「米国株」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月22日マネックス証券フィードバック数:0大型消費/投資

MONEX 個人投資家サーベイ 2017年3月調査

MONEX Retail Investor SurveyMONEX 個人投資家サーベイ 2017 年 3 月調査個人投資家の皆様の相場環境等に対する意識調査のため、2017 年 3 月 3 日~3 月 6 日にマネックス証券に口座をお持ちのお客様向けにアンケートを実施しました。ご回答くださった皆様のご協力に感謝いたします。誠にありがとうございました。今回は特別にトランプ氏の米大統領就任後の投資方針および相場観などについても調査しました。(当社ウェブサイトへの掲載日は、2017 年 3 月 14

2015年後半の米国株式市場の見通し

2015年後半の米国株式市場の見通し

けいざい早わかり 2015年度第1号:弱めの動きが出てきた米国景気

Q1.米国景気はどのような状態ですか? Q2.米国景気と金融政策は今後どうなるでしょうか? Q3.米国株の見通しはどうでしょうか? Q4.米ドルレートは上昇が続くのでしょうか?

米国株式の投資環境について -世界経済の二極化と米国の相対優位-

米国株式の投資環境について -世界経済の二極化と米国の相対優位-

足元の米国株式市場動向

足元の米国株式市場動向2014年10月14日<足元の米国株式の下落>主要株価指数のS&P500種指数は9月の最高値から10月13日(現地、以下同様)までに6.8%下落しました。<下落の背景>主に以下の要因が投資家心理に悪影響をおよぼしたことによるものと考えられます。 ①地政学リスクへの警戒感 ウクライナや中東地域、香港などの地政学リスクの長期化が懸念されている。 ②世界経済への先行き不安の台頭 IMF(国際通貨基金)が10月7日に欧州や日本などを中心に世界経済の成長率見通しを下方修正した。 ③量

米国株式の投資環境について

米国株式の投資環境について

2014年8月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国株式の大幅下落リスクはあるか

米国株式の大幅下落リスクはあるか

米国株式の投資環境について

米国株式の投資環境について

相対的に割安感が増す日本株式市場

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年5月22日日本株式市場では、日経平均株価が昨年末から足元までで14%程度下落するなど軟調な推移となっています。株価が下落した一方で、企業業績は堅調であることから、同指数の予想PER(株価収益率)は、年末の16.6倍から13.5倍(5月21日時点)に低下し、指標面でみた日本株式の割安感が強まっています。そうした中、これまでおおむね米国株式のPERを上回る推移となっていた日本株式のPERが、米国株式を下回る動きとなっているほか、双方の

2014年5月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国株式はバブル?

リサーチ TODAY2014 年 5 月 16 日米国株式はバブル?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創米国株式市場は、年初来、大寒波による米国経済指標の下振れ、QE3縮小に伴う新興国通貨不安、中国経済の減速不安、ウクライナ情勢の緊迫化など、相次ぐ不安要素が上値を抑制してきた。また一方で、バイオ・ネット関連株を中心とした米株バブル論が指摘されてきた。みずほ総合研究所は、米国株式市場を評価するリポートを発表している1。我々は、一部、バイオ・ネット関連に下落圧力はあるものの、ナスダック全体は企

2014年5月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

米国株はバブルなのか~警戒されるバイオ、ネット関連株の行方~

米国株はバブルなのか~警戒されるバイオ、ネット関連株の行方~

2014年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本株の行方は、米国株と為替市場が決める

リサーチ TODAY2014 年 3 月 26 日日本株の行方は、米国株と為替市場が決める常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創日本の株式市場が年初来、軟調な動きで推移しているのは海外投資家が売りに転じたためであり、TODAYでは、その背景に海外投資家が発する安倍政権への不信もあるとした1。みずほ総合研究所では、海外投資家の動向を改めて見極める観点から「海外投資家の日本株投資について」と題するリポートを発表し、その影響を計量的に展望している2。海外投資家は米国経済指標の悪化や新興国不安に加え

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

2014年 米国株見通し

2014年 米国株見通し

2013年8月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

QE3縮小でも米国株は底堅い、日本も後を追う

リサーチ TODAY2013 年 8 月 29 日QE3縮小でも米国株は底堅い、日本も後を追う常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創市場では9月にもQE3の縮小が決定されるとの見方が生じ、流動性相場の転換が株価にネガティブな影響をおよぼすことに対する警戒感は強い。みずほ総合研究所は日米の株式市場について、「QE3縮小と日米の株価の行方」と題するリポートを発表している1。下記の図表のようにリーマンショック以降の量的緩和の実施時期と株価を重ねると、いずれの時期においても株価は大きく上昇していた。

2013年6月2日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2013年5月24日)

米国経済(週次)予測(2013年5月24日)<日本の株価急落が何故米国株価に影響を与えなかったのか?>2013-05-27 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook QE長期化を善とみるか悪とみるか

Global Market OutlookQE長期化を善とみるか悪とみるか2013年5月13日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 副主任エコノミスト 藤代 宏一TEL 03-5221-452316:55 現在 <主要株価指数> 日経平均株価 TOPIX NYダウ DAX(独) FT100(英) CAC(仏) 上海総合※ <外国為替>※ ドル円 ユーロ円 ドルユーロ <長期金利>※ 日本 アメリカ イギリス ドイツ フランス イタリア スペインオーストラリア (円) 14900日経平均終値 1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ