「米国議会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国における原子力発電及び核燃料サイクル動向調査)最終報告書

平成 23 年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国に おける原子力発電及び核燃料サイクル動向調査)最終報告書平成 24 年 3 月 株式会社 アイ・イー・エー・ジャパン本報告書は経済産業省資源エネルギー庁殿からの委託事業として株式会社アイ・イー・エ ー・ジャパンが実施した「平成23年度発電用原子炉等利用環境調査(諸外国における原 子力発電及び核燃料サイクル動向調査) 」の成果をとりまとめたものです。 したがって、本報告書の複製、転載、引用等には経済産業省資源エネルギー庁殿の承認手 続きが必要です

2013年5月15日大和総研フィードバック数:3社会/政治海外

米国におけるTPP論議

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国におけるTPP論議輸出増加とアジア重視の外交政策のためにTPPは必須 2013年5月14日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕上野 まな美◆オバマ政権はアジア重視策によりTPP(環太平洋連携協定)を推し進めてきた。だが、オバマ政権は貿易交渉促進権限(TPA)を持たず、米国通商代表部(USTR)は対日交渉での要求事項に関する意見公募を開始した。日本の交渉参加が決まったとは言え

2013年4月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

経済マンスリー:2013年4月(米国)

平成 25 年(2013 年)4 月 24 日景気回復ペースが鈍化、財政運営は引き続き不透明米国経済は再び回復ペースを鈍化させている。3 月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比+8.8 万人となり 2 月の同+26.8 万人から増加幅が大きく縮小(第 1 図)。3 月の ISM 指数も製造業が 51.3、非製造業が 54.4 と、拡大・縮小の境目である 50 を上回ったが、ともに 2 月から低下した。また、消費者マインドが悪化し、3 月の小売売上は前月比▲0.4%と 9 ヵ月ぶりのマイナス

2013年2月21日東レ経営研究所フィードバック数:4社会/政治

2013年世界経済を読み解く10のキーワード

T B R 産 業 経 済 の 論 点No.13-032013年2月19日2013 年世界経済を読み解く 10 のキーワード~ 世界経済の重心は新興国から米国にシフトか ~福田 佳之東レ経営研究所 産業経済調査部シニアエコノミストTEL:047-350-6173E-mail:Yoshiyuki_Fukuda@tbr.toray.co.jp<ポイント>■ 2013 年世界経済を読み解く上で鍵となりそうなトピックについて 6 つの Q&A 形式で解説しました。その際、トピックの鍵となる用語を 10

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ