 業務効率化、IT、セキュリティ監視、見守り、ホームヘルスケア、交通テレマティクスなどが年間100 万契約以上の市場を形成する。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東

2009年4月27日MM総研フィードバック数:3モバイル

2008年度通期国内携帯電話端末出荷概況

■2008年度通期は29.3%減少の3,589万台で過去最低を記録 ■シャープが825万台で4年連続1位も台数は35.3%減少 ■2009年度通期は3,320万台と予測 MM総研は22日、2008年度通期(08年4月〜09年3月)の国内携帯電話出荷状況を調査し、結果を発表した。総出荷台数は前年同期比29.3%減の3,589万台となり、2000年度以降の弊社統計調査における通期出荷台数としては2002年度の4,096万台を大きく下回り、初の4,000万台割れで過去最低となった。半期別の出荷台数では

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ