調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国経済指標

「米国経済指標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国6月回復、「テイパー・タントラム」再来でドル高か

リサーチ TODAY2015 年 6 月 10 日米国6月回復、「テイパー・タントラム」再来でドル高か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所が独自に作成・公表しているCSI(Cumulative Surprise Index)である。5月の米国経済の定期リポート1で、1~3月期は景気の踊り場だが、4~6月期は持ち直しと展望した。振り返れば、1~3月期、世界経済のけん引役の役割を担うはずの米国経済に変調がみられ、米国の経済指標は相次いで期待外れの結果に終わっていた。

マーケットレター【最近のカナダ・ドルの動向について】

最近のカナダ・ドルの動向について2014年3月20日<カナダ・ドルは対円で足元下落>足元のカナダ・ドルは対円で軟調な推移となっています。ウクライナの政情不安や中国景気の下振れ懸念によりリスク回避的に円高が進んだことに加えて、3月18日(現地、以下同様)のカナダ銀行(中央銀行)のポロズ総裁の講演・記者会見を受けて対米ドルでカナダ・ドルが下落しました。米ドルとカナダ・ドルの対円レートの推移(1カナダ・ドル=円)(2013年12月31日~2014年3月19日)106102円安カナダ・ドル高円高カナダ・

マーケットレター【最近の国内株式市場の下落について】

最近の国内株式市場の下落について2014年2月5日<株価下落の要因>1月下旬以降、株価下落が加速しています。急激な株価下落をもたらした原因の1つは、中国における経 済指標の悪化や金融商品のデフォルト(債務不履行)懸念、アルゼンチン・ペソの急落などをきっかけとし た新興国経済への懸念です。また、米国の量的金融緩和縮小も、新興国懸念に影響しているとみるべきで しょう。その他、雇用統計やISM(全米供給管理協会)製造業景況指数など、一部の米国経済指標の悪化も 原因と考えられます。これらを受け、昨年末か

2014年1月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2014年のリスクシナリオ、死角は内外政治要因

リサーチ TODAY2014 年 1 月 17 日2014年のリスクシナリオ、死角は内外政治要因常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創年初に開いた当社NY事務所とのTV会議で、NYから「今年、米国市場でダウンサイドを意識する投資家は少ない」、「現時点で懸念材料がないことが懸念」との発言があった。それだけに、何かあったときのショックは大きい。日本も年初は平穏で、昨年までの緊張した状況からは異なる。それでも過去を振り返れば、1年を通じて必ず予期しないイベントが生じてきた。楽観シナリオに死角はない

2013年12月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の年末改善アノマリー、今年も出現

リサーチ TODAY2013 年 12 月 16 日米国の年末改善アノマリー、今年も出現常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は市場参加者の米国の景気状況の楽観度合いをみる、みずほ総合研究所が作成したインデックス、Cumulative Surprise Index(CSI)である。これは、米国経済指標公表値(実績)と市場予想のコンセンサスとを比較し、公表値がコンセンサスを上回ったか、下回ったかによって計算される。我々は、市場が意識する米国の景況感とその季節性のバロメーターとして、こ

経済・金融の動向

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断今月の情勢 ∼経済・金融の動向∼米国金融・経済米国では、9 月 17∼18 日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利(0∼0.25%)を据え置き、今後も失業率が 6.5%を上回り、向こう 1∼2 年のインフレ見通しが FOMC の長期目標である 2%から上下 0.5%ポイント以内に収まると予想される限り、これを維持するという方針が据え置かれた。量的緩和策からの出口戦略に踏み切るとの見方が強かったものの、実際には月額850 億ドルの

2013年4月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか

リサーチ TODAY2013 年 4 月 12 日米国は回復するのか、今年も年央の調整はあるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創住宅市場ではバブル崩壊後、長らく低迷が続いてきたが、2012年頃から需要が持ち直し、需給の引き締まりが住宅価格上昇にもつながる回復基調が鮮明になっている。2007年以降、米国のバランスシート調整の主戦場は個人を中心とした住宅市場問題にある。それだけに、米国のバランスシート調整の進捗を見極めるには、個人を中心とした債務調整の段階を把握する必要がある。下記の図表はみ

2013年2月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

米国経済指標 製造業受注(12月)

米国経済指標 製造業受注(12月)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ