調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米ドル為替

「米ドル為替」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

米利上げを織り込む動きが進行する新興・資源国市場

情勢判断新興・資源国経済金融米利上げを織り込む動きが進行する新興・資源国市場多田 忠義要旨FOMC メンバーによる米利上げの予想ペースが、これまでに比べ緩やかとなったことから、新興・資源国の株・通貨に一時買い戻しの動きも見られた。しかし、資源価格は下落傾向で、米利上げを織り込む動きが進行しており、月を通じてみると株安・通貨安であった。原油は 60 ドル前後の水準を維持、一方他の資源価格は下落傾向ースが、これまでに比べ緩やかとなった5 月末から 6 月にかけての原油価格時買い優勢となったが、月を通

資源価格持ち直しも一進一退の新興・資源国市場

情勢判断海外経済金融資源価格持ち直しも一進一退の新興・資源国市場多田 忠義要旨4 月の米経済指標は強弱まちまちで、利上げ時期をめぐる思惑は交錯した。また、原油価格は 1 バレル=60 ドル前後まで回復し、他の資源価格も持ち直し傾向である。一方、新興・資源国の株価、通貨は各国の個別材料で一進一退であった。原油は 60 ドル前後まで回復も、他の資源価格も持ち直し傾向源価格の動向、ギリシャ情勢に注意する4 月の米経済指標は強弱まちまちであ価格の上昇やギリシャ情勢の悪化は、更った。雇用や住宅関係は悪天候

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場

情勢判断海外経済金融米利上げ予想後ずれで買い優勢の新興・資源国市場多田 忠義要旨4 月に発表された米雇用統計は事前予想を下振れたほか、多くの経済指標が不冴えだったことで、米景気に対する先行き懸念が浮上し、利上げ時期が後ずれするとの見方が広がり、新興・資源国の株・通貨は買い優勢となった。また、原油価格は 1 バレル=55 ドル前後まで回復し、底入れしたとの見方も資源国にとっては好材料である。ただし、世界的な低成長が懸念されており、この流れは長続きしない可能性もある。買い優勢の新興・資源国の株・通貨

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ