調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 米国長期金利

「米国長期金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月31日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年5月号

2015年5月号ファンダメンタル・アナリシス ……………………………………………………… 1  回復の持続が見込まれる日本の輸出      野村證券株式会社 金融経済研究所 チーフエコノミスト 木下 智夫マーケット・アウトルック(1) …………………………………………………… 7「出口政策」への警戒感から波乱を強いられる長期金利動向三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社       チーフ債券ストラテジスト 石井  純マーケット・アウトルック(2) ……………………………………………………

2015年4月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年度金融市場展望~株式・債券相場とも底堅く、ドル高基調継続~

みずほインサイトマーケット2015 年 4 月 3 日2015 年度金融市場展望市場調査部主席エコノミスト株式・債券相場とも底堅く、ドル高基調継続03-3591-1244武内浩二koji.takeuchi@mizuho-ri.co.jp○ 2015年度の金融市場では、グローバルな金融緩和傾向が予想され、株式・債券相場とも底堅い地合いを見込む。金融政策スタンスの違いから為替は対円、対ユーロともドル高地合いの継続を予想○ リスクシナリオとしては、景気面では中国や欧州の下振れに加え、米国景気の下振れに

市場の潮の流れの変化に注目

わたしの意見 ― 水野 創市場の潮の流れの変化に注目(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」9月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 1ドル108円台、日経平均16千円台、米国発で市場が動いている(18日11時現在)。管理相場とはいえ、米国長期金利に連動し極端に低かった長期金利も底を打っている。昨年1年、踊り場なく円高修正、株高が続き、輸出採算改善、資産効果を通じてアベノミクス効果を浸透・実感させたが、年初の期待に反し、1月以来横ばい状態が続き、好循環に向けた推進

米国リート市場の現状と見通し

米国リート市場の現状と見通し2013年11月27日<リート市場の現状>米国リート市場は、長期金利の上昇がリートを含む金利感応度の高い投資資産のパフォーマンスに影響 をもたらすとの懸念を背景に、株式市場のパフォーマンスを下回る状況が続いています。 リート市場は2013年5月下旬以降、量的金融緩和の縮小懸念を背景に米国長期金利が急上昇したことから、 相対的な利回り面の魅力が低下するとの見方が台頭し、値下がり基調が続いてきました。しかし、9月に入 ると、中旬に開催されたFOMC(米国連邦公開市場委員会

ユーロ圏の危機対応における潜在的なリスクの拡大~米国長期金利上昇などの外部環境変化の中の懸念材料~

ユーロ圏の危機対応における潜在的なリスクの拡大~米国長期金利上昇などの外部環境変化の中の懸念材料~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ