調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米ドル相場

「米ドル相場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

6月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 スピード調整の可能性に留意日経平均株価5月末20,563.15円前月末比5.34%【先月の回顧】5月の国内株式市場は、年初からの堅調地合を引き継ぎ、上昇しました。月初は、米国景気への懸念や、イエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長の株式市場を割高視する発言などで下落して始まりましたが、英国総選挙での与党保守党の勝利や、安定した米国雇用統計などを受けて、株価は上昇に転じました。その後も、良好な株式需給関係が継続する中、

2015年4月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀、追加利下げの可能性は変わらず ~商品市況と企業向け融資の動向が鍵も、早ければ来月利下げの可能性~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀、追加利下げの可能性は変わらず~商品市況と企業向け融資の動向が鍵も、早ければ来月利下げの可能性~発表日:2015年4月7日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国の景気減速や商品市況の調整を背景に豪州経済は厳しい環境に直面する一方、足下では原油安などがインフレ圧力の後退を促している。準備銀は豪ドル安志向を強めるなか、米国の利上げ観測も豪ドル安圧力を高めてきた。一方、低金

2015年1月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

1月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 堅調相場を想定12月末17,450.77円日経平均株価前月末比-0.05%【先月の回顧】12月の国内株式市場は、上下に振れの大きな展開でした。月初は、米国雇用統計など良好な経済指標の発表や、衆議院議員選挙において与党が優勢との新聞社調査などが好感され上昇しました。しかし、原油価格が急落し、産油国であるロシアの通貨と株式が大きく売られると、金融市場全般が不安定化したことなどから、日本株も大幅に下落しました。ところが、FOM

6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

6月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 上昇への足場を固める局面日経平均株価5月末14,632.38円前月末比2.29%【先月の回顧】5月の国内株式市場は、上中旬に下落しましたが、下旬に上昇しました。上旬は、良好な米国経済指標を受け上昇して始まりましたが、ウクライナ情勢の悪化や円高の進行により、下落に転じました。中旬も、米国株高などが好感される局面はありましたが、欧州の金融緩和観測や米国金利の低下などで円高がさらに進んだことから、株式市場は下落基調が続きました

5月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

5月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 消費増税後の景気動向にらみ一進一退日経平均株価4月末14,304.11円前月末比-3.53%【先月の回顧】4月の国内株式市場は、前半下落しましたが、後半はやや持ち直しました。月初は、良好な米国経済指標の発表を受け、堅調に始まりましたが、その後は、米国のインターネット関連株やバイオ株の下落を契機に米国株全般が調整すると、日本株もそれに連れて下落しました。中頃になると、安倍首相と黒田日銀総裁の会談が約4カ月ぶりに開かれたこと

2014年2月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 投資家心理の落ち着きを待って、後半反発へ日経平均株価1月末前月末比14,914.53円 -8.45%【先月の回顧】1月の株式市場は、中旬まで横ばい圏で推移しましたが、下旬に大きく下落しました。上中旬は、米国経済指標の強弱や、それを受けた米国金利動向、為替動向に一喜一憂する展開で、日々の株価はやや荒い値動きだったものの、全体的には横ばい圏で推移しました。下旬は、中国の経済指標下振れや、アルゼンチン・ペソの急落をきっかけに新

マーケットレター【ブラジルが0.5%ポイント利上げ】 [247.4KB]

ブラジルが0.5%ポイント利上げ2014年1月16日<ブラジル中央銀行:0.5%ポイントの利上げで政策金利は10.5%に>ブラジル中央銀行は、1月14日(現地、以下同様)から15日にかけて金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(Selic Target Rate)である翌日物金利の誘導目標を全会一致で0.5%ポイント引き上げて10.5%としました。中央銀行は2013年4月の会合で利上げを開始し、今回で7回連続となりました。中央銀行は声明文において、「2013年4月より始めた政策金利の調整

2013年11月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

香港ドル-カレンシーボード30周年の節目

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 (カレンシーボード制)香港ドル相場は、周知の通り、1983年以来、カレンシーボード(貨幣局)制下で米ドルにペッグされている(一定範囲内での上下変動を許容)。カレンシーボードを採用する国・地域は現在、バーミューダ、ケイマン諸島といったタックスヘイブン地域を除くと、ブルガリア、リトアニア(何れもユーロにペッグ)等、世界的にごく一部に限られている。他方で、人民元改革が進められ、人民元の対米ドル相場が上昇して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ