「米国景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

市場の過剰反応に押されるメキシコ・ペソ~米国景気の改善はメキシコの好材料~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月10日市場の過剰反応に押されるメキシコ・ペソ~米国景気の改善はメキシコの好材料~ 6月5日に発表された5月の米雇用者数が市場予想を上回ると、同国の年内利上げ観測を背景にメキシコ・ペソが対米ドルで売られました。そして、ペソの対米ドル・レートは、3月に付けた水準を下回り、1993年の通貨単位変更以降の最安値を更新しました。こうしたペソ軟調の主な背景として、米国での利上げとそれに伴なう同国債券利回りの上昇などを受け、これまで新興国

進む円安、長期トレンドにも変化が

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月5日為替市場では円安・米ドル高が進んでおり、足元では2007年6月の安値を抜けて、約12年半ぶりの水準となりました。プラザ合意後、約30年にわたり続いてきた円高トレンドに変化の兆しが生じています。足元で円安が急速に進んでいる背景として、4月以降、米国の景気指標に改善が見られたことや、米国のコア・インフレ率が高い伸びとなったこと、5月下旬にイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長が年内の利上げを示唆する発言を行なったことなどが

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~堅調な米景気の不安要因~

海外経済 ~堅調な米景気の不安要因~経済調査部米国経済の現状は良好米国では、FRBの積極的な金融緩和政策に支えられ、GDP成長率は14年4-6月期が前期比桂畑 誠治歳出削減プログラムによる歳出削減額を減額できなければ、15年10-12月期から政府支出が減少し成長率を抑制する要因となる。年率+4.6%、7-9月期が同+5.0%と2四半期さらに、民主党と共和党の対立によって、中長連続の高成長となったうえ、失業率が5%台まで期の財政赤字削減計画、抜本的な税制改革、包括改善、雇用者数は月平均前月差+20

足元では軟調ながら、引き続き注目されるメキシコ・ペソ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月13日足元では軟調ながら、引き続き注目されるメキシコ・ペソ 2014年半ば以降、原油をはじめとする主要商品の価格が下落傾向となっていることを背景に、投資家がリスク回避の動きを見せ、資源国や新興国の通貨が売られる中、メキシコの通貨ペソも対米ドルで軟調に推移し、先週には一時、2009年3月以来の安値をつけました。メキシコは世界第10位の産油国(日量287.5万バレル、2013年)であり、石油関連収入が連邦政府の歳入の約3割を占め

投資環境レポート 2014年4月

Vol.19120144米国経済の底力○2014年初以来、米国景気に対する不透明感が金融市場で意識されている。○しかし、米国経済の健全化は進んでいる。労働者による先行きの見方が改善し、企業が設備投資を行う環境が整いつつあるのだ。○もちろん、米国経済の先行きにリスクがないわけではない。代表的なリスクは、住宅市場や個人消費の回復の持続性だろう。○米国経済の健全化はまだ途上だが、金融危機によって未曾有の景気減速を経験した後これほどのペースで回復してきたこと、さらにその途上で新しい産業を生み出す力を持っ

2014年2月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年のシナリオは米国のもう一段の上方修正

リサーチ TODAY2014 年 2 月 25 日2014年のシナリオは米国のもう一段の上方修正常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先週発表した内外経済見通しの大きなポイントは、2014年を展望するにあたり米国の見通しを上方修正させたことにあった1。2013年以降、みずほ総合研究所は経済全般の見通しを大きく前向き方向へと舵を切ったが、その背景には米国への見方を大きく転換したことにあった。それは同時に、ドル安誘導の為替政策からドル高に向かう転換を意味した。すなわち、米国が2007年以降の戦後

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経済マンスリー 2014年1月(原油)

平成 26 年(2014 年)1 月 30 日米国の需要増加量が中国を上回った 2013 年原油価格(WTI 期近物)は 12 月中旬以降、米国の量的緩和縮小決定や地政学リスクの高まりを背景に 99 ドル近辺で推移した。しかし 1 月に入ると、米国の原油在庫増加や米中の景況指数悪化を受けて原油価格は下落傾向を辿り、13 日にはイラン核協議進展を背景に 91 ドル台に下落した。その後、①堅調な米経済指標、②国際エネルギー機関(IEA)による世界需要見通し上方修正、③米国でのパイプライン稼動による原

2014年1月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年1月号 ドル円:一時的な調整は予想されるものの、円安ドル高基調が続く見通し。ユーロ:当面はユーロの底堅い展開が続くものの、上値は限られる見通し

為替相場展望2014年1月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆円安トレンドは2014年も続くのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆ユーロは2014年も最強通貨の座を守れるのか・・・・・・・

2013年11月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2014~15年米欧経済見通し-QE縮小をこなし回復が続く米国、なお脆弱さが残る欧州

Research Reporthttp://www.jri.co.jp2013年11月28日No.2013-0112014~15年米欧経済見通し~ QE縮小をこなし回復が続く米国、なお脆弱さが残る欧州 ~調査部 マクロ経済研究センター《要 点》◆ 米国経済は、総じて緩やかな回復基調を維持。ただし、2013年10月初めの財政政策をめぐる混乱などを受け、足許で一部に弱い動き。欧州経済は、雇用・所得環境の悪化が続いているものの、景況感の改善などを背景に、緩やかながらも回復傾向が持続。◆ 先行きを展望す

2013年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ、足下の景気は予想外の下振れ ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートメキシコ、足下の景気は予想外の下振れ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~発表日:2013年9月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国景気の回復を隣国として最も享受可能と期待されたメキシコだが、国際金融市場の混乱の影響は避けられなかった。4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲2.91%と4年ぶりにマイナスとなり、外需の底堅さにも拘らず、資金

今月の経済・金融情勢2013年09月24日号

2013.9.24今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年9月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 9 月1.米国では、早ければ9月17~18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和策第3弾(QE3)の規模縮小開始を判断するとの見方が強かったが、政策金利(0~0.25%)を据え置き、月額850億ドルの資産を買い

2013年9月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年9月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し

為替相場展望2013年9月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆トピックス①:円安ドル高基調復帰の条件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆トピックス②:独米2年債金利差が導くユーロ相場・・・・・・・・

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~ ○米国では景気の新たな推進力として設備投資に注目が集まっている。設備投資がフォーカスされている理由の1つに、新興国において事業を行うことに対する「総コスト」の高まりがある。もう1つは「シェール革命」の存在である。国際原油価格が高水準で推移する中で、頁岩(シェール)層から安価な天然ガスやオイルを生産する技術が米国で発展している。シェールガスやオイルの増産が進めば、将来的にはエネルギーコストの低下という福音が経済全

今月の経済・金融情勢2013年08月21日号

2013.8.21今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 8 月1.米国では、7月30~31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利(0~0.25%)を据え置き、今後も失業率が6.5%を上回り、向こう1~2年のインフレ見通しがFOMCの長期目標である2%から上下0.5%

今月の経済・金融情勢2013年07月23日号

2013.7.23今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2013年7月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融情 勢 資 料2 0 1 3 年 7 月1.米国では、6月18~19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利(0~0.25%)を据え置き、今後も失業率が6.5%を上回り、向こう1~2年のインフレ見通しがFOMCの長期目標である2%から0.5%ポイ

米国・欧州主要国の景気概況(2013年7月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな拡大が続く米国景気【トピック】 金融緩和修正の方針を明言したバーナンキ議長【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】底打ちしたとみられるユーロ圏景気【トピック】 明暗が分かれた6月のEU首脳会議【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】緩やかに持ち直している英国景気【英国の主要経済指標】

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ