「米国経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

最近の米国経済について

最近の米国経済について

2015年6月12日The World Bank Groupフィードバック数:0社会/政治

2015年、借入コストの増大、原油などの一次産品の価格下落が 途上国の移行を困難に

2015年、借入コストの増大、原油などの一次産品の価格下落が 途上国の移行を困難に 米国の金利引き上げを目前に、途上国への資金フロー減少や、金融市場のボラティリティ上昇もワシントン、2015年6月10日―2015年、途上国は多くの難しい課題に直面している。原油などの主要一次産品の価格下落という新たな状況に適応が求められる中、借入コスト増が近いと見られ、経済成長率は4年連続で不本意な水準となるだろう、と世界銀行グループが本日発表した「世界経済見通し(GEP)」は指摘する。こうした状況を

2015年6月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2015年6月(全体版)

平成 27 年(2015 年)6 月 11 日見通しの概要~世界経済の回復ペースは依然緩やかにとどまる見通し~日本~企業の前向きな支出行動の明確化を起点に、景気は底堅さを増す見通し~米国~一時的な下押し影響の解消後は、家計需要の拡大を軸とした緩やかな回復基調が持続~西欧~原油安や大規模な量的金融緩和策が景気を下支えするも、成長ペースは緩やか~ア ジ ア~資源安と金融緩和が内需拡大の支えとなるも、輸出の伸び悩みにより力強さを欠く展開~オーストラリア~資源価格の下落が輸出や設備投資へ波及、景気は低調

2015年6月9日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の長期停滞

世界の視点から 米国の長期停滞金融危機後、米国の経済実績は期待外れであり、大陸欧州と日本の経済実績はそれ以上に不調なことから、長期停滞の可能性について再び注目が集まっている。本稿では、今後、需要不足が原因で米国経済が停滞することはないというコンセンサスが形成されつつあることを述べる。一方、日本と欧州では需要の喚起が必要で、需要不足が停滞の主要な原因といえるだろう。 金融危機後、米国の経済実績が期待外れであり、大陸欧州と日本の経済実績はそれ以上に不調なことから、長期停滞の可能性について再び注目が集

原油生産動向と米国経済への影響~原油安で設備投資や雇用は減少したが、消費は下支え~

原油生産動向と米国経済への影響~原油安で設備投資や雇用は減少したが、消費は下支え~

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想

米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想米国経済の見通し-堅調な個人消費から成長の加速を予想 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (経済概況)10-12月期の成長率は低下したものの、底堅い成長が持続米国経

2015年5月6日日本産業機械工業会フィードバック数:0社会/政治海外

最近の米国経済について

最近の米国経済について

2015年4月30日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

2015年海外直接投資信頼度ランキング

[] 今回で15回目の発行となる「海外直接投資信頼度指数(FDICI)」の最新の調査によれば、回答者の3の2が2016年までに海外直接投資の規模を、世界金融危機前のレベルに戻す予定であるとし、調査対象である世界の大手企業経営層が成長の機会を前向きにとらえていることがわかった。本調査の創始者でA.T. カーニーグローバル・ビジネス・ポリシー・カウンシルの会長、ポール・ラウディシナは、こう述べている。「投資家は先の金融危機を必死に過去のものにしたいと考え、すでに新しい投資先に目をむけている。マーケッ

2015年4月6日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国経済雇用下振れは複合要因(15年3月雇用統計) ~過度に悲観的になる内容ではない~

米国経済雇用下振れは複合要因(15年3月雇用統計) ~過度に悲観的になる内容ではない~

2015年4月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済港湾スト、油価下落、ドル高が悪影響(15年3月ISM製造業景気指数) ~今後港湾ストの影響が弱まっていくが、ドル高などが製造業活動を抑制へ

米国経済港湾スト、油価下落、ドル高が悪影響(15年3月ISM製造業景気指数) ~今後港湾ストの影響が弱まっていくが、ドル高などが製造業活動を抑制へ

2015年3月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年3月号

みずほ米国経済情報2015年3月号[米国経済の概況]◆米国経済は踊り場にある。雇用は力強いが、製造・輸出部門に弱さがみられる。◆2月の経済指標には西海岸の労働争議や寒波という一時的要因によって下押しされているものがあるようだ。こうした影響は今後剥落していく。◆警戒すべきは急速に進んできたドル高による生産・輸出への影響と、原油安を受けた石油産業の調整の広がりである。◆金融政策ではフォワードガイダンスから「忍耐」の文字が消えた。最初の利上げ時期と利上げ後の金利パスに当局と市場の関心が向けられている。

寒波の影響もあり、一時的に弱まる米国経済

寒波の影響もあり、一時的に弱まる米国経済

2015年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し なおも金融政策が下支え

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し なおも金融政策が下支え悪天候にさらされ、企業は熟練労働者不足 2015年3月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆3月のFOMC(連邦公開市場委員会)で実質上のゼロ金利政策が維持される一方、「忍耐強く」なれるとする文言は削除された。FOMC参加者の政策金利の見通しが下方修正されたことで、想定される利上げ開始時期は先送りされ、利上げは経済情勢次第ということに

2015年2月8日日本産業機械工業会フィードバック数:0社会/政治海外

シカゴ連銀シンポジウムによる2014年米国経済見通し(1)

シカゴ連銀シンポジウムによる2014年米国経済見通し(1)

2015年2月6日参議院フィードバック数:0社会/政治海外

米国「量的緩和政策」終了

経済のプリズムコラム No4日銀の「出口戦略」の参考になるか?米国「量的緩和政策」終了(問)米国連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和政策第3弾(QE3)を 2014年 10 月末に終わらせたそうですが、そもそも量的緩和政策とは何ですか。(答)大量の通貨量を供給することを目標とする金融緩和政策のことです。通常、中央銀行の金融緩和政策は、政策金利をターゲットにして金利引下げを行うのですが、近年の先進国では金利がゼロに近づき、これ以上の引下げができなくなったことから、日本、米国、英国、欧州で採用され

2015年2月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(週次)予測(2015年1月23日)<2014Q4GDP(速報値)の最終CQM予測>

米国経済(週次)予測(2015年1月23日)<2014Q4GDP(速報値)の最終CQM予測>2015-01-26 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国社会科学院「国別リスクの格付け」

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年1月20日中国社会科学院世界経済・政治研究所 研究チーム中国経済の産業構造転換、企業競争力の更なる強化、資本取引の急速な自由化により、「海外における中国」の存在感は絶えず拡大している。同時に、中国の対外直接投資が直面する外部リスクも顕著に上昇している。2014年について見てみると、イラクの発電所建設に携わっていた千名余りの中国人労働者がイスラム過激派とイラク政府軍の戦闘からの避難に失敗して窮

米国経済(週次)予測(2015年1月9日)<連銀が2%インフレに拘れば、金融政策の正常化に失敗し、経済に大きなダメージを与えるだろう>

米国経済(週次)予測(2015年1月9日)<連銀が2%インフレに拘れば、金融政策の正常化に失敗し、経済に大きなダメージを与えるだろう>2015-01-13 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(月次)予測(2014年12月)<米国の潜在成長率は連銀が考えているよりかなり高い>

米国経済(月次)予測(2014年12月)<米国の潜在成長率は連銀が考えているよりかなり高い>2015-01-05 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年の米国経済・金融展望―内需中心に堅調な動きとなり、成長加速へ―

2015年の米国経済・金融展望―内需中心に堅調な動きとなり、成長加速へ―

2015年1月6日日本産業機械工業会フィードバック数:0社会/政治海外

最近の米国経済について

最近の米国経済について

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の米国経済見通し

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年の米国経済見通し政策不透明感復活も民間部門は底堅く、金融政策は慎重に正常化へ 2014年12月19日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆2014年の米国経済は、中間選挙を控えた政治休戦のもとで、外部要因に左右されつつも民間部門が堅調で、金融政策が正常化に向けた出口を探る1年だったと言えよう。◆12月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策について据

米国経済(週次)予測(2014年12月5日)<連銀が2%インフレ率達成に拘るほど、持続的な高成長は遠ざかる>

米国経済(週次)予測(2014年12月5日)<連銀が2%インフレ率達成に拘るほど、持続的な高成長は遠ざかる>2014-12-08 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

最近の米国経済について

最近の米国経済について

2014年12月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

問われるシェールの競争力~金融的波及にも警戒が必要~

みずほインサイト米 州2014 年 12 月 5 日問われるシェールの競争力欧米調査部主席研究員金融的波及にも警戒が必要03-3591-1219小野亮makoto.ono@mizuho-ri.co.jp○ 原油価格は、今夏の水準に比べて3割近く下落した。1986年の逆オイルショック(下落率は50%)に匹敵する大きさである。○ マクロ的にみれば、原油価格の下落は、家計の購買力を高めることで、米国経済の追い風となるだろう。そのことは、大規模マクロ計量モデルによるシミュレーションによって確認できる。○

海外減速懸念の一方、底堅く推移する米国経済

情勢判断海外経済金融海 外 減 速 懸 念 の一 方 、底 堅 く推 移 する米 国 経 済  木村  俊文    要旨    米国では、雇用改善のほか、消費や住宅が底堅く推移するなど、緩やかな景気回復が続 いている。こうしたなか、政策当局(FRB)は 10 月末で量的緩和第 3 弾(QE3)に伴う資産購入 の終了を決めた。市場では「利上げ開始時期」や「利上げペース」が焦点となっている。   経済指標は底堅い動き 米国では、10 月初旬に海外経済の減速 懸念を背景に先行き不透明感が一時強ま った

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 中間選挙とその後

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 中間選挙とその後政治情勢が米国経済の回復を阻害するか否かは金融政策にも影響する 2014年11月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆労働市場では、一部の業種で労働需給が引き締まって賃金が上昇するなど、雇用の質の改善の兆候もある。個人消費や住宅市場は底堅いが、海外経済の減速懸念で企業活動の回復ペースは減速する可能性があり、米国経済が加速するまでには至ってい

2014年11月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年11月号

みずほ米国経済情報2014年11月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は、米国経済の拡大が続いていることを示している。市場では株価が持ち直す一方、ドル高と油価の下落が続いている。みずほ総合研究所の試算では、市場変動に伴う米経済の下ぶれリスクは小さい。◆企業業況は高水準を維持し、生産活動も拡大基調にある。雇用は堅調に拡大し、労働需給は改善している。9月に落ち込んだ個人消費は持ち直している。企業の設備投資は減速しつつも増加傾向を保っている。◆住宅市場では回復が続いている。住宅着工と住宅販売は底堅く推

2014年11月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場変動の米国経済への影響~原油価格下落、ドル高は米国経済の重石になるか?~

金融市場変動の米国経済への影響~原油価格下落、ドル高は米国経済の重石になるか?~

最近の米国経済について

最近の米国経済について

2014年11月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

70年代までの利上げ幅は2%、QE3後も回復への視線低下

リサーチ TODAY2014 年 11 月 12 日70年代までの利上げ幅は2%、QE3後も回復への視線低下常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創筆者は10月の最終週に米国出張を行い海外市場参加者のヒアリングを行った。また、11月1~2日に開かれ、筆者も参加した「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)で米国からの参加者と意見交換した。その印象をまとめれば、米国経済そのものには回復感が生じたとする楽観的な見方が多かったものの、先行きの期待値に屈折が生じたとの見方が強かった

米国経済(月次)予測(2014年10月)<CQM 予測 vs. 速報値2014Q3(7-9 月期)GDP>

米国経済(月次)予測(2014年10月)<CQM 予測 vs. 速報値2014Q3(7-9 月期)GDP>2014-11-04 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

世界景気減速懸念で底堅さが試される米国経済

世界景気減速懸念で底堅さが試される米国経済

米国経済(週次)予測(2014年10月17日)<株価の大幅な下落が米経済をリセッションに導くか?>

米国経済(週次)予測(2014年10月17日)<株価の大幅な下落が米経済をリセッションに導くか?>2014-10-20 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

最近の米国経済について

最近の米国経済について

回復期待が強まる米国経済

回復期待が強まる米国経済

2014年9月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2014年9月号

みずほ米国経済情報2014年9月号[米国経済の概況]◆米国の経済指標は概ね改善が続いており、米国経済の拡大が続いていることを示している。もっとも、地政学的リスクによる下押しに警戒が必要な状況は変わっていない。◆企業業況は一段の改善をみせている。雇用拡大テンポは減速したが、全般的な雇用情勢の改善傾向は崩れていない。個人消費は持ち直している。設備投資に関しては関連財の新規受注、出荷ともに増加している。◆住宅市場の回復も続いている。住宅着工が足元で減少し、均してみても回復に一服感が出ているが、住宅販売

今月の経済・金融情勢2014年9月22日号

2014.9.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年9月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米 国•情 勢 資 料2 0 1 4 年 9 月9月16~17日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850 億ドル、13年12月以降FOMC実施ごとに100億ドルずつ減額)を、9月から150億ドルに減

2014年9月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済見通し:2014年9月(全体版)

平成 26 年(2014 年)9 月 11 日見通しの概要~世界経済は、先進国を中心に、緩やかな回復基調を維持する見通し~日本~好循環の回転加速で消費増税を乗り切り、景気は回復基調を持続~米国~企業から家計への波及改善を支えに、成長率は緩やかながらも高まる展開に~西欧~ユーロ圏は 1%弱の低成長が続く、英国は消費主導の堅調な回復が持続~ア ジ ア~中国経済の減速は何とか緩やかなペースに止まり、アジア経済全体は底堅さを維持~オーストラリア~景気は回復傾向が続くも、設備投資の低調などを背景に成長ペー

米国経済(週次)予測(2014年9月5日)<市場の期待を裏切った8月雇用統計、しかし米経済リスクは連銀エコノミスト達の金融政策への異なる考え方>

米国経済(週次)予測(2014年9月5日)<市場の期待を裏切った8月雇用統計、しかし米経済リスクは連銀エコノミスト達の金融政策への異なる考え方>2014-09-08 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年9月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2014年8月) <賃金-物価スパイラルモデルによる米金融政策の検証>

米国経済(月次)予測(2014年8月) <賃金-物価スパイラルモデルによる米金融政策の検証>2014-09-01 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(週次)予測(2014年8月22日)<あからさまに Plosser フィラデルフィア連銀総裁の批判を受けるようになった Yellen 連銀総裁>

米国経済(週次)予測(2014年8月22日)<あからさまに Plosser フィラデルフィア連銀総裁の批判を受けるようになった Yellen 連銀総裁>2014-08-25 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

今月の経済・金融情勢2014年08月27日号

2014.8.27今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 8 月•7月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、8月から250億ドルに

今月の経済・金融情勢2014年08月22日号

2014.8.22今月の経済・金融情勢~わが国をめぐる経済・金融の現状~2014年8月農林中金総合研究所調査第二部http://www.nochuri.co.jp/publication/situation/index.html経 済 ・ 金 融米日国本金融市場情 勢 資 料2 0 1 4 年 8 月•7月29~30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、量的緩和策第3弾(QE3)における債券買入額(当初850億ドル、昨年12月以降FOMCごとに100億ドルずつ減額)を、8月から250億ドルに

米国経済(週次)予測(2014年8月15日)<米景気の現状に非常に悲観的な今週のCQM予測>

米国経済(週次)予測(2014年8月15日)<米景気の現状に非常に悲観的な今週のCQM予測>2014-08-18 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

米国経済(週次)予測(2014年8月1日)<2014Q2(4-6月)GDP予測レビュー>

米国経済(週次)予測(2014年8月1日)<2014Q2(4-6月)GDP予測レビュー>2014-08-04 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ

米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ米国経済の見通し-いよいよ消費大国の本領発揮へ 研究員 高山 武士米国経済は、1-3月期の実質成長率が季節調整済の年率換算で▲2.9%(3次改定値)となり、前期(+2.6%)から急減速した。背景には冬場に米国を襲った大寒波による悪影響がある。この寒波による成長率鈍化は予想されていたことではあるが、実際の影響は事前の予想を上回った。4月の速

2014年8月3日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

回復基調が続く米国経済

回復基調が続く米国経済

最近の米国経済について

最近の米国経済について

最近の米国経済について

最近の米国経済について

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ