調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国リート

「米国リート」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

米国リートの投資環境について -足元の米国リート市場の動向と今後の見通し-

2015年5月28日米国リートの投資環境について足元の米国リート市場の動向と今後の見通し(1/2)情報提供資料概要 4月以降の米国リート市場は、世界的なポジションの巻き戻しの影響を受け、調整色を強めている。 今後の注目点として政策金利の引き上げ時期が挙げられるが、米国リートにより大きな影響を与えるのは長期金利であり、過去の経験則によると政策金利の引き上げが長期金利の上昇につながるとは必ずしも言えない。 世界的な金利動向やインフレ水準を考慮すると、今後利上げが実施された場合でも、短期金利に対

利上げが意識されはじめた米国リート市場

利上げが意識されはじめた米国リート市場2015年3月9日<市場動向〜上昇に転じた長期国債利回りなどが足元のリート市場のマイナス要因>米国リート市場は、1月は過去最高値を更新する展開となりましたが、その後は反落しています。足元の下落の背景としては、�@米国の利上げが視野に入ってきたことで長期国債利回りが上昇に転じたこと、�A一部リートの2015年業績見通しが年初ということもあり市場予想に比べ慎重な内容となったこと、�B大手リートによる大型増資に応募するための資金手当て用の換金売りによる市場の需給悪

米国リート10-12月期の業績動向

米国リート10-12月期の業績動向

『米国リート』 4-6月期の業績動向~好決算が続く~

『米国リート』 4-6月期の業績動向~好決算が続く~

息の長い上昇局面に向かう米国リート市場

息の長い上昇局面に向かう米国リート市場2014年7月29日<市場動向>米国リート市場は、昨年12月中旬を底に上昇基調に転じた後、足元では最高値を更新する展開になっています。主な背景としては次の2点が挙げられます。1点目は米国の利上げに対する警戒の後退と長期金利の低下が挙げられます。FRB(米国連邦準備制度理事会)は量的金融緩和策の縮小を進めており、今年10月の会合で資産購入プログラムの終了が発表される見込みですが、量的金融緩和策の終了後も「相当な期間」低金利を維持する方針を再三にわたって示してい

年初来高値を更新する米国リート市場

年初来高値を更新する米国リート市場2014年4月23日<市場動向>米国リート市場は、昨年12月中旬を底に上昇に転じた後、堅調な推移が続いており、年初来高値を更新しています。主な背景としては次の3点が挙げられます。1点目は米国の金融政策に対する不透明感の後退です。昨年12月にFRB(米国連邦準備制度理事会)は量的金融緩和の縮小を決定し段階的な縮小を図っていますが、金融政策の修正については慎重に進める姿勢を強調するとともに利上げ時期についても想定される時期を示唆するなど、金融政策の方向性を提示するこ

Market eyes No.120【『米国リート』 10-12月期の業績動向】

Market eyes No.120【『米国リート』 10-12月期の業績動向】

Market eyes No.110【米国リート7-9月期の業績動向】

Market eyes No.110【米国リート7-9月期の業績動向】

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ