調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国労働省

「米国労働省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年6月号

みずほ米国経済情報2014年6月号[米国経済の概況]◆米国経済は回復が続いている。持ち直しが遅れていた経済指標の一部にも底離れの動きが確認されるようになっており、今後、回復モメンタムの強まりに拍車がかかる可能性がある。◆企業業況、雇用は一段の改善をみせている。個人消費の伸びが続き、設備投資は改善傾向にある。ただ建設投資は冴えないままだ。海外経済の先行きと油価の動向が気がかりだが、企業の設備投資マインドは良好である。◆住宅市場では、新築住宅に比べて出遅れていた中古住宅の販売が底離れし始めた。在庫不

2014年3月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済レビュー:米国の失業率低下をどうみるか

平成 26 年(2014 年)3 月 28 日NO.2014-2米国の失業率低下をどうみるか【要旨】— 米国では、2009 年半ばからの景気回復局面が約 5 年になろうとするなか、雇用者数が景気後退前の水準へ徐々に近づきつつある。但し、雇用増加ペースはこれまでの景気循環に比べ緩やかで、失業率は 6.7%と、リーマン・ショック前の水準や自然失業率と比べ高水準にとどまっている。— さらに、職探しを断念した労働者や経済的理由でのパートタイム労働者を含む広義の失業率は依然二桁の高水準にあり、失業期間は大

2014年3月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年3月号

みずほ米国経済情報2014年3月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標の一部に持ち直しが見られるようになった。強弱が入り混じり、大寒波の影響がどの程度なのか見極めにくい状況ではあるが、少なくとも経済指標が市場予想を下回る局面は峠を越えている。◆注目されるのは、米企業の設備投資マインドの改善である。新興国不安に地政学的リスクの高まりも加わる中、企業の先行きに対する自信がむしろ強まっていることは心強い動きと言える。◆今後は寒波の影響が消え経済指標は全般的に上向いていくと予想される。大寒波によって見えに

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年2月号

みずほ米国経済情報2014年2月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は引き続き下ぶれ気味で推移している。市場が予想する以上に、大寒波による影響が大きいようだ。消費活動や物流等、幅広い分野にわたって経済活動が押さえ込まれているが、春先には持ち直そう。◆大寒波の中、良いニュースも届いた。2015年3月15日まで債務上限の適用を停止することが決まった。政治的な対立が財政を通じて経済活動に悪影響を及ぼすリスクがほぼ解消された。◆米国株価の推移を見る限り、新興国不安が消費に与える影響は限界的とみられる。懸

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年11月号

みずほ米国経済情報2013年11月号[米国経済の概況]◆政府機関の閉鎖の影響は、消費者マインドの悪化を除けばほとんど出てきていない。むしろ企業業況や雇用、小売などは予想以上の出来栄えとなっている。ただ経済指標が「期待はずれ」の傾向を脱する動きはまだ鈍い。◆財政・政治面の動きが一服し、今月は金融政策の行方に関心が移った。イエレン次期議長の公聴会証言は基本的には新味に乏しい内容に終わったが、「株価はバブルでない」との発言は株式市場の追い風となったようだ。◆一方、予想外だったのは10月FOMC議事録で

2013年10月18日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(10月12日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(10月5日〆週)

Economic ResearchBTMU FOCUS USA DiaryUra Satoko 浦 賢子sura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報October 17, 2013【米国経済指標】米国経済指標】失業保険申請件数(失業保険申請件数(10 月 12 日〆週):前週比▲前週比▲1.5 万件の万件の 35.8 万件、万件、失業保険受給者数(10 月 5 日〆週)同▲4.3 万人の万人の 285.9 万人10 月 12 日〆週の新規失業保険申請件数は前週

2013年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年7月号

みずほ米国経済情報2013年7月号[米国経済の概況]◆4~6月期の実質GDP成長率は鈍化した模様だ。今月末に発表されるGDP統計では大幅な統計の改訂を伴う点に注意が必要だが、歳出削減、グローバル経済の減速、金融市場の動揺等が景気を減速させたとみられる。◆足元では、低調だった製造業の業況や鉱工業生産に持ち直しの動きがみられる。一方、非製造業の業況は軟化した。設備投資は資本財や建設支出の減速・低迷がみられる。もっとも、資本財の新規受注は拡大基調にある。◆雇用は回復を続けている。消費は株価の一時的な下

2013年6月25日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2013年6月号

みずほ米国経済情報2013年6月号[米国経済の概況]◆米国経済では、企業の生産・受注活動などに減速感がうかがえる一方で、雇用や消費、住宅など家計を取り巻く経済活動は総じて堅調と、明暗が分かれた状況が続いている。◆企業業況をみると、非製造業では持ち直したものの、製造業では悪化に転じている。一方、雇用統計は労働市場の回復が続いていることを示しており、消費も底堅い。住宅市場は回復基調を維持している。◆今月のFOMC後に開催された記者会見で、バーナンキ議長はQE3(1カ月当たり850億㌦の証券購入プログ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ