「粗鋼生産」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月25日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済のニューノーマル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 習近平政権は高成長から中高成長へ移行した中国経済の姿をニューノーマル「新たな常態」と表現している。他方、中国経済が想定以上に減速する可能性を、世界経済にとってのリスク要因として位置づける見方は今年も多い。昨年の実質成長率7.4%は24年ぶりの低成長であったが、景気減速に悩む新興国の中では依然として高い数字である。しかし、本当に7%台の持続的な成長が可能なのか、内需の低迷は深刻ではないかと懸念させる材料

2015年2月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済のニューノーマル

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 習近平政権は高成長から中高成長へ移行した中国経済の姿をニューノーマル「新たな常態」と表現している。他方、中国経済が想定以上に減速する可能性を、世界経済にとってのリスク要因として位置づける見方は今年も多い。昨年の実質成長率7.4%は24年ぶりの低成長であったが、景気減速に悩む新興国の中では依然として高い数字である。しかし、本当に7%台の持続的な成長が可能なのか、内需の低迷は深刻ではないかと懸念させる材料

2014年11月18日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場分析です。

需給動向レポート(2014年11月)(2)鉄鋼 -需要低迷と在庫調整圧力で粗鋼生産は力強さを欠く-

需給動向レポート(2014年11月)(2)鉄鋼 -需要低迷と在庫調整圧力で粗鋼生産は力強さを欠く-

ニッケル需給、2014年にタイト化、長期的に供給不足へ

ニッケル需給、2014年にタイト化、長期的に供給不足へ -2014年春季国際ニッケル研究会(INSG)参加報告-  国際ニッケル研究会(INSG)は、国際非鉄3 研究会の中では国際鉛亜鉛研究会(ILZSG)に次いで2 番目に古い歴史を持つ研究会で、世界のニッケル市場の透明性の強化を目的に1991 年に国連の招請・勧告によって発足した国際機関である。現在、ニッケル生産国、消費国及び貿易国からなる14 か国及びEUが加盟している。事務局は、設立当初はオランダ・ハーグに、2006 年からポルトガル・

2013年10月29日日本鉄鋼連盟フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

worldsteel銑鉄・粗鋼生産速報(2013年9月)

worldsteel銑鉄・粗鋼生産速報(2013年9月)

2013年9月20日日本鉄鋼連盟フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

worldsteel銑鉄・粗鋼生産速報(2013年8月)

worldsteel銑鉄・粗鋼生産速報(2013年8月)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ