調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国ユーロ圏

「米国ユーロ圏」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経常黒字国の通貨安、赤字国の通貨高、どこかおかしい世界

リサーチ TODAY2015 年 5 月 27 日経常黒字国の通貨安、赤字国の通貨高、どこかおかしい世界常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は『内外経済見通し』を発表した1。そのなかで、グローバルな金融・財政政策の枠組みに注目した。2007年のサブプライム問題・2008年のリーマンショックにより世界が同時にバランスシート調整に入って以降、日米欧は当初、金融・財政政策共に緩和政策をとった。しかし、欧州債務危機を経て、先進各国は金融緩和・財政緊縮の流れに大きく舵を切った。このよ

2014年8月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2014・15年度 内外経済見通し

2014・15年度内外経済見通し2014年8月15日[海外経済]先進国を中心に緩やかに回復◆米国経済:財政緊縮による下押しが薄れる中、民間需要が緩やかに拡大。2015年後半に利上げへ2014年:+2.1%(6月予測+2.2%)2015年:+2.9%(6月予測+2.9%)◆欧州経済:輸出・設備投資主導で回復が続くものの、バランスシート調整圧力が残る国も多く、低成長にとどまる見通し2014年:+0.8%(6月予測+1.0%)2015年:+1.2%(6月予測+1.3%)◆アジア経済:輸出を中心に景気は

2013年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

世界中、ディスインフレと金融緩和で資産価格上昇

リサーチ TODAY2013 年 11 月 19 日世界中、ディスインフレと金融緩和で資産価格上昇常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日米欧の消費者物価の推移である。日本の消費者物価は今後上昇に向かうが、来年の上昇率は漸く1%程度との見通しだ。米国の物価は、ドル高と世界的な商品価格の安定から、ディスインフレ的状況にある。欧州は景気後退にあって物価トレンドは低下している。日米欧の物価指標は1%程度に収斂している。一方、金融政策に目を向けると、米国のQE3縮小は、当初2013年内と

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ