調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国労働省

「米国労働省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

マーケットレター【12月の米国雇用統計は天候要因で下振れ】

12月の米国雇用統計は天候要因で下振れ2014年1月14日<非農業部門雇用者数は前月差7.4万人の増加>2013年12月の非農業部門雇用者数(事業所調査ベース)は前月差(以下同じ)7.4万人と、市場予想の19.3万人に対して大きく下振れ、2011年1月に6.9万人を記録して以来、最少の増加幅となりました。民間部門が8.7万人に対して、政府部門が▲1.3万人でした。11月と比較して、建設が1.9万人から▲1.6万人、製造業が3.1万人から0.9万人、広義のサービスが17.5万人から9.0万人、うち

2013年10月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(10月12日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(10月5日〆週)

Economic ResearchBTMU FOCUS USA DiaryUra Satoko 浦 賢子sura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報October 17, 2013【米国経済指標】米国経済指標】失業保険申請件数(失業保険申請件数(10 月 12 日〆週):前週比▲前週比▲1.5 万件の万件の 35.8 万件、万件、失業保険受給者数(10 月 5 日〆週)同▲4.3 万人の万人の 285.9 万人10 月 12 日〆週の新規失業保険申請件数は前週

2013年9月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年9月号

みずほ米国経済情報2013年9月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は総じて事前の市場予想を下回る動きが続いている。すでに7月会合時点から景気回復の持続性に対する自信が低下していたFOMCは、自信を取り戻すことなく9月会合でQE3縮小を見送ることを決めた。◆QE3縮小見送りには、他に2つの理由がある。今夏の金利上昇の影響を見極めたいことと、財政を巡る不透明感の高まりだ。前者については特に昨年後半から回復の勢いを増していた住宅市場への影響が懸念されている。◆7月の新築住宅販売は大きく悪化していたが

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ