調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 第一中央汽船

「第一中央汽船」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月11日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2016年度の上場企業倒産の動向調査

2017/4/32016年度の上場企業倒産の動向調査2016年度の上場企業倒産、26年ぶりゼロに調査結果 2016年度は上場企業の倒産は発生せず、90年度以来26年ぶりのゼロとなった。足元でも2015年9月に第一中央汽船(株)が民事再生法を申請して以降、18カ月連続で発生していない 上場企業倒産は、リーマン・ショックの影響が広がり、戦後最多の件数を記録した2008年度(45件)をピークに、以降は1ケタ台で推移していた 2016年度の企業倒産件数全体でも、8年連続の前年度比減少となる見通し。こうし

2017年4月10日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年度の上場企業倒産状況(速報値:3月30日現在)

2016年度の上場企業倒産状況(速報値:3月31日17時現在) 公開日付:2017.03.31 2016年度(2016年4月-2017年3月)の上場企業の倒産は、3月31日17時現在で発生していない。年度としてはバブル末期の1990年度以来、26年ぶりに上場企業倒産が“ゼロ”となる見込みになった。月次でも、2015年9月に民事再生手続きを申請した東証1部上場の海運業、第一中央汽船(株)(負債1,196億700万円)から、2017年2月まで「17カ月連続」で発生していない。これまでの連続ゼロ期間の

2017年1月8日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2016年の上場企業倒産の動向調査

2016/12/292016年の上場企業倒産の動向調査上場企業倒産、2016年は「ゼロ」に調査結果 2016年の上場企業倒産は12月29日17時時点で発生しておらず、このまま推移すれば、ゼロで終わる見通し。“上場企業倒産ゼロ”は、2014年以来2年ぶり 上場企業倒産は、リーマン・ショックの影響が広がった2008年(33件)をピークに以降は減少傾向が続いている。2015年はスカイマーク(株)、第一中央汽船(株)など3件だった 2016年の企業倒産全体では、金融機関が返済条件の変更に引き続き応じてい

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)の全国企業倒産8,812件

2015年(平成27年)の全国企業倒産(負債総額1,000万円以上)は8,812件、負債総額が2兆1,123億8,200万円だった。は、前年比9.4%減(919件減)。7年連続で前年を下回り、1990年(6,468件)以来、25年ぶりに9,000件を割り込んだ。月次ベースでは、年間を通して1回も900件には達せず、倒産抑制がより際立った。要因としては、金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形で景気が底上げされていることも影響した

2016年1月12日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

第一中央汽船グループの債権者調査

公開日付:2015.12.25 第一中央汽船(株)(TSR企業コード:291084648、東京都中央区)と関連のSTAR BULK CARRIER CO.,S.A.(TSR企業コード:015465810、東京都中央区)が9月29日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額はそれぞれ1,196億759万円、568億5,902万円。東京地裁に提出された再生手続開始申立書には、多数の債権者が記載されているが、外航・内航の両輪を備える総合海運会社のため、申立書上の債権者は海外法人であることも多く、

2015年10月9日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

「チャイナリスク」関連倒産調査

「チャイナリスク」関連倒産調査(9月、2015年度上半期) 公開日付:2015.10.08 世界第2位の経済大国に成長した中国。潜在的な市場が魅力だが、景気減速や商習慣の違いなど「チャイナリスク」が高まっている。2015年度上半期(4-9月)に「チャイナリスク」を要因とする企業倒産は43件(前年同期30件)発生した。9月単月では、調査を開始してから最多となる11件だった。上半期の負債総額は、上場企業の倒産が2件発生したため2,117億2,000万円となり、前年同期(80億9,200万円)から大幅

2015年10月7日東京商工リサーチ★フィードバック数:0ビジネス

上場企業3,613社対象「チャイナリスク」調査

公開日付:2015.10.05 上場企業3,613社のうち、直近決算(2014.7月期-2015.6月期)の有価証券報告書で「中国」を事業等のリスクとして記載した企業は694社(構成比19.2%)と、約2割を占めた。694社のうち、 477社(同68.7%)が事業上のリスクとして「政策・政策ほかの変更」を指摘していた。この他、「景気」354社(同51.0%)、テロ・戦争・疫病などの「社会的混乱」300社(同43.2%)も上位にあがった。一方、2015年6月の上海株式市場などで起きた中国の株価下落

2012年12月6日東京商工リサーチフィードバック数:10ビジネス

2012年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査~ GC注記企業38社 前年度本決算時より3社減少 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2012年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査~ GC注記企業38社 前年度本決算時より3社減少 ~ 2012年9月中間決算を発表した上場企業2,485社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイングコンサーン注記、以下GC注記)が付いた企業は38社だった。前年度本決算(2012年3月期、41社)より3社、前年度中間期(2011年9月中間期、42社)より4社、それぞれ減少した。GC注記に至らないが

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ