「粉飾決算」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2016年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査

2017/10/102016年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査コンプラ違反倒産、過去2番目の高水準〜粉飾決算や悪質な不払い目立つ〜はじめに内閣府における9月の月例経済報告では、景気回復期間の長さがいざなぎ景気を超えたとの見解が示されるなど、国内全体で見れば好況下にある。しかし、ヒト・モノ・カネが活発に動くことで、行き過ぎたコンプライアンス違反の事象も起こりやすいと考えられる。現に、2015年度調査では、前年度を大きく上回るコンプラ違反倒産が確認されている。また、コンプライアンス問題に対

2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年度「コンプライアンス違反」企業の倒産

2015年度「コンプライアンス違反」企業の倒産 公開日付:2016.04.08 2015年度(2015年4月-2016年3月)に法令違反や粉飾決算、偽装などの「コンプライアンス違反」が一因となった倒産は190件(前年度216件)と前年度を下回った。こうしたなか、違反内容別では不正な会計処理や虚偽の決算報告書作成などの「粉飾」が前年度より増加した。大手企業の好業績が目立つなかで経営不振から抜け出せない中小企業の一面を浮き彫りにした。本調査の「コンプライアンス違反」倒産は、建設業法、医師法などの業法

2016年4月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査

2016/4/82015年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査件数は前年度比3割増で過去最多〜 成長戦略の陰で歪みが表面化 〜はじめに2015年度は、企業コンプライアンスの問題が数多く取り沙汰された。東芝グループの不適切な会計処理が発覚し、国内有数の企業グループの根幹を揺るがすほどの事件に発展。また、これをきっかけに監査法人の会計監査体制にも批判が及んだ。このほか、東洋ゴムによる相次ぐ性能偽装や、旭化成建材の事件に端を発したくい打ち工事の偽装事件など、大企業のコンプライアンス問題が大きくク

2013年10月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「コンプライアンス違反」関連倒産 「粉飾」が前年より3倍増

「コンプライアンス違反」関連倒産 「粉飾」が前年より3倍増 公開日付:2013.10.082013年度上半期(2013年4-9月)に法令違反や粉飾、談合、偽装などのコンプライアンス違反が一因となった企業倒産は前年同期より1.4倍増の98件だった。違反内容では、脱税や滞納などの「税金関連」が最も多く、「粉飾」も約3倍増と急増、コンプラ違反が経営基盤を揺るがす状況が強まっていることがわかった。本調査は、建設業法、貸金業法などの業法違反や金融商品取引法などの法令違反、粉飾決算、脱税、詐欺・横領、不正受

2013年4月9日東京商工リサーチフィードバック数:21ビジネス

2012年度「コンプライアンス違反」企業の倒産 ~ 「粉飾」が減少し、脱税、滞納などの「税金関連」が増加 ~

2012年度「コンプライアンス違反」企業の倒産 ~ 「粉飾」が減少し、脱税、滞納などの「税金関連」が増加 ~ 公開日付:2013.04.082012年度(2012年4月-2013年3月)に法令違反や粉飾決算、談合、偽装などのコンプライアンス違反が一因となった企業倒産は141件だった。件数は前年度を下回ったが、違反内容別では脱税や滞納など「税金関連」が前年度を上回り、中小企業の苦しい経営の一面を浮き彫りにした。本調査の「コンプライアンス違反」倒産は、建設業法、貸金業法などの業法違反や金融商品取引法

2012年4月11日東京商工リサーチフィードバック数:21ビジネス

2011年度 「コンプライアンス」違反企業の倒産動向 ~ 「コンプライアンス違反」が影響した倒産が1.6倍増 ~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2011年度 「コンプライアンス」違反企業の倒産動向 ~ 「コンプライアンス違反」が影響した倒産が1.6倍増 ~ オリンパスや大王製紙などで注目を集めた「コンプライアンス(法令遵守)違反」が、上場企業や中小企業を問わず経営に大きな課題になりつつある。2011年度(2011年4月~2012年3月)に法令違反や粉飾決算、談合、偽装などのコンプライアンス違反が一因となった企業倒産は153件と、前年度(95件)より1.6倍に急増した。また、

2011年12月9日東京商工リサーチフィードバック数:7ビジネス

2011年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 ~前年度末比8社減の42社にGC注記 大王製紙、オリンパスは未発表~

企業情報、信用調査など与信管理をサポートする東京商工リサーチ 2011年9月中間決算 上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査 ~前年度末比8社減の42社にGC注記 大王製紙、オリンパスは未発表~ 3月期決算の全上場企業のうち、2011年9月中間期(4-9月)決算に監査法人から「継続企業の前提に関する注記」(ゴーイングコンサーン注記、以下GC注記)が付いた企業は42社だった。前年度本決算(2011年3月期、50社)より8社(構成比16.0%)減少した。 GC注記に至らないが、継続企業の前提に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ