調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 精密機器業界

「精密機器業界」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月5日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2016トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2016トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー 弊社はこのほど、独自に分類した精密機器業界の企業を対象に、2016年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「精密機器業界 他社牽制力ランキング2016」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2016年に最も引用された企業はキヤノン、次いでセ

2016年6月6日パテント・リザルト★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー 弊社はこのほど、独自に分類した精密機器業界の企業を対象に、2015年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「精密機器業界 他社牽制力ランキング2015」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2015年に最も引用された企業は、キヤノンの9,0

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2014トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー 弊社はこのほど、独自に分類した精密機器業界の企業を対象に、2014年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「精密機器業界 他社牽制力ランキング2014」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2014年に最も引用された企業は、キヤノンの

新興市場上場企業【機械・精密機器】業界 特許資産規模ランキング、トップ3はニューフレアテクノロジー、平田機工、ハーモニック・ドライブ・システムズ

新興市場上場企業【機械・精密機器】業界 特許資産規模ランキング2014、トップ3はニューフレアテクノロジー、平田機工、ハーモニック・ドライブ・システムズ 弊社はこのほど、東証マザーズ、ジャスダックに上場する機械・精密機器業界の企業を対象に、特許資産を質と量の両面から総合評価する「新興市場 特許資産規模ランキング2014【機械・精密機器】」をまとめました。2014年3月末までに公開された日本の特許庁に登録されているすべての特許について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を算出し、企業ご

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2013トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー

【精密機器業界】他社牽制力ランキング2013トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー 弊社はこのほど、独自に分類した精密機器業界の企業を対象に、2013年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「精密機器業界 他社牽制力ランキング2013」をまとめました(※)。この集計により、直近の技術開発において各社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2013年に最も引用された企業は、キヤノンの13

【精密機器】特許資産規模ランキング、トップ3はキヤノン、リコー、コニカミノルタ

【精密機器】特許資産規模ランキング2013、トップ3はキヤノン、リコー、コニカミノルタ 弊社はこのほど、独自に分類した「精密機器」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「精密機器業界 特許資産規模ランキング2013」をまとめました。2012年4月1日から2013年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。このランキングにより、件数比較では見られない、特許総合力の

【精密機器業界】2012年の被引用特許件数トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー

【精密機器業界】2012年の被引用特許件数トップ3はキヤノン、セイコーエプソン、リコー弊社はこのほど、独自に分類した精密機器業界の企業を対象に、2012年の特許審査過程で他社特許の拒絶理由通知に引用された件数を企業別に集計した「精密機器業界 被引用特許件数ランキング2012」をまとめました(注1)。この集計により、直近の技術開発において各社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。集計の結果、2012年に最も引用された企業は、キヤノンで14,003

精密機器業界の他社牽制力、トップ3はキヤノン、リコー、セイコーエプソン

精密機器業界の他社牽制力、トップ3はキヤノン、リコー、セイコーエプソン弊社はこのほど、 精密機器業界における他社牽制力ランキングをまとめました。これは、特許庁の審査官が拒絶査定を下した特許の拒絶理由通知に引用された公報について調査したもので、企業ごとに拒絶した他社特許の件数を集計しました。拒絶理由通知は、ある特許が出願された際に、既に出願されている特許が存在するために新規性や進歩性などの特許要件が認められない場合に、審査官から出願人に対して通知されるものです。拒絶理由通知に引用されるということは

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ