「米国家計」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年8月24日三井住友信託銀行★フィードバック数:0社会/政治

三井住友信託のレポートです。経済見通しや輸出の増減要因などがテーマです。

調査月報 2014年9月号 No.29

2014.9№29調査月報時論バブル、インフレ、「日本病」への懸念とその対処・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1経済の動き2014・2015年度の内外経済見通し~自律的景気回復の持続性をどう見るか~・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3地域別に見る日本輸出の増減要因・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13相続で多発する家計資産の地域間移動~加速する大都市圏への資産集中~・・・ ・・・

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国の家計金融資産の現状と経験

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国の家計金融資産の現状と経験投資信託が米国家計に普及・浸透している要因 ◆2013年7-9月期の米国の資金循環統計(“Flow of Funds”<FRB>)によると、同年9月末における米国家計の金融資産残高は63.9兆ドルである。◆米国家計の金融資産残高の構成を長期的にみると、4つの特徴点があげられる。第一に、総金融資産に占める現金・預金の残高ウェイトの低下。第二に、保険・年金準備金のウェイトが上

2013年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

バランスシート調整後の米国家計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 バランスシート調整後の米国家計資金調達の積極化の可能性と今後の負担増への備えが課題 2013年12月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆FRBの資金循環統計によれば、2013年7-9月期の家計は住宅ローン残高を増やした。所得が増加したことで、所得対比の住宅ローン残高と利払い負担は増えず、無理のないローン残高の増加だろう。家計のバランスシート調整はマクロ的には終了に近い。

2012年7月18日日本銀行フィードバック数:1社会/政治

(日銀レビュー)米国家計のバランスシート問題の動向

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 米国家計のバランスシート問題の動向2012年7月17日国際局 東将人*1、片桐達平*2、稲村保成*3、肥後雅博現企画局現金融市場局現業務局 要旨米国家計のバランスシート動向をみると、(1)住宅ローン金利が大幅に低下し、所得対比の元利払い比率が低下しているほか、(2)株価の回復を受けて家計の純資産も改善しており、家計の過剰な債務負担は、全体では和らぐ方向に向かっている。もっとも、住宅ローンを抱える低・中間所得層の家計を中

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ