「管理職」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月17日プレジデント社フィードバック数:0ビジネス

「器が小さい」と思う上司の行動トップ10

「器が小さいと思う男上司の行動」を、男上司の下で働く30代・40代の正社員、男女各500人聞いたところ、手厳しい結果に……。なぜ、そんな行動をしてしまうのか、そして部下はどう対処すべきか。上司側の心理もわかるという人材育成企業FeelWorks創業者 前川孝雄さんに分析していただきました。※[調査概要]楽天リサーチの協力でインターネットでのアンケート調査を実施。対象は、男上司の下で働く30代・40代の正社員、男女各500人。期間は2015年12月26~27日。 ※ランキングは、「かなり小さいと思

2017年5月6日リージャス★フィードバック数:0企業情報システム

「テレワークの導入は、新たな気持ちで仕事に集中できる」と 日本のビジネスパーソンの2/3が回答

「遠隔勤務」(テレワーク)は働く人に環境の変化をもたらし、生産性レベルの向上につながることが、リージャス・グループが2016年に行った最新の調査で分かりました。たとえば、日本で働く人のうち、「閉ざされた場所にいると、時折気持ちが落ち着かなくなるという自覚がある」と回答した人の中で、半数以上(54%)が「働く場所の環境が変わると安心する」と回答しました。テレワークという働き方を選ぶ人が増えている理由を探るため、リージャス・グループは日本のビジネスパーソン900人を対象に調査を実施しました。その結果

2017年3月29日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「過重労働」に関する実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「過重労働」に関する実態調査 過去1年間で過労死ライン(月間80時間)を超える 残業をした社員がいた企業は40%。 過重労働防止の取り組みとして多いのは、 「業務分担やフローの見直し」「管理職への教育」「残業の事前申請」。-人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート-「過重労働」に関する実態調査過去1年間で過労死ライン(月間80時間)を超える残業を

2017年3月24日P&Gフィードバック数:0キャリアとスキル

ダイバーシティ時代の“管理職1000人の本音”調査

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) P&Gが「ダイバーシティ時代の“管理職1000人の本音”調査」を実施“ダイバーシティ推進の目的”を明確に示せていない企業側の実態が明らかに約6割の管理職が“人材の多様化”と“自分の役割の変化の必要性”を実感も、「企業側からのサポート」があるのはわずか24.4%一方、管理職自身が望むサポートは「管理職向け研修」がトップ P&G(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社、本社:神戸市)の啓

2016年12月10日養命酒製造フィードバック数:0ライフスタイル

リーダー・管理職の胃腸冷えと免疫力に関する調査

リーダー・管理職の胃腸冷えと免疫力に関する調査

2016年11月12日ワコール★フィードバック数:0大型消費/投資

「勝負下着」に関する意識調査

クリップとは後でもう一度見たいページや、お気に入りのページを10件まで登録できる機能です。登録したページは「クリップ」の一覧より直接アクセスできます。 最新トピックス2016.11.08【「勝負下着」に関する意識調査】気持ちを切り替える、スイッチを入れるための「第2の勝負下着」の存在が明らかに! 株式会社ワコールは、20代~40代の女性1,100名を対象に、女性の「勝負下着」に関する意識調査を実施しました。 調査結果から、女性の63.1%が"普段の日"と"ハレの日"で着用する下着を分けてい

ダイバーシティに関する調査レポート 第二弾

2016.10.12≪ダイバーシティに関する調査レポート 第二弾≫ 女性活躍をサポートしたい男性は、約4割しかいない!? 「女性の方が重視されている」、「女性の方が評価され、昇進が早い」、 「女性活躍のシーンが増えて焦っている」などの"男性の3つの本音"が明らかに!  2016年4月に女性活躍推進法が施行され、性別、年齢、人種や国籍、価値観などの多様性だけでなく、キャリアや経験、働き方などの多様性に対する関心が高まりつつあります。特に、女性活躍に関するセミナーやフォーラムなどが各地で開催され、女

2016年9月12日日本能率協会フィードバック数:0マーケティング

第7回「ビジネスパーソン1,000人調査」

職場の女性活躍「今より進むべき」と考える人が7割弱に 第7回...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 職場の女性活躍「今より進むべき」と考える人が7割弱に 第7回「ビジネスパーソン...職場の女性活躍「今より進むべき」と考える人が7割弱に 第7回「ビジネスパーソン1,000人調査」女性活躍推進編 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村 正己)は、2013年より全国のビジネスパーソン1,000人に対し、職場や仕事に対する考えにつ

2016年6月29日産業能率大学フィードバック数:0社会/政治

2016年度新入社員の会社生活調査

学校法人産業能率大学は、新入社員の働く意欲や新社会人としての意識、将来の目標などに関するアンケートを実施し「2016年度新入社員の会社生活調査」としてまとめました。調査は3月28日から4月12日まで、本学の産能マネジメントスクールが開催する「新入社員セミナー」に参加した124社600人の新入社員を対象に実施し、558人(男性391人・女性167人)から有効回答を得ました。本調査は1990年度から「新入社員の会社生活調査」として継続して実施しています。 結果概要働く上で重要だと思うこと「長期間、

2016年6月13日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

自腹を切ってでも身につけたいスキル!ビジネスパーソン1カ月のスキルアップ費用

求人情報を探すエージェントサービススカウトサービス転職成功ガイドイベントDODA専門サイト登録情報設定ヘルプ表示切替求人情報を探す紹介求人を見るエージェントサービススカウトサービス選考状況を見るエージェントサービス求人応募転職成功ガイドイベントDODA専門サイト登録情報設定ヘルプ表示切替ログアウト転職なら、求人情報・転職サイトDODA(デューダ) 求人情報を探す エージェントサービス スカウトサービス 転職成功ガイド イベント ヘルプランキング・データ・調査ビジネスパーソン1カ月のスキルアップ

2016年5月7日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

エン人事のミカタ アクセスランキング2016春

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 「人事も面接が苦手?!」ーエン人事のミカタ アクセスランキング2016春ー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」( https://partners.en-japan.com )は、同サイトの2016年1月~3月におけるアクセスランキングトップ10を発表いたします。 「エン 人事のミカタ」アクセス

2016年4月9日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度 役職別人気講座ランキング

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 定額制研修サービス『エンカレッジ』、2015年度 役職別人気講座ランキングを発表―ストレスチェック義務化を背景に、メンタルヘルス対策講座が初ランクイン― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、定額制研修サービス『エンカレッジ』()の2015年度役職別人気講座ランキングを発表いたします。本ランキングは社会で求められている教育研修ニーズをはかるために2013年か

2016年4月9日パソナ★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の雇用・登用に関する企業調査

女性の雇用・登用に関する企業調査 ~女性社員を積極的に活用していきたい企業は前年比6.1%増の65.2%に~ | プレスリリース 業界別の転職特集特色と成功事例業界別の転職特集各業界の転職支援アドバイザー・成功事例・インタビュー記事をご紹介します。 パソナキャリアのご案内転職サービス・実績パソナキャリアのご案内パソナキャリアのサービスについてご紹介します。 求人情報のご案内最新の求人・特集求人を探す取引実績は16,000社以上。求人掲載数26,000件以上の求人をご紹介します。

2016年3月22日エン・ジャパン★フィードバック数:0ビジネス

「女性管理職が多い」と社員が回答した企業ランキング

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 「女性管理職が多い」と社員が回答した企業ランキング第一生命、IBM、ANAを抜いたTOP3企業は・・・? 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する企業クチコミ情報サイト『カイシャの評判』( https://en-hyouban.com/ )上では、企業の社員・元社員にアンケート調査を行ない、結果を「会社分析レポート」として公表しています。2016年4月に

2016年3月17日日本能率協会フィードバック数:0ビジネス

第6回「ビジネスパーソン1,000人調査」

第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【人間関係と貯蓄編】資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・財界記者クラブ・東商記者クラブ 2016年03月15日報道関係各位日本能率協会グループ 広報委員会第6回「ビジネスパーソン1000人調査」【人間関係と貯蓄編】管理職は一般社員より濃い付き合いを好む傾向に 〜新年度を前に、上司と部下、互いの価値観を尊重し良好な関係づくりを〜企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビ

2016年1月26日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

「ワーママ(ワーキングマザー)の就業意識」調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 出産後に仕事への意欲が低下した女性は2割に留まる。意欲を下げないポイントは、責任ある仕事を任せること。―『エン転職 WOMAN』ワーママの就業意識調査― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、日本最大級の女性向け総合求人・転職支援サービス『エン転職 WOMAN』()のサイト利用者で、子育て中の女性を対象に「ワーママ(ワーキングマザー)の就業意識」調査を行ない

2015年12月17日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「出世する人、しない人」についてアンケート

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 「出世する人、しない人」調査出世の分かれ目は、「コミュニケーション能力」と「問題解決能力」―『ミドルの転職』コンサルタントアンケート集計結果― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』()上で、サイトを利用している転職コンサルタントを対象に「出世する人、しない人」についてアンケートを行ない、119名から回答を得ました

2015年12月2日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「時間外労働(残業)」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー ストレスチェック義務化目前!企業の残業意識調査昨年に比べ、残業時間削減に対する企業意識が向上。残業時間削減に効果的な方法は…?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木 孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』( https://partners.en-japan.com

若手と管理職の意識調査

若手と管理職の意識調査

2015年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0キャリアとスキル

マイボイスコム 就業意識(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ有職者のうち、現在の仕事に満足している人は6割弱。管理職で正社員、経営者、公務員などの方が、管理職以外の正社員、契約、派遣より満足している人の比率が高い 働く上での重視点は「通勤時間、勤務地」「仕事の内容、種類」「給与水準」「労働時間」「休暇日数、休みのとリやすさ」などが上位。過去調査と比べ「自分の能力を発揮できる」「雇用の安定」「仕事の評価の適正さ」などの比率が、やや減少 仕事の満足点は「通勤時間、勤務地」「休暇日数、休みのとりやすさ」「

滋賀県での調査です。

2015年 新入社員意識調査

「2015 年 新入社員意識調査」結果「定年まで」の意識高まるも、「転職」志向も増加景気回復への期待感やそれに伴う人手不足から企業の新卒求人は改善傾向にあるものの、昨年の就職活動も厳しい状況が続いた。そのような中、今春も多くの新入社員が社会人生活の第一歩を踏み出した。毎年、県内企業の新入社員を対象に当社が実施するアンケート調査結果から、今年の新入社員の意識を探ってみたい。◇調 査 名:「新入社員意識調査」◇調 査 時 期:3月 25 日(水)~4月 24 日(金)◇調 査 対 象:当社開催の新入

2015年5月28日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性対象の調査です。

管理職に最もなりたい年代は「30代前半」

管理職に最もなりたい年代は「30代前半」前回(HITOデータvol.001:女性たちが管理職になりたくない理由)に続き、今回は女性の管理職意向とその理由を年代別に見てみる。30~34歳の4人に1人は、管理職になりたい年代別では、管理職に「なりたい」女性の割合が最も多いのは「30 ~34歳」で、4人に1人が管理職への前向きな意向があることが分かった。社会人10 年前後となる「30 ~34歳」は、組織においても、管理職の昇進が求められる年代。企業の管理職登用の動きとも連動して、期待に応えて、管理職に

2015年5月8日日経BPフィードバック数:0キャリアとスキル

企業の女性活用度調査

2015年5月7日『日経WOMAN』と日経ウーマノミクス・プロジェクトが「企業の女性活用度調査」を実施。2015年「女性が活躍する会社BEST100」総合ランキング第1位は2年連続で資生堂に決定 働く女性のキャリアとライフスタイルを応援する女性誌『日経WOMAN』(発行:日経BP社)と日経ウーマノミクス・プロジェクトは、2015年版「企業の女性活用度調査」を実施。過去最多となる539社から得た回答を基に、『日経WOMAN』6月号(5月7日発売)誌上にて総合ランキングBEST100を発表しました。

2015年4月29日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

民間企業の「ハラスメント対策」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 民間企業の「ハラスメント対策」実態調査人事が自社で発生するハラスメントを知るきっかけ第1位は第三者からの相談。ー人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケートー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人事担当者向け中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』( https://partners.en-japan.com )上でサイト利用

2015年4月27日インテリジェンス★フィードバック数:0キャリアとスキル

女性対象の調査です。

管理職への意識調査

 メインメニュー訪問者別メニュー サブメニューサイト内検索 サイト内の現在位置ホームニュースリリースインテリジェンスHITO総合研究所・転職サービス「DODA」 75.6%の女性が「管理職になりたくない」 管理職への意識調査を発表 インテリジェンスHITO総合研究所・転職サービス「DODA」75.6%の女性が「管理職になりたくない」 管理職への意識調査を発表はたらく女性を4タイプに分類、管理職になりたい理由・なりたくない理由の違いを調査2015年4月27日「働く人」と「組織」に関する研究機

2015年4月21日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

新入社員調査です。

2015年度 新入社員 春の意識調査

1.【新設問】女性新入社員「管理職になりたい」に対し「そう思う」とする回答が53.5% 自身の考えに近いものを選択する設問において、「管理職になりたい」に対し、女性新入社員のうち「そう思う」と回答した 割合が53.5%となった。男性新入社員は同設問に76.3%が「そう思う」と回答し、男女で差があった(本紙2ページ記載)。 2.【新設問】「管理職になりたい」1番の理由 男女共に最も多い回答は「様々な業務に挑戦したい」(全体39.4% 男性37.4% 女性46.7%) 上記設問「管理職になりたい」に

2015年3月30日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2014年度役職別人気講座ランキング

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 定額制研修サービス『エンカレッジ』2014年度 役職別人気講座ランキングを発表― 伝達手段の変化・グローバル化を背景にコミュニケーション関連の講座が人気― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、定額制研修サービス『エンカレッジ』( / )の2014年度役職別人気講座ランキングを発表いたします。 伝達手段の多様化・グローバル化が背景となり、対人関係強化やスムー

2015年3月29日リクルート★★フィードバック数:0キャリアとスキル

転職についてのまとまった調査です。

第28回転職世論調査

「第28回転職世論調査」実施株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 水谷 智之)は、転職を実現したビジネスパーソン2,426名を対象に「第28回転職世論調査」を行いました。この調査は「何を求めて転職に踏み出すのか?」「転職先を選択する際の最優先項目は?」など、転職活動全般にわたる、その時々の意識や行動の決め手となったものを調査したものです。 今後、キャリアアップして管理職に就きたいですか?「チャンスがあれば、管理職になりたい」42.6%「管理職になりたいと強く思っている

2015年3月6日Weber Shandwick★フィードバック数:0マーケティング

企業の顔としてのCEOについてのレポートです。

CEOレピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために

CEO レピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために ウェーバー・シャンドウィックは、KRCリサーチ社と共同で、北米、欧州、アジア太平洋地域および中南米の19カ国1,700人以上の管理職を対象とする調査結果「CEOレピュテーションの付加価値:エンゲージメント時代を勝ち抜くために(原題:The CEO Reputation Premium: Gaining Advantage in the Engagement Era)」を発表しました。調査結果では、管理職の81%が、コーポ

企業と労働者それぞれの調査です。

「人材マネジメントのあり方に関する調査」および「職業キャリア形成に関する調査」結果

「人材マネジメントのあり方に関する調査」および「職業キャリア形成に関する調査」結果 ―就労意欲や定着率を高める人材マネジメントとはどのようなものか― 概要本調査は、企業の動向を把握するため、毎年テーマを変えながら実施しているもの。今回は、少子高齢化等に伴い労働力人口が減少するなか、①人材活用の今後の見直しの方向性、②管理職マネジメントや職業キャリア形成のあり方の変化、③雇用管理や人材育成の実施状況とその課題――などをテーマに設定した。企業とそこで働く正社員ミドルマネジャーを対象に、アンケート調

2015年2月20日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本生産性本部の調査です。

第6回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」

第6回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」結果概要 〜経営者や管理職の理解・関心が薄い理由は女性社員の育成経験がないこと〜産業界労使、学識経験者などで構成する公益財団法人日本生産性本部は、第6回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」を実施した(2009年から毎年実施)。今回から、各地域の全国生産性機関の協力を得て、対象企業を拡大して調査を実施した。なお、当本部では、2008年に「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」を発足し、働く女性の活躍を応援する活動を展開している。今回の調査結

2015年2月20日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

管理職へのキャリアアップ志向はありますか?

転職希望者のホンネ調査2015年02月20日管理職へのキャリアアップ志向はありますか?今回の調査では「管理職へのキャリアアップ志向はありますか?」と質問しました。 その結果、『ない』との回答が3割にのぼり、出世志向を持たない人が増えている事が伺えました。理由をみていくと「仕事に拘束される時間が多くなり、ワーク・ライフ・バランスを保つのが難しくなりそう」といったプライベート重視したい人や「大変そう」といった責任を負いたくない人が多いようです。 逆に『ある』との回答には「仕事をする以上は上にいきたい

2014年12月23日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

半年経った新入社員調査です。

2014年度 新入社員 秋の意識調査

<主なポイント> 1. 【新設問】女性新入社員「あなたは管理職になりたいですか」という設問に対し、72.8%が「なりたくない」と回答 2. 【新設問】管理職になりたくない理由を問う設問において、男女共に最も多い回答は「自分の自由な時間を持ちたい」 3. 【男性新入社員の7 割】男性新入社員「子供が生まれたときには、育児休暇を取得したい」という設問に対し、「そう思う」とする回答(70.0%) 4. 【直近10 年間で最高】「条件の良い会社があれば、さっさと移るほうが得だ」という設問に対し、「そう思

2014年12月3日サーブコープ★フィードバック数:0ビジネス

ビジネスマナーについての調査です。

【40代・50代の管理職400人に聞く!】 日本のビジネスマナー、ホントに押さえておくべき常識って?

【40代・50代の管理職400人に聞いた】 日本のビジネスマナー、ホントに押さえておくべき常識って?日本においては、暗黙のルールとなっている慣例・慣習も多いため、常識的な振る舞いをしているつもりでも「非常識」「マナーがなっていない」と認識されてしまう可能性もあります。上司や初対面の取引先が重んじる暗黙の日本式ビジネスマナーとは一体…!?そこで、今回は40代、50代の管理職400人に、日々の仕事から夜の付き合いまで、押さえておきたいポイントについて聞いてみました。あなたのビジネスマナー、見られてい

2014年12月1日朝日新聞社★フィードバック数:0キャリアとスキル

アエラの調査です。

他人事じゃない!45歳銀行員「黄昏研修」 アンケートに見る40代の不安と現実

他人事じゃない!45歳銀行員「黄昏研修」 アンケートに見る40代の不安と現実給与は頭打ち、ポストも減少、肩たたきは目の前。 今の会社に残るべきか、飛び出すべきか。多くの人が、迷っている。 残りの人生、どこで、どう働くのか。今だからこそもう一度考えたい。 (編集部・石臥薫子、鎌田倫子)「とうとう来たか」メガバンクで働く男性(47)のパソコンに、一昨年、人事部からメールが届いた。45歳で受ける通称「黄昏(たそがれ)研修」のお知らせ。先輩から聞いてはいたものの、実際に受け取ってみるとショックだった。男

2014年10月3日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

プロ管理職についての調査

プロ管理職についての調査

2014年9月2日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

組織成果につながる多様性の取り組みと風土

ノンテクニカルサマリー 組織成果につながる多様性の取り組みと風土 谷口 真美 (早稲田大学 / マサチューセッツ工科大学) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2

2014年8月29日日本生産性本部★フィードバック数:0ビジネス

日本生産性本部の調査です。

第3回 職場のコミュニケーションに関する意識調査

公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)は、2013年6月から日本生産性本部主催の階層別公開セミナー等の受講者のうち、管理職層と一般社員層を対象に2種類のアンケートを実施した。今回は管理職層の回答の中から課長職のみの回答417件、一般社員層の回答の中からは入社2年目社員から係長・主任・職場リーダークラス(部下評価権限のない方々)までの回答1045件を抽出し、比較分析を行った。結果概要は以下のとおり。1.部下、または後輩の仕事への「やる気を感じている」課長は、78.2%。一方、能力や仕事ぶり

2014年8月15日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

組織成果につながる多様性の取り組みと風土

組織成果につながる多様性の取り組みと風土 谷口 真美(早稲田大学 / マサチューセッツ工科大学) 概要企業経営のグローバル化とともに企業を取り巻く環境の不確実性が増してきている。常に新しい製品やサービスを作り出し、新たな戦略を競合他社に比べてスピーディに実行しなければ、企業は持続的競争優位を構築しえない。本稿は、人材の多様性が集団のプロセスを経て組織成果にプラスにはたらくために企業が何をすべきか、具体的かつ実践的な取り組みを示す。分析1では、管理職と一般社員の性別多様性の高低により3つのグ

2014年8月7日アイ・キューフィードバック数:0キャリアとスキル

「女性管理職」についてWEBアンケート

今、活躍中の女性管理職に期待することは“後輩社員の憧れる存在...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 今、活躍中の女性管理職に期待することは “後輩社員の憧れる存在”になること~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~ 株式会社アイ・キュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 城)が運営する日本最大の人事ポータルサイト『日本の人事部』()では、全国のビジネスパーソン(経営者、管理職、人事担当者 他)へ「女性管理職」についてWEBアンケートを実施し、結果をまとめ

労働政策研究・研修機構の調査です。

「人材マネジメントのあり方に関する調査」および「職業キャリア形成に関する調査」

「人材マネジメントのあり方に関する調査」および「職業キャリア形成に関する調査」結果 ―就労意欲や定着率を高める人材マネジメントとはどのようなものか― 概要本調査は、企業の動向を把握するため、毎年テーマを変えながら実施しているもの。今回は、少子高齢化等に伴い労働力人口が減少するなか、①人材活用の今後の見直しの方向性、②管理職マネジメントや職業キャリア形成のあり方の変化、③雇用管理や人材育成の実施状況とその課題――などをテーマに設定した。企業とそこで働く正社員ミドルマネジャーを対象に、アンケート調

2014年7月9日LiB★フィードバック数:0キャリアとスキル

Piktochartを使用してまとめています。

アベノミクス「女性社会進出」調査企画 過去到達年収400万超ハイキャリア女性限定調査

アベノミクス「女性社会進出」調査企画 過去到達年収400万超ハイキャリア女性限定調査約50%の女性が、将来的に経営幹部・管理職になりたい! 一方で、女性が活躍するためには、福利厚生・制度の充実が必須条件 特に結婚・出産後は、在宅・時短勤務制度を利用したい女性が80%超 2014年7月9日キャリア女性に特化した会員制の転職サイト「リブズキャリア」を運営する株式会社LiB(所在地:東京都渋谷区 代表取締役:松本 洋介)は、当サイトの20代から50代の会員116人に、今後の自身のキャリアについてアンケ

2014年6月19日産業能率大学★フィードバック数:0ビジネス

新入社員調査です。

2014年度新入社員の会社生活

学校法人産業能率大学は、新入社員の働く意欲や新社会人としての意識、将来の目標などに関するアンケートを実施し「2014年度新入社員の会社生活調査」としてまとめました。この調査は、3月26日から4月10日まで、本学の産能マネジメントスクールが開催する「新入社員研修セミナー」に参加した新入社員のうち150社500人を対象に実施し、485人(男性318人・女性167人)から有効回答を得ました。本学では1990年度から、「新入社員の会社生活調査」として継続して実施しています。 結果概要SNSを「ほぼ毎日

2014年6月4日トランストラクチャ★フィードバック数:0キャリアとスキル

管理職、非管理職の比率等についての意識調査です。

適正人員数・人員構成に関する調査

2014年6月4日非管理職に比べ、管理職が多すぎる企業が4割 ~適正人員数・人員構成に関する調査結果より~ 株式会社トランストラクチャ(本社:東京都千代田区、代表取締役:林 明文)は、2014年5月16日~29日に、上場および未上場企業の人事担当者を対象に「適正人員数・人員構成に関する調査」を実施いたしました。■調査結果概要(1) 管理職の比率が高すぎると感じている企業が4割を超える(2) 社員の平均年齢は「40歳以上45歳未満」の企業がトップ。理想は「35歳以上40歳未満」(3) 組織パフォー

2014年6月1日エン・ジャパン★フィードバック数:0キャリアとスキル

エン・ジャパン社員対象の調査です。

ワーキングマザーに関する意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパンメニュー 92%のワーキングマザーが出産前より仕事への意欲が上昇。要因は「仕事観・キャリア観の変化」。~エン・ジャパン「ワーキングマザーに関する意識調査」 ~人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)は、ウーマノミクスをはじめとする「女性の活躍支援・推進」同様、「女性が世界で一番活躍する会社」を目指して、日々活動しております。近年は、社内で育児休業明け社員の人数が大幅に増加し

2014年5月22日アイ・キューフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職しても活躍している人材の出身企業」ランキングTOP5

「他社でも通用する人材」を育てている会社、1位はやっぱり… ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 「他社でも通用する人材」を育てている会社、1位はやっぱり…~「転職しても活...「他社でも通用する人材」を育てている会社、1位はやっぱり…~「転職しても活躍している人材の出身企業」ランキングTOP5を発表~ 変化が目まぐるしい時代において、外部環境に左右されることなく活躍している人材の共通項・特徴にはどのようなものがあるのか。株式会

2014年3月27日東京都フィードバック数:0キャリアとスキル

企業における男女雇用管理に関する調査

平成25年度東京都男女雇用平等参画状況調査結果報告女性の活躍促進への取組等企業における男女雇用管理に関する調査平成26年3月27日産業労働局 東京都では、昭和56年度より毎年度、職場における男女平等の推進に関する実情と課題を把握するための調査を実施しております。今年度は、男女雇用機会均等法、改正育児・介護休業法への対応のほか、女性管理職、ポジティブ・アクションに関することを調査しました。このほど調査結果がまとまりましたので、お知らせします。※ポジティブ・アクションとは、固定的な性別による男女の役

2014年3月19日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

企業における職場環境と女性活用の可能性-企業パネルデータを用いた検証-

企業における職場環境と女性活用の可能性-企業パネルデータを用いた検証-概要本稿では、企業パネルデータを用いて、どのような企業で女性活用が進んでいるのかを定量的に明らかにする。検証の結果、職場の労働時間の短い企業、雇用の流動性の高い企業、賃金カーブが緩く賃金のばらつきの大きい企業、WLB施策の充実している企業では、正社員女性比率や管理職女性比率が高くなっていることがわかった。このことは、長時間労働、長期雇用、大きい労働の固定費用、画一的な職場環境といったものが、企業における女性活用の阻害要因になっ

2014年2月2日日本生産性本部★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業対象の調査です。

第5回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」

産業界労使、学識経験者などで構成する公益財団法人日本生産性本部(理事長 松川昌義)は、第5回「コア人材としての女性社員育成に関する調査」を実施した(2009年から毎年実施)。なお、当本部では、2008年に「ワーキングウーマン・パワーアップ会議」を発足し、働く女性の活躍を応援する活動を展開している。 今回の調査結果の主なポイントは以下のとおり。1.役員、部長(相当職)、課長(相当職)のすべての役職で女性比率が増加し、女性管理職(課長ないし課長相当職以上)が増加したとする企業も増加している(56.9

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ