「米国人」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年1月25日言論NPOフィードバック数:0社会/政治

第一回日米共同世論調査

北朝鮮問題の解決を日米の両国民はどう考えているのか ー言論NPOと米・メリーランド大学の第一回日米共同世論調査 今回の調査は、北朝鮮の核兵器問題の解決や有効な対策、さらには米国の軍事行動の是非や今後の日米の対応などをめぐって、日本と米国の国民に尋ねたものである。 今回の調査でまず明らかになったのは、米国が軍事行動を起こすことについて米国内でも32.5%が支持するなど日米両国民間にもある程度の支持があるが、最も有効な手段は外交努力であり、軍事行動は最後の手段として理解されているということである。 

米国で需要急増の職業ランキング

Jeff Kauflin,Forbes StaffI cover leadership, management and careers. kurhan / Shutterstock.com5月の米国の失業率は4.3%に下がり、5年前の半分近い水準となった。仕事に就く米国人の数は何百万人も増えているが、そのうち最も速いスピードで数が増えている職業は何だろうか?フォーブスは、最も速く増加している職業を調べるために、米労働統計局と国勢調査局が共同で実施する米国人口動態調査のデータを参照し、2015年と

2017年7月23日日本生産性本部★★フィードバック数:0ライフスタイル

サービス品質の日米比較

公益財団法人日本生産性本部は7月12日、「サービス品質の日米比較」を発表した。サービス産業の労働生産性水準は米国の半分程度にとどまっているが、その原因の一つに高いサービス品質が生産性に十分反映されていない点が挙げられている。実際、2009年に日本生産性本部が実施した調査でも、多くの分野で日本のサービス品質が米国より高い評価を得ている。ただ、調査実施から8年を経過していることもあり、日本生産性本部は深尾京司・一橋大学経済研究所教授を主査とする「サービス品質に関する日米比較調査研究会」を立ち上げ、現

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ