「米国金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

国内金利環境:景気は回復基調を取り戻したが、コア消費者物価は前年比横ばい圏内

000000000SHINKINSHINKINCENTRALCENTRALBANKBANKSCB内外金利・為替見通し(月刊)海外経済・金融動向No.27-3(2000年10月号)(2015.6.1)No.12-7地域・中小企業研究所〒103-0028 東京都中央区八重洲 1-3-7TEL.03-5202-7671 FAX.03-3278-7048URL http://www.scbri.jp/ユーロ圏海外金利環境:米国は、景気減速で利上げ開始は秋以降にズレ込みへ米国:1~3月の実質GDP(2次推

2014年9月2日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

内外金利・為替見通し No.26-6  国内金利環境:14年度の日本経済は、減速しつつも回復基調を維持

000000000SHINKINSHINKINCENTRALCENTRALBANKBANKSCB内外金利・為替見通し(月刊)海外経済・金融動向No.26-6(2000年10月号)(2014.9.1)No.12-7地域・中小企業研究所〒103-0028 東京都中央区八重洲 1-3-7TEL.03-5202-7671 FAX.03-3278-7048URL http://www.scbri.jp/海外金利環境:米国経済は本格回復に向かい、QE3は10月で打切りへ米国:4~6月の実質GDPは前期比年率

上昇基調が続くハイイールド債

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月8日2014年1月からの米国の量的緩和縮小開始とともに、米国金利の上昇が予想されていたものの、予想外にも金利が低下したことで、ハイイールド債の価格はさらに上昇(利回りは低下)しました。その背景には、米国の景気回復が緩やかなことや、米国のインフレ率が比較的安定していることなどから、事実上のゼロ金利政策は当面続くとの観測が高まったことによるものと見られます。ハイイールド債は格付が低い代わりに相対的に利回りが高い債券のことで、高格付

2014年1月8日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2014年1月号 ドル円:一時的な調整は予想されるものの、円安ドル高基調が続く見通し。ユーロ:当面はユーロの底堅い展開が続くものの、上値は限られる見通し

為替相場展望2014年1月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆円安トレンドは2014年も続くのか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆ユーロは2014年も最強通貨の座を守れるのか・・・・・・・

2013年9月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年9月号 ドル円:当面は方向感を欠くものの、徐々に円安ドル高基調へ。ユーロ:ユーロの上値が重い展開が続く見通し

為替相場展望2013年9月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆トピックス①:円安ドル高基調復帰の条件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆トピックス②:独米2年債金利差が導くユーロ相場・・・・・・・・

2013年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

「6回目のジンクス」と日米の債券投資の課題

リサーチ TODAY2013 年 7 月 1 日「6回目のジンクス」と日米の債券投資の課題常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創筆者はグローバルな金融市場に四半世紀以上、従事してきた体験から、世界の中央銀行の金融政策に連動する「5回目のジンクス」議論を2000年代から行ってきた。その特徴は、1970年代以降に日米欧を中心に金融政策の連動が強まるなか、いくつかの共通現象が金融市場に現れることにある。すなわち、70年代以降、日米欧の政策連動のなか、日銀の利上げ局面は5回で、その共通点として、下記

2013年4月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

為替相場展望2013年4月号

為替相場展望2013年4月    調査部 マクロ経済研究センターhttp://www.jri.co.jp/report/medium/publication/exchange目次◆為替相場概説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.1◆ドル円、ユーロ相場の回顧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・p.2◆コントラストが強まる日米の金融政策とドル円相場・・・・・・・・・・・・・・・・p.3◆先行き不透明感が強まる欧州情勢とユーロ相場・・・・・・・・・・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ