調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国サイド

「米国サイド」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年10月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

為替はやはり「達磨さんが転んだ」、ドル高でも牽制なし

リサーチ TODAY2014 年 10 月 10 日為替はやはり「達磨さんが転んだ」、ドル高でも牽制なし常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創円安が進み、円レートは一時110円台と2008年以来6年ぶりの水準になった。筆者が為替について長らくストーリーラインとしてきたのは、「達磨さんが転んだ」というゲームだ。下記の図表にあるように、戦後の為替の5年10年といった中期トレンドの転換はすべて米国サイドにあった。すなわち、「ゲームのルール」を決める「鬼」の主導権はいつも米国サイドにあったということ

2013年5月15日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

「達磨さんが転んだ」と「第4の矢」の重要性

リサーチ TODAY2013 年 5 月 14 日「達磨さんが転んだ」と「第4の矢」の重要性常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創2000年代後半以降の日米欧を巡る環境は、バランスシート調整を同時に抱えた状況下、各国が財政の制約を抱えた「通貨戦争」、生き残りをかけた自国通貨安への綱引き合戦となる「新重商主義」の様相を呈していた。しかし、残念ながら日本と米国サイドの間には厳然たる通貨政策の力関係の壁があった。下記の図表は戦後の円ドル相場を振り返ったものだが、図表の①から⑦に示した5年、10年の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ