「米国企業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年5月10日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

Digital Disconnect in Customer Engagement

Skip to main content Skip to Footer2016年4月27日アクセンチュア株式会社アクセンチュア最新調査――人間による顧客対応へのニーズが高まる中、米国企業は顧客を失う恐れがあることが判明 デジタルテクノロジーへの適切な投資によって、人間味の無い対応による顧客離れの回避が可能 【ニューヨーク発:2016年3月23日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の調査によると、米国の消費者の83%は顧客窓口での対応を受ける際、デジタルではなく人間による人間味のある対応を求めてい

2015年6月25日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル海外

アメリカの状況です。

米国のインターンシップの特徴を探る~募集・選考編~

Column リクルートワークス研究所は、米国のインターンシップ実施状況を把握するため、人材採用コンサルティング会社CareerXroads社の協力を得て、『2015 Internships USA』調査を実施した。前回に引き続き計3回にわたって、この調査から、採用規模、予算配分、募集・選考方法、さらには内定オファー率/受諾率など、米国で現在行われているインターンシップの特徴を探ってみたい。『2015 Internships USA』調査概要調査期間:2015年3月26日~4月13日調査方法:イ

2015年6月9日日本証券経済研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国企業の配当リキャップ(Dividend Recapitalization)-リキャップCBの原型-

米国企業の配当リキャップ(Dividend Recapitalization)-リキャップCBの原型-

2015年4月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国企業は21四半期ぶりの減益、金融政策に影響も

米国企業は21四半期ぶりの減益、金融政策に影響も

2015年3月25日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

米国企業のアジア展開事例(2015年3月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最近のビジネスニュースや政治・経済の概況、貿易・投資実務に役立つ制度・手続き情報や各種統計、調査レポートなどをお届けしています。 各国・地域別にご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 米国企業のアジア展開

先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・マンスリー 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】2015年03月02日日米欧の株価は、企業業績の拡大期待、低金利環境の継続、景気の回復傾向から堅調に上昇しました。ギリシャは、欧州連合(EU)と、同国支援策の協議を6月末まで延長することで合意しました。 米国株は、企業業績の底堅さ、低金利環境の継続観測から月後半に史上最高値を更新しました。日本株は、欧米株の上昇、

2014年7月29日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

消費増税後の経済 -資産面からみた課題

消費増税後の経済 —資産面からみた課題櫨 浩一 (ニッセイ基礎研究所専務理事/東京工業大学大学院社会理工学研究科連携教授) 片岡 隆一 (RIETIコンサルティングフェロー/財務省大臣官房参事官(主計局担当)) 日本経済は、消費増税の影響を乗り越えて回復を続けられるか、2014、15年度の経済見通しをご説明します。さらに、日本経済が今後も経済的な発展を続けるための課題を考えてみたい。中長期の経済予測作業を行ってきた中で、持続可能なのか疑問に思っている日本経済の長期的なトレンドについて、どう考える

2014年4月24日キリバフィードバック数:0ビジネス

財務不正に関するアンケート調査

5社中4社が横領等の不正の危険にさらされている – キリバ社調べ米国Kyriba Corporationが行ったアンケート調査によると、不正は米国の企業においてまだ大きな問題となっていることがわかった。本調査によると、78.4%もの企業で横領など不正行為や未遂事件が発生し、その内29.9%の企業が実際の金銭的被害を被った。未遂も含め不正行為がなかったのは12社中1社のみで、7社中1社の財務・資金担当者は不正に直面した事実すら認識していなかったことがわかった。不正はいつ、どの企業にも起きる可能性は

2014年1月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

米国転換による2014年のアップワードバイアス

リサーチ TODAY2014 年 1 月 8 日米国転換による2014年のアップワードバイアス常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨日のTODAYで2014年を展望するに当たり、2013年には先行き見通しを前向きに大きく舵を切ったとした。その背景には、結局米国経済の見通しを、それまでの2006年以降の家計を中心としたバランスシート調整の長期化シナリオから、調整進展に向けて大きく軌道修正したことがあった。それは同時に、ドル安誘導を行なっていた為替政策が終焉し、為替がドル高に向かう転換を意味し

2013年12月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年12月号

みずほ米国経済情報2013年12月号[米国経済の概況]◆米国経済は、長期金利上昇や財政面の不透明さという逆風に耐えうる体力を蓄えていたようだ。7~9月期の実質GDP成長率(確報)は前期比年率4.1%、国内最終需要は同2.3%と共に上方修正されている。◆2013年の米国経済はアベノミクスと同じ言葉で振り返ることができる。本格的な景気拡大に欠かせない「3本の矢」が放たれた。第1の矢は、家計部門におけるバランスシート調整の一段の進展だ。◆第2の矢は量的緩和(QE3)の目的であった雇用の持続的拡大である

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ