「米国金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

上昇基調が続くハイイールド債

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月8日2014年1月からの米国の量的緩和縮小開始とともに、米国金利の上昇が予想されていたものの、予想外にも金利が低下したことで、ハイイールド債の価格はさらに上昇(利回りは低下)しました。その背景には、米国の景気回復が緩やかなことや、米国のインフレ率が比較的安定していることなどから、事実上のゼロ金利政策は当面続くとの観測が高まったことによるものと見られます。ハイイールド債は格付が低い代わりに相対的に利回りが高い債券のことで、高格付

2014年2月6日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年2月号 ドル円:2014年を通してみれば、対ドル、対ユーロで緩やかな円安基調が続くとの見方は不変ながら、当面は円高圧力が強まりやすい地合いが続く見通し

為替相場展望2014年2月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆円安の勢いは復活するのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆ユーロの高止まりは続くのか~マネーフローからのアプローチ~・・

マーケットレター【最近のカナダ・ドルの動向について】

最近のカナダ・ドルの動向について2014年1月17日<年初からの為替相場は米ドル買いが先行>2014年に入り、カナダ・ドルが為替市場で軟調推移となっています。下表は1月16日現在の先進国通貨の年初来騰落率です。1月より米国の量的金融緩和縮小が開始されており、米国金利上昇期待から米ドル買いの連想が働きやすい相場展開となっています。ここもとのカナダ・ドルの動きの背景には、この「米ドル買い」と「カナダ・ドル売り」の両方の動きがあるとみています。先進国通貨年初来の為替リターン(仲値ベース)通貨名対円対米

2014年1月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年1月号 ドル円:一時的な調整は予想されるものの、円安ドル高基調が続く見通し。ユーロ:当面はユーロの底堅い展開が続くものの、上値は限られる見通し

為替相場展望2014年1月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆円安トレンドは2014年も続くのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆ユーロは2014年も最強通貨の座を守れるのか・・・・・・・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ