「米国景気」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

市場の過剰反応に押されるメキシコ・ペソ~米国景気の改善はメキシコの好材料~

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月10日市場の過剰反応に押されるメキシコ・ペソ~米国景気の改善はメキシコの好材料~ 6月5日に発表された5月の米雇用者数が市場予想を上回ると、同国の年内利上げ観測を背景にメキシコ・ペソが対米ドルで売られました。そして、ペソの対米ドル・レートは、3月に付けた水準を下回り、1993年の通貨単位変更以降の最安値を更新しました。こうしたペソ軟調の主な背景として、米国での利上げとそれに伴なう同国債券利回りの上昇などを受け、これまで新興国

進む円安、長期トレンドにも変化が

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年6月5日為替市場では円安・米ドル高が進んでおり、足元では2007年6月の安値を抜けて、約12年半ぶりの水準となりました。プラザ合意後、約30年にわたり続いてきた円高トレンドに変化の兆しが生じています。足元で円安が急速に進んでいる背景として、4月以降、米国の景気指標に改善が見られたことや、米国のコア・インフレ率が高い伸びとなったこと、5月下旬にイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長が年内の利上げを示唆する発言を行なったことなどが

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外経済 ~堅調な米景気の不安要因~

海外経済 ~堅調な米景気の不安要因~経済調査部米国経済の現状は良好米国では、FRBの積極的な金融緩和政策に支えられ、GDP成長率は14年4-6月期が前期比桂畑 誠治歳出削減プログラムによる歳出削減額を減額できなければ、15年10-12月期から政府支出が減少し成長率を抑制する要因となる。年率+4.6%、7-9月期が同+5.0%と2四半期さらに、民主党と共和党の対立によって、中長連続の高成長となったうえ、失業率が5%台まで期の財政赤字削減計画、抜本的な税制改革、包括改善、雇用者数は月平均前月差+20

足元では軟調ながら、引き続き注目されるメキシコ・ペソ

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月13日足元では軟調ながら、引き続き注目されるメキシコ・ペソ 2014年半ば以降、原油をはじめとする主要商品の価格が下落傾向となっていることを背景に、投資家がリスク回避の動きを見せ、資源国や新興国の通貨が売られる中、メキシコの通貨ペソも対米ドルで軟調に推移し、先週には一時、2009年3月以来の安値をつけました。メキシコは世界第10位の産油国(日量287.5万バレル、2013年)であり、石油関連収入が連邦政府の歳入の約3割を占め

2014年7月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋

トップレポート・コラム経済分析新興国新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋 ここから本文です新興国マンスリー(2014年7月)「新興国悲観論」克服から成長再開への道筋~問われる政治的意思~サマリー◆ウクライナ、アルゼンチン、イラクなど局所的な危機が少なからず進行する中で、グローバル金融市場は安定、むしろリスク・オン的な状況となっている。その背景にあるのが、原油価格と米国景気、及び米ドルの関係の変化であろう。米国の原油価格の上昇に対する耐久力が高まり、イラク危機

2013年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

メキシコ、足下の景気は予想外の下振れ ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートメキシコ、足下の景気は予想外の下振れ~4年ぶりのマイナス成長も、先行きは緩やかな回復が見込まれる~発表日:2013年9月25日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 米国景気の回復を隣国として最も享受可能と期待されたメキシコだが、国際金融市場の混乱の影響は避けられなかった。4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲2.91%と4年ぶりにマイナスとなり、外需の底堅さにも拘らず、資金

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~ ○米国では景気の新たな推進力として設備投資に注目が集まっている。設備投資がフォーカスされている理由の1つに、新興国において事業を行うことに対する「総コスト」の高まりがある。もう1つは「シェール革命」の存在である。国際原油価格が高水準で推移する中で、頁岩(シェール)層から安価な天然ガスやオイルを生産する技術が米国で発展している。シェールガスやオイルの増産が進めば、将来的にはエネルギーコストの低下という福音が経済全

米国・欧州主要国の景気概況(2013年7月)

I.米国経済【景気概況】 緩やかな拡大が続く米国景気【トピック】 金融緩和修正の方針を明言したバーナンキ議長【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】底打ちしたとみられるユーロ圏景気【トピック】 明暗が分かれた6月のEU首脳会議【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】緩やかに持ち直している英国景気【英国の主要経済指標】

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ