「米国GDP」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

米国リートの投資環境について

2014年11月14日米国リートの投資環境について (1/2)情報提供資料良好に推移する米国リートと2015年の見通し堅調な展開の続く2014年の米国リート市場 2014年の米国リートは、他資産のリターンを大きく上回2014年 米国リート/株式/米国10年債のリターン推移る堅調な展開が続いています。9月の米連邦公開市場3.5%米国10年債利回りの委員会(FOMC)前に、予想を上回るマクロ経済指標を 130急上昇をきっかけに調整受け米国10年債利回りが急速に上昇したことから、一 1253.0%時

【米国GDP】基礎から見直す米国経済とその展望

【米国GDP】基礎から見直す米国経済とその展望 | ニッセイ基礎研究所 【米国GDP】基礎から見直す米国経済とその展望 経済研究部 主任研究員 窪谷 浩基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国経済の構造を理解するために、米GDPに焦点を当て、世界の中での相対的な位置づけや米GDPの中身についてやや丁寧な概説を行った。米GDPの規模とみると、日本経済の3.4倍、世界

2014年7月23日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国製造業の回復:単なる上昇局面か、ルネサンスか?

世界の視点から 米国製造業の回復:単なる上昇局面か、ルネサンスか?2008-09年の世界同時不況後に製造業生産が堅調に回復したため、アナリストや政策立案者は製造業に再び関心を寄せている。本稿では、詳細にデータを検討した結果、米国が製造業ルネサンスを迎えているという主張には根拠がないことを示す。その一方、今後の米国経済全体の成長において製造業の寄与が大きくなることを裏付ける要因も存在する。 米国の「製造業ルネサンス」についてのエピソードが増える中、米国の国内総生産 (GDP) や世界の工業生産にお

2014年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

1-3月期の米国GDPは大幅下方修正

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1-3月期の米国GDPは大幅下方修正サービス消費の再推計が主因 ◆2014年1-3月期GDPの3次推計値が公表され、前期比年率2.9%減と2次推計値(同1.0%減)から大幅に下方修正された。◆下方修正の主因は、新たなデータを利用して推計を行ったサービス消費のうち、特に医療支出に関わる部分の修正であった。2次推計値まではオバマケアの効果を正確に捉えられなかったとみられる。◆2014年の発射台である1-3

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ