調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国金融政策

「米国金融政策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の出口に向けた課題と展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国金融政策の出口に向けた課題と展望『大和総研調査季報』 2015年春季号(Vol.18)掲載 FRB(連邦準備制度理事会)による量的緩和の第3弾であるQE3は、2014年10月に終了した。FRBは市場にショックを与えないよう、FOMC(連邦公開市場委員会)の声明文を徐々に修正し、利上げに向けた環境整備を進めている。米国の労働市場の改善は進み、残る賃金上昇などの課題はばらつきがあって、さらなる改善には

2014年3月5日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の出口事例、1994年の不安再来はあるか

リサーチ TODAY2014 年 3 月 5 日米国の出口事例、1994年の不安再来はあるか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創先月みずほ総合研究所が発表した「みずほ米国経済情報」では、米国金融政策の1994年と2014年の比較を行なっている1。金融政策の転換に伴う金融市場の動揺に関し、今日も多くの市場参加者が自らの経験上、参考にするタイミングは1994年である。1990年代初に「3L」2により引き起こされたバランスシート調整のあと、FRBは1993年まで実質金利マイナスを続けるという金融

2014年2月19日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

中期予測です。

世界経済の変調と日本経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 世界経済の変調と日本経済日本経済中期予測(2014年2月)第3章・第4章 ◆これまで設備投資を抑制していた要因(期待利潤の低下や不確実性の高まり)が解消されつつあり、世界経済は循環的に拡大局面にあると判断できる。金利が低水準にとどまっている間は設備投資の拡大が見込まれるが、予測期間後半には金利上昇を受けて、設備投資の伸びは抑制されていくだろう。◆先進国経済の回復・拡大は、輸出の伸びを通じて一義的には新

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国金融政策の変化が世界経済に与えるもの『大和総研調査季報』 2013年秋季号(Vol.12)掲載 米国連邦準備理事会(FRB)はゼロ金利制約に直面して以来、量的緩和とフォワードガイダンスにより金融緩和を継続してきた。しかしバーナンキ議長が量的緩和の規模を縮小し、終了する可能性に言及して以来、この効果は剥落に向かっている。米国金融政策の変調は、国際的な流動性供給の縮小や、国際的裁定を通じた要求収益率の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ